« ☆アサーティブ交渉術~レモネード・エピソード編~☆ | トップページ | ☆アサーティブ交渉術~クロージング編~☆ »

☆アサーティブ交渉術~“YES”を引き出す編~☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:他人の10倍仕事をこなす私の習慣(和田秀樹)】

 和田秀樹/他人の10倍仕事をこなす私の習慣 Php文庫 和田秀樹/他人の10倍仕事をこなす私の習慣 Php文庫
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「締め切り日を自ら決めて、そこまでにどれだけをやるということを

 人に約束し、その約束を守っていくことが重要だ。」

◆著者は、作家でもあり、精神科医でもあり、

 精神科コンサルタントでもあり、大学の非常勤講師でもある方です。

 確かに、著書の内容を見る限りでは、

 他人の10倍の仕事をこなしてそうな感じはします。

 (勝間さんほど効率を高めている気はしませんが……)

 ただ、

 実際に習慣としてされていることはそこまで大そうなことではなく、

  ◎仕事は「時間」ではなく「量」で換算する

  ◎わからないことはその道のプロに聞く

  ◎夜型から朝型に切り替える

  ◎得意領域を広げて、得意なモノで勝負する

 など、ごく一般的なものが多いです。

◆肝では書きませんでしたが、おそらく

 「当たり前のことを、当たり前でないくらいのレベルで真っ当にやる」

 ことが他人よりも多くの仕事をこなせる秘訣だと私は感じました。

 うまく自分自身の特性をつかんで、

 自分に合った仕事の進め方を見つけることですね。

 10倍とまではいかないまでも、

 同じ時間で人の2倍くらいの仕事ができるようになりたいものです♪

◆昨日は、「アサーティブ交渉術を身につける!」というテーマで、

 「相手のメリット」を理解しておくことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今回のテーマはこの本です☆

15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術 15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術

著者:大串 亜由美
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今日の題材は、

 前回に引き続き「“YES”を引き出すアサーティブ交渉術」です。

 さらに一歩進めます。

◆昨日の更新で、レモネード・エピソードを例に出し、

 お互いの主張を正しく理解する必要性をお伝えしました。

 今日は具体的に、アサーティブな交渉を使って、

 “YES”をもらえるようになりましょう。

 ・

 最終的な“YES”をもらうためにものすごく肝心なポイントは、

 【相手を反対モードにさせないこと】

 です。

 確実に“YES”をもらえる部分から入っていくのです。

◆例えば、

 「部長、人手を増やしてください!このままでは目標達成できません。」

 と訴えたところで、なかなか“YES”はもらえません。

 導入部分で“YES”をもらってみましょう。

 「部長、今期の目標は必達ですよね!」

 で、小さな“YES”をもらう。

 「現在、目標の9割は達成できていますので、

 私もあと一息がんばって達成しようと思います。」

 で、さらに“YES”をもらう。

 「そこで、私なりに考えてみたことがあります。」

 と入っていくと、全く印象が変わりますよね。

◆いきなり直球勝負をしても、

 なかなかうまくいきません。

 これは、あなたも経験されたことがあるのではないでしょうか。

 私は焦って直球勝負して撃沈することが多いです(苦笑)。

 ・

 そこをグッとこらえて、

 最初は相手と握手できる部分から入ることによって、

 相手からの“YES”がもらいやすくなるのです。

 心理学の世界でも、

 流れで“YES”を3回もらっておくと、

 次も“YES”がもらいやすくなるという法則を聞いたことがあります。

 【最初は小さな“YES”から入る】

 これが1つのポイントですね。

◆次に、相手の主張をしっかりと知るために、

 質問の方法を工夫してみましょう。

 具体的には、

  1.「クローズエンド」の質問

            ↓

  2.「二者択一」の質問

            ↓

  3.「オープンエンド」の質問

 という流れを作っていくと、

 相手が答えやすい環境が整います☆

◆例えば、

 ダイエット商品を訪問販売しているとしましょう。

 最初は、

 「これまでにダイエット関連の商品を購入されたことはありますか?」

 と過去の体験や事実を聞いてみます。

 “YES”の場合は、

 「そうですか。それは食品関係でしたか、それとも器具関係でしたか?」

 と二者択一で聞き直します。

 どちらが返ってきても、

 「どうして購入されようと思ったのですか?」

 「使ってみた感想はどうでしたか?」

 と発展させていけます。

 ・

 仮に最初の質問の答えが“NO”であっても、

 「そうですか。

 いざ自分がやるとなると、一歩踏み出すのには勇気が要りますよね。

 ちなみに、もしダイエットされるとすれば、食生活を見直す方がよいですか?

 それとも、運動などの生活習慣を見なおす方がよいですか?」

 と二者択一で流れを作り直せます。

◆この流れの良い部分は、

 オープンな質問を圧倒的に答えやすくしている点です!

 いきなりオープンな質問をされても、

 相手も的外れな答えはしたくないから、

 探り探りで答えていきます。

 でも、この流れであれば、相手も流れが見えていますので、

 思っていることを素直に答えることができます。

 相手の主張を引き出せば、交渉は圧倒的にしやすくなります☆

 ・

 明日は最後の「クロージング」をお伝えします。

◆今日は、「アサーティブ交渉術を身につける!」というテーマで、

 “YES”をもらう質問の流れについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私が実際に試してきた英会話スクール関連の無料体験を、

 客観的に比較レポートしています(ちょっとギャグ調ですが(苦笑))。

 どんどん更新していきますので、のぞいてみてくださいね。

 【無料体験ガイド】

 ⇒ http://free.main.jp/show/ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆アサーティブ交渉術~レモネード・エピソード編~☆ | トップページ | ☆アサーティブ交渉術~クロージング編~☆ »

仕事のヒント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/37670994

この記事へのトラックバック一覧です: ☆アサーティブ交渉術~“YES”を引き出す編~☆:

« ☆アサーティブ交渉術~レモネード・エピソード編~☆ | トップページ | ☆アサーティブ交渉術~クロージング編~☆ »