« ☆心からの「ありがとう」を伝えられていますか?☆ | トップページ | ☆オバマ大統領もビル・ゲイツ氏もイチロー選手もあなたも一緒☆ »

☆坂本龍馬は携帯電話を持っていなかった!☆

◆先日、niftyさんに原因不明なアカウント停止をされて以来、

 普通にブログ更新しているだけでは、

 業者さんの都合でパッと消えてなくなってしまうことに気づかされました。

 そこで、

 ここ数日で文書データをテキストメモに落とし、

 外出しでのバックアップ作業をしていました。

 おそらく、12時間以上かかったのではないかと(汗)。

 1,000件以上の更新データを、

 1件1件ジャンル分けをしながらの作業だったので、

 けっこうな時間を要してしまいました。

◆ただ、

 おかげさまでこの作業が完了したことにより、

 ブログを始めてからこれまでの文書蓄積はバックアップできました☆

 バックアップ作業をしながら振り返ってみると、

 実に稚拙な文章を書いていることに気づかされた反面、

 今の自分では書けないような文章を書いている時もありました。

 (つまり、身についていないということなんでしょうけど………)

 そうは言っても、書いたのは嘘偽りなく自分自身なわけで、

 この文章データは本当に宝物になります。

 アカウント停止の時に何が一番焦ったかと言えば、

 今までの文書データが見えなくなることでしたからね。

 貯めてきた宝物を一瞬で奪われてしまった感覚になりました。

◆日記を勧める方もいらっしゃいますし、

 ブログやメルマガを勧める方もいらっしゃいます。

 いずれにせよ、自分が一番しっくりくるやり方で、

 日々の思ったことや感じたことをアウトプットしていくことは、

 非常に価値と意味があります☆

 これからも継続していこうと固く誓いました(バックアップをとりながら(笑))♪

◆さて、昨日は「心からの感謝」というテーマで、

 大切な人に心からの感謝を伝えることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆今読み進めている本の中で、

 数々の珠玉の言葉が登場してきます。

 ものすごくシビれる言葉ばかりなので、

 その言葉をお伝えするとともに、

 私なりの補足をしていきたいと思います☆

 (昨日も、このパターンに近かったですかね。)

 素敵な言葉があまりにも多いので、

 取捨選択したうえですが、今日から少しの間、

 シリーズ化してお伝えしていきます!

◆著者の福島正伸さんという方は、

 存在を知ったのは昨年なのですが、

 図書館で目にする都度、借りて、読ませていただいています。

 福島さんのように自ら言葉を紡ぎ出していけるように、

 自分の脳を活性化していきたいと強く願っています。

 現在、読んでいる本はコレです↓

 【今日の1冊:「夢」が「現実」に変わる言葉(福島正伸)】

「夢」が「現実」に変わる言葉 「夢」が「現実」に変わる言葉

著者:福島 正伸
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

◆≪心に響く言葉その1≫

 「坂本龍馬は携帯電話を持っていなかった。」

 ・

 坂本龍馬は、

 携帯電話を持っていなかった。

 ファックスもパソコンもなかった。

 車も持っていなかった。

 電車もバスもなかった。

◆今年の大河ドラマで再び注目を浴びたのが、

 幕末の英雄、坂本龍馬です。

 大河ドラマを最初から終わりまで、

 初めて全て見ることができたのが『龍馬伝』でした☆

 非常に面白かったですし、興味深かったです。

 「もし」は世の中には存在しないのですが、

 坂本龍馬がいなかったら………とか、

 坂本龍馬が暗殺されていなかったら………とか、

 ついつい考えてしまうくらい影響力のある人物です。

 全く名前も聞いたことがないという人はいないのではないでしょうか。

◆坂本龍馬が実現したことの中で、

 日本の歴史に多大なる影響を及ぼしたことが2つあります。

 1つは「薩長同盟」の実現、

 もう1つは「大政奉還」です。

 (もちろん、それ以外にもたくさんの影響を与えていますが)

◆「薩長同盟」は、

 当時の一大勢力同士でありながら、

 犬猿の仲と言われていた薩摩藩と長州藩の同盟のことです。

 歴史の流れから言えば、完全にありえないと思われていました。

 今で言えば、

 熱烈な巨人ファンのトップと熱烈な阪神ファンのトップが、

 巨人―阪神戦後に仲良く酒を飲んでいるくらいのありえなさです(笑)。

 喧嘩になって然るべしの間柄を、

 坂本龍馬がとりもって、同盟を成立させたのです。

◆さらに、「大政奉還」にいたっては、

 完全に国を動かしています。

 四半世紀続いた徳川政権を終わらせたのです。

 今で言えば、

 管総理………いや、オバマ大統領に一市民が退陣を働きかけ、

 自ら辞職させたようなものです。

 本当にありえないですよね。

 ・

 当時で言っても、「人間が空を飛ぶ」という話の方が、

 まだ信じてもらえたのではないでしょうか。

 それくらいものすごいことを成し遂げたのです!

◆そんな途方もないことを実現した坂本龍馬ですが、

 携帯電話すら持っていなかったのです。

 (存在自体がないので当たり前ですが)

 通信手段は、今よりも数倍時間がかかる手紙があった程度でしょうか。

 移動手段も車や電車がないので、基本的には徒歩か船ですよね。

 そんな時代に、

 龍馬は薩長同盟と大政奉還を成し遂げたのです。

 本当に、どうやったのか想像もつきません。

◆ただ、

 どうやってするかよりも、

 【何のためにするか】

 ということの方に集中していたのは確かです。

 強固な意志さえあれば、方法はいくらでも考えられる。

 ・

 まして、これだけ便利になった現在では、

 北海道から沖縄でさえ1日あれば移動することができます。

 連絡なんて、携帯で電話をかければ、いつでもとることができます。

 著名人でさえ、インターネットを駆使すれば、

 江戸時代よりははるかにアプローチがしやすくなっているはずです。

◆これだけやろうと思えば何でもできる世の中で、

 私達が思うような成果を作りあげられていないのは何が足りないのでしょうか?

 そんなことを、考えさせられた言葉です☆

 ・

 あなたは何が足りないと思いますか?

 きっと、それが答えです♪

◆今日は、「心がシビれる珠玉の言葉」というテーマで、

 坂本龍馬に関する言葉をお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私が実際に試してきた英会話スクール関連の無料体験を、

 客観的に比較レポートしています(ちょっとギャグ調ですが(苦笑))。

 どんどん更新していきますので、のぞいてみてくださいね。

 【無料体験ガイド】

 ⇒ http://free.main.jp/show/ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆心からの「ありがとう」を伝えられていますか?☆ | トップページ | ☆オバマ大統領もビル・ゲイツ氏もイチロー選手もあなたも一緒☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/38122434

この記事へのトラックバック一覧です: ☆坂本龍馬は携帯電話を持っていなかった!☆:

« ☆心からの「ありがとう」を伝えられていますか?☆ | トップページ | ☆オバマ大統領もビル・ゲイツ氏もイチロー選手もあなたも一緒☆ »