« ☆家族と「他人」になる☆ | トップページ | ☆“イライラの引き金”にストッパーを!☆ »

☆『孝行のしたい時分に親はなし』☆

◆ユニクロ等を営業するファーストリテイリングの柳井正社長が、

 東日本大地震の被災者のために、個人名義で10億円の

 義援金を送るということを聞きました。

 ⇒ http://mainichi.jp/select/biz/news/20110315k0000m020033000c.html

 また、従業員から募った義援金も4億円に達し、

 グループとしては14億円の寄付となるとのこと。

 それ以外にも、

 機能性下着「ヒートテック」30万点タオル、ジーンズ等、

 合計7億円相当の商品も合わせて寄付する。

 このニュースを聞いてどう感じますか?

◆私は、

 ‘これこそ、「生き金」たる使い道’

 と感じました。

 お金はあの世には持っていけません。

 使う以外に、役立てる術はないのです。

 それを私利私欲のために使ってしまうのが「死に金」、

 何らかの形で人への貢献に使うのが「生き金」です。

◆このような形で一致団結して、まとまった「生き金」を使える

 ファーストリテイリングは、今後もますます発展していくことでしょう!

 東北地方には何のゆかりもないといことですが、

 柳井社長の心意気に胸を打たれました☆

◆さて、昨日は「近しい人間関係の極意」というテーマで、

 家族と「他人」になることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、感謝できるシチュエーションをあえて作り出すために、

 家族と「他人」になる仮想方法についてお伝えしました。

 今日はもう1つの方法についてお伝えしますね。

◆目的は近しい間柄の人(家族)に感謝することです。

 でも、近過ぎてなかなか感謝できないので、

 考え方を色々工夫してみるわけです。

 もう1つの方法としては、

 ・

 【ただ、そこにいることを見つめ直す】

 ・

 ことです。

 これは仮想「家族」よりも想いは込めやすいです☆

◆例えば、

 『孝行のしたい時分に親はなし』

 ということわざがあります。

 (『親孝行したい時に親はなし』が正式ではないようです。)

 これは、

 「親のありがたみがわかる年ごろになったとき、親はもういないものだ。」

 という意味のことわざです。

◆普段は憎まれ口をたたいている親子の関係であっても、

 親っているだけでありがたいものなんです。

 親がいなければ、あなたは産まれていませんでした。

 悲しいこともあるでしょうが、

 あなたが生きている喜びを感じることができるのも、

 全てあなたの親が産んでくれたおかげなのです。

◆ただ、あまりにも近くにい過ぎるあまり、

 なかなかそんな風に思えないだけなのです。

 どんな親だとしても、

 いるだけで感謝すべき存在なわけです。

 私は幼い頃に母親が亡くなりましたので、

 どんなに感謝をしても直接その想いを伝えることもできないですし、

 その反応を見ることもできません。

 そういう意味では、非常に悲しいです。

 たった一言でも、

 「産んでくれてありがとう。」

 と直接伝えたかったと、今でもずっと思っています。

 もし、あなたに今、親が生きていてくれるのであれば、

 それだけで感謝すべき状況なのです☆

◆また、子供も然りです。

 おそらく、あなたに子供がいらっしゃれば、

 その子供を想像しながら読み進めてください。

 子供がいらっしゃらない場合は、

 将来誕生してくるであろう子供とのやりとりを、

 想像しながら読み進めてください。

◆子供が生まれてくる時に、

 あなたはどんなことを願っていたでしょうか?

 おそらく、ほとんどの方は、

 ‘とにかく元気に生まれてきてくれたら、それでいい!’

 と願っていたのではないでしょうか。

 母体の無事を第一に、子供の性格や外見なんて、

 二の次・三の次だったはずなのです。

◆しかし、子供が成長してくるにつれて、

 本来は成長を喜ぶべきにもかかわらず、逆に

 「なんで、こんなこともできないの!!」

 「言うこと聞かない子は、知らないよ!!」

 と、いら立つことが増えます。

 他の子供と比べて、

 子供に対し様々な要求をします。

 まるで、その要求を満たさないと、

 可愛がらないかのように。

 完全に生まれた時の気持ちは忘れてしまっています☆

 これでは感謝は難しいと言わざるをえません。

◆子供はいてくれるだけで、天使です。

 ただそこに元気にいてくれるだけで、

 はじめのあなたの望みは十分満たされているはずなのです!

◆親にしろ、子供にしろ、

 【ただ、そこにいることを見つめ直す】

 だけで、自然と感謝できる状況に変化するのです。

 これも1つの方法と私は考えています。

 ・

 感謝ができれば、不平・不満が消えます。

 その上で、怒りの引き金を引かないようにするためのポイントについて、

 明日以降お伝えしていきます♪

◆今日は、「近しい人間関係の極意」というテーマで、

 ただそこにいることを見つめ直すことについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆家族と「他人」になる☆ | トップページ | ☆“イライラの引き金”にストッパーを!☆ »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/39244567

この記事へのトラックバック一覧です: ☆『孝行のしたい時分に親はなし』☆:

« ☆家族と「他人」になる☆ | トップページ | ☆“イライラの引き金”にストッパーを!☆ »