« ☆“イライラの引き金”にストッパーを!☆ | トップページ | ☆美人なのに結婚できない女性の意外な「共通点」☆ »

☆自分のことを棚に上げるべからず☆

◆昨日は、トラブル事案の照会のため、

 顧問弁護士の先生のところへお邪魔しました。

 いつ行っても、弁護士の先生って独特の雰囲気があります。

 照会事案については、

 わかりやすい回答をいただけたので助かりました☆

◆照会後、先生がかつて北陸で起きた原発の訴訟に関わっていたということから、

 今回の福島での原発問題について、色々やりとりをしました。

 先生の見解では、

 今回に限っては政府と東電が判断を誤った公算が強いとのことでした。

 というのも、当初の段階では海水を問題なく注入できたはずらしいのです。

 にもかかわらず、

 莫大な経費をかけて作り上げた発電所自体をダメにするのは……

 という思いで躊躇していたところ、このような取り返しのつかない事態にまで

 発展してしまったというのが、先生の見解(あくまでも個人的意見)でした。

◆東電の方々も、寝る暇も惜しんでがんばっていらっしゃるんだと思います。

 実際に福島付近に残られて、命を賭して作業されている方には、

 本当に死ぬほど頭が下がります。

 だからこそ、上層部については可及的速やかに、

 住民のことを第一に考えた対応をしていただきたかったですね。

 反面教師として、見習うべきことは多い今回の対応でした。

 

◆さて、昨日は「近しい人間関係の極意」というテーマで、

 「Youメッセージ」を「Iメッセージ」に変えることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、怒りの爆発にストッパーをかける方法として、

 言葉の主体を変える方法についてお伝えしました。

 今日はもう1つの方法についてお伝えします。

 自分がスッキリくる方法や納得がいく方法を

 ぜひ実践していただけると嬉しいです♪

◆2つ目の方法は、不平・不満を相手にぶつけることとなる言葉自体を

 止めてしまう方法です。

 まさにストッパーですね。

 頭ではよぎった言葉を止めるので、

 意識をしていないと止められません。

 ですが、

 もしこれができるようになれば、

 よほどのことがなければ、あなたが人に怒りをぶつけることは

 ほとんどなくなるはずです!

 それくらい強力な強制力を有している方法です☆

◆その方法というのは、

 ・

 【自分のことを棚上げしないようにする】

 ・

 ことです。

 「棚に上げる」という慣用句は、

  1.なすべきことに手をつけないで先延ばしすること

  2.都合の悪いことはさて置くこと

 という意味で使われます。

 自分のことを上げるのですから、

 ここでの意味は2.を指します。

◆要はこういうことです。

 あなたが不平・不満をぶつけるに至った経過の中で、

 あなた自身の責任がある部分が全くなかったのか、

 一度冷静に振り返ってみることです。

 それを振り返りもせず、全く何もないかのように振る舞ってしまうと、

 自分のことを棚上げしているように見えてしまうことがあります☆

◆例えば、奥さんから

 「あなたはいつも仕事ばかりで家のことはほとんどしてくれない!」

 と言われて、言い返したくなったとしましょう。

 会社では上司と部下のバランスを保ちながら、

 できるだけ迅速に仕事が進められるように残業し、

 休日は体を休める思いでゆっくりしていたところ、

 このように言われて腹が立たないわけがありません。

 気持ちはよくわかります(笑)。

◆でも、同じような環境に身を置きながらも、

 多少なりとも家事を手伝って、

 家庭不和が起きないように努めている人もいるはずです。

 そう考えると、

 全く手伝っていなかった自分にも問題はあるかなぁと感じるわけです。

 このワンクッションが、怒りを鎮めます。

 「わかった。これからはできることは手伝うから、言って欲しい。」

 と返したとすれば、奥さんはさらに怒りを増すでしょうか?

 さすがにそんなことはありませんよね。

 むしろ、ビックリして、「私も言い過ぎた……。」くらいになるのではないでしょうか。

 これがストッパー効果です☆

◆反対に奥さんの立場から見れば、

 平日は帰宅が遅く、休日はごろごろばかりの旦那さんに

 腹立たしい気持ちになるのはわかります。

 でも、それでもうまく家庭円満で過ごしている家庭もあるのです。

 とすれば、

 例えばたまにはマッサージをしてあげるとか、

 共通の趣味を持つとか、

 旦那さんのストレスと疲れを解放し、

 家事を手伝ってもいいかなと思わせる工夫も

 すべきなんじゃないかと思えたら勝ちですね。

 かなり人間的に成長しているはずです。

◆とかく人間というのは、

 自分のやったこと、してあげたことは華美・華麗に感じるのに対し、

 人にやってもらったこと、手伝ってもらったことは印象が薄く感じます。

 逆にやってもらえないことの方が際立って感じる傾向があります。

 ですから、

 どんな時であっても、不平・不満をぶつける前に、

 自分がやるべきこと、なすべきことは本当に全てやったのか、

 何か自分自身も現状を引き起こす一端を担ってしまったのではないか、

 ということに想いを馳せることによって、

 怒りを鎮静化することができるのです☆

◆自分の棚上げをしないようにするのは、

 意識していないとなかなかできないことではありますが、

 ほとんどの場合は万全を期すことをしていないので、

 この意識があれば、良いストッパーになります。

 ぜひ、お試しくください♪

◆「近しい人間関係の極意」ということで、

 不平・不満を貯めないようにするために、

 「他人になる」「ただそこにいることを見直す」ことをし、

 爆発の引き金を引かないために、

 「言葉の主体を変える」「自分の棚上げをしない」

 という2つのステップで人間関係を円滑にする極意をお伝えしました。

 近い間柄での人間関係を充実化させることができれば、

 後はその範囲を拡大することで、円滑な人間関係を構築することができます。

 まずは、一番身近な方に対して、実践してみてください!

 少しでも参考にしていただければ幸いです♪

◆今日は、「近しい人間関係の極意」というテーマで、

 自分を棚上げしないことについてお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆“イライラの引き金”にストッパーを!☆ | トップページ | ☆美人なのに結婚できない女性の意外な「共通点」☆ »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/39271201

この記事へのトラックバック一覧です: ☆自分のことを棚に上げるべからず☆:

« ☆“イライラの引き金”にストッパーを!☆ | トップページ | ☆美人なのに結婚できない女性の意外な「共通点」☆ »