« ☆近しい人間関係の「極意」☆ | トップページ | ☆『孝行のしたい時分に親はなし』☆ »

☆家族と「他人」になる☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:冒険の作法(小阪裕司)】

 ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479790969/nifty0b5-nif1-22/ref=nosim

 ・

 〔著書の肝〕

 「冒険に出るためには、

  ただ目の前にあることに全力で取り組むことだ。」

◆著者の他の1冊を読んで、非常に面白かったので、

 さらに別のタイトルを借りてみたという経緯です。

 タイトルにも妙に惹かれましたし。

 ただ………これは、私には全然ピンときませんでした。

 書かれてある内容はよくわかるのですが、

 著者が伝えたいことを、喩えを交えて薄くうす~く伸ばした感じ☆

 しかも、その喩えが

 『スター・ウォーズ』『指輪物語』『冒険者たち』

 の3つで約9割を占めてしまう(汗)。

 著者が好きなのはわかりますが、もう少しバリエーションを増やしてほしかった。

◆言わんとしていることは、

 「誰でも日常的に冒険への誘いは発生しているので、

 目の前のことにただ全力で取り組んでいくことが大切」

 ということだけなんだと思います。

 それにしては、ダラダラ書いてある(←失礼?)印象を受けざるをえません。

 ちょっとこれはいただけない1冊でした………。

◆さて、昨日は「近しい人間関係の極意」というテーマで、

 近しい間柄だからこそトラブルが起きやすいことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆近しい人間関係(特に家族)の中で、

 極力トラブルが起こらないようにするためには、

 ・

  1.不平・不満をためないようにする

  ・

  2.爆発する引き金を引かないようにする

 ・

 この2点を押さえるだけで十分ということをお伝えしました。

 でも、

 ‘何言ってるんだ。それが難しいんじゃないか!!’

 と思われる方が多いと思うので、その部分を実践できるような形に、

 補足していきたいと考えています。

◆まず、今日は1つ目のポイントである

 【不平・不満をためないようにする】

 という点について見てみることにします。

 あなたにも、家族に対する不平・不満ってありますか?

 多かれ、少なかれ、

 不平・不満の種を持っているのではないかと思います。

 これをなくすことって難しく感じますよね。

 すごくよくわかります。

 でも、

 じつはこの不平・不満をなくすのって簡単なんです。

◆どうすればよいか?

 答えは、

 ・

 【感謝をすればよい】

 ・

 のです☆

 ‘ありがたい’‘嬉しい’

 と感じている相手に対して、同時に不平・不満を抱くのは不可能です。

 だから、

 相手に感謝できるようになれば、不平・不満は消えます。

 シンプルですよね?

◆「いやいや、そうは言ってもさ、

  家族に対してはなかなか感謝しづらいんだよ……。」

 という声が聞こえてきそうですね(笑)。

 気持ちはよくわかります。

 では、具体的にどうすれば感謝できるのか、

 シンプルな実践例をご提案させていただきます。

◆例えば、こんなやり方はいかがでしょうか。

 ・

 【家族と「他人」になってみる】

 ・

 実際に離婚や勘当をしろと言っているわけではありませんから(笑)。

 くれぐれも勘違いしないでくださいね(←しないか)。

 要は、

 “家族が他人だったら……”

 と仮想してみるのです。

 仮想するだけなら、いつでもすぐに実践できますよね。

◆朝、家族から起こしてもらったとします。

 普通だったら、

 「うるせ―なー。もう少し寝かせておけよ。」

 と言ってしまうかもしれません。

 でも、もし遅刻しないように他人に起こしてもらったとしたらどうでしょうか?

 さっきのようなことが言えるでしょうか?

 無理ですよね。

 おそらく、

 ‘あっ、遅刻しないですんだ。ありがたい。’

 となることでしょう。

◆「朝ごはん、食べていきなさい!」

 と言われて、ムカっとくることがあるかもしれません。

 でも、これが他人に朝ごはんを準備してもらえたのだとしたら、

 はたしてどうでしょうか?

 食べられなかったとしても、わざわざ準備してくれたことに

 感謝をするのではないでしょうか。

 普段は食べなくても、牛乳くらいは飲むかもしれませんよね。

◆毎週、毎週、飲んで帰ってくる旦那さんに対して、

 ‘いつもいつも飲んでばっかりで、あんたはいいわね(怒)!!’

 と思う気持ちもわからないでもありません。

 ただ、

 これが赤の他人がお金を持って帰ってきてくれるとしたらどうでしょうか?

 多少はお酒を飲んでいたとしても、

 生活費がもらえるのであれば、大目に見るのではないでしょうか?

 毎日、毎日だと厳しいかもしれませんが(苦笑)。

◆“家族が他人だったら……”

 という仮想は、かなり感謝できるシチュエーションを生みます。

 少々腹立たしいことがあっても、

 ‘いやぁ、もし他人だったら’

 と考えると、私は冷静になれます☆

 実体験を通じて、断言することができます。

◆今日からでもぜひ、試してみてください!

 きっと今まで起こっていた状況が、

 感謝できる状況にすり替わるはずですから。

 ご飯作ってもらえる、

 洗濯してもらえる、

 掃除してもらえる、

 給料を家計に入れてくれる、

 子どもと遊んでくれる、

 話を聞いてくれる………

 普段の何気ないことが、他人だと思えばものすごく感謝の対象になります☆

 あくまで仮想の世界なので、

 本当に「他人」になってしまっては意味がありませんが、

 1つの方法としてお薦めします。

 ・

 明日はもう1つの方法をお伝えします♪

◆今日は、「近しい人間関係の極意」というテーマで、

 家族と「他人」になることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆近しい人間関係の「極意」☆ | トップページ | ☆『孝行のしたい時分に親はなし』☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/39232688

この記事へのトラックバック一覧です: ☆家族と「他人」になる☆:

« ☆近しい人間関係の「極意」☆ | トップページ | ☆『孝行のしたい時分に親はなし』☆ »