« ☆「売れる」芸人と「売れない」芸人は、網の目の差☆ | トップページ | ☆人間の「燃焼系3タイプ分類」☆ »

☆「ウサギとカメ」、「アリとキリギリス」☆

◆今日、月曜日に海外に飛び立つ同期がいるため、

 土曜日はしこたま飲んでしまいました。

 居酒屋 ⇒ 居酒屋 ⇒ カラオケ

 って、若手か!?っていう王道の流れ(笑)。

 カラオケでも、ブルーハーツ、サザン、モンゴル800などを絶叫。

 完全に声がつぶれました……。

◆まさか自分の同期が海外に行くというのは想像していなく、

 今でもちょと信じられない気がします。

 彼は英語が堪能なわけでもないし、

 そこまで海外勤務を希望していたとも思えないし。

 ただ、友人が海外で数年過ごすという機会もなかなかないので、

 いつか他の同期と共に、遊びに行きたいなと思っています。

 本場の自由の女神に会いたいぞっ♪

◆さて、一昨日は「愚直さの見直し」というテーマで、

 お笑いの世界でも努力が肝心であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今回は「愚直さ」をテーマにしていますが、

 私たちが子供の頃に親しんでいた昔話でも、

 この「愚直さ」の良い点が伝えられています。

 おそらく、「愚直」とまでは言わないまでも、

 真面目に働くことは素晴らしいことであるという美徳を、

 子供に刷りこみたいという意図があるのでしょう。

 大人になってからは、そうは単純に入ってこない部分もありますが、

 それでも、少なからず何か感じる部分があります。

 「愚直さの見直し」とうことで、

 これらの昔話に触れてみることにします☆

◆伝えたい昔話としては、2つあります。

 1つが『ウサギとカメ』で、もう1つが『アリとキリギリス』です。

 では、前者からお伝えします。

◆『ウサギとカメ』のストーリー自体は、

 今さら詳細をお伝えするつもりはありません。

 ウサギとカメが山の頂上を目指して競争しますが、

 カメのことを軽視していたウサギは、

 あまりの余裕に途中で昼寝をしてしまった結果、

 カメがウサギよりも早くゴールし、競争に勝つという物語です。

 「愚直」なのは、当然カメです。

◆カメが勝った理由は何かと言えば、

 ・

 【歩き続けたこと】

 ・

 ですよね。

 カメがもし、ウサギと同じように途中で歩みを止めて休んでしまっていたら、

 カメはウサギに勝つことはできなかったでしょう。

 カメは自分が“のろい”という欠点を、

 休まずに歩き続けたことで補ったのです。

◆この昔話について、最近よく聞くことがあります。

 それは、カメはウサギと勝負していたのではないということです。

 どういうことかわかりますか?

 ウサギはカメを対象(相手)として見ていたため、

 カメがあまりにも遅いのを見て、昼寝をしました。

 仮にカメがウサギを対象としていたとしたら、

 もしかしたらウサギに追いついた時点で休んでしまったかもしれません。

 ・

 でも、そこでカメは休みませんでした。

 なぜなら、

 カメがずっと見ていたのはウサギではなく、

 山の頂上だったからです☆

 カメは自分のゴールをハッキリと見据えて、

 「愚直」に歩き続けたからこそ、結果としてウサギに勝つことができたのです。

◆次に『アリとキリギリス』です。

 この話は、暖かい季節にアリがせっせと働く一方で、

 そんな働き方を横目に見て、キリギリスは遊んでばかりいました。

 むしろ、こんな楽しい時に働いているのは、

 バカなんじゃないかくらいの勢いです。

 ところが、寒い冬がやってきた時に、

 キリギリスは何も食料の蓄えがなく、飢え死に寸前です。

 そこをアリが助けてあげて、キリギリスはアリに感謝するという話です。

 「愚直」なのはアリです。

◆キリギリスは、

 ‘今が楽しければそれでイイ!’

 ‘今を楽しまなければ損だ’

 くらいの考えで遊んでいたのでしょう。

 勝手な偏見かもしれませんが、

 渋谷で大はしゃぎする若者とかぶります。

 昔の自分も限りなくキリギリスに近かったのだと思いますが(苦笑)。

◆片やアリも、

 暖かい間中、ず~っと働きづめだったわけではないと私は思います。

 働けるうちに働いて、それ以外の時間でそれなりに楽しんでいたんだと。

 ただ、

 キリギリスとの決定的な違いは、

 ・

 【やるべきことをやっているか否か】

 ・

 です。

 何に対してのやるべきことかと言えば、

 冬を越すためですね。

 そのために、食料を備蓄していったわけです。

 冬を越すために必要な準備を真面目にこなしたうえで、

 冬を迎えたのです。

◆アリにとっては、

 キリギリスが真面目に働こうと遊んでしまおうと、

 全く関係なかったんだと思います。

 なぜなら、

 アリの頭の中には冬を越すことがあるのであって、

 キリギリスと同じ生活をすることではなかったからです。

 だから、周りにどう思われようが、

 周りがどんな生活をしようが、我関せずだったんですよね!

 「愚直」です。

◆この2つの話からもわかるように、

 「愚直」であることには、一定のメリットがあります。

 それは、

 ・

 【自分の目標に対して真っ直ぐでいられること】

 ・

 です。

 「愚直」である限り、周囲の目や雑音を気にせずに過ごすことができるのです。

 そして、自分が見すえた目標に、

 一歩一歩確実に近づくことができるのです。

 たとえそれが地道な道であったとしても。

◆私たちは、やもすると楽で短い道に走りそうになります。

 でも、それが本当に自分の目標につながっているのか、

 自分が進みたい道なのか、

 一度確認する必要があるかもしれません。

 そんなことを思いながら、

 この「愚直」という言葉を眺めると、

 少し今まで持っていたイメージが変わるかもしれませんよ☆

◆今日は、「愚直さの見直し」というテーマで、

 「愚直」でいると自分の目標に真っ直ぐになれることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆「売れる」芸人と「売れない」芸人は、網の目の差☆ | トップページ | ☆人間の「燃焼系3タイプ分類」☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!

お元気ですか?

いきなりで申し訳ないですが、相談にのってほしいです。

回りの人間は全部当たりました。

投稿: レナ | 2011年3月28日 (月) 15時14分

>レナさん

 久しぶりですね。

 こちらは元気ですよ!

 私でよければ相談に乗りますよ。
 力になれるかは保証できませんが……。

 コメント欄のやりとりでは厳しいと思うので、
 tirare1979@yahoo.co.jp 宛にメールください。

投稿: いさお | 2011年3月29日 (火) 05時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/39393445

この記事へのトラックバック一覧です: ☆「ウサギとカメ」、「アリとキリギリス」☆:

« ☆「売れる」芸人と「売れない」芸人は、網の目の差☆ | トップページ | ☆人間の「燃焼系3タイプ分類」☆ »