« 2011年4月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年5月

☆【お知らせ】試験まで小休止します&タメ口万歳!☆

◆今日が小休止前の最後の更新ということで、

 社労士試験(8月28日)に向けての意気込みを書いておきます。

 (ここで宣言しておかないと、心が折れそうになってしまうので(笑))。

 試験まで残り約100日。

 一番仕える時間は、朝の1時間半~2時間。

 昼食時の30分と夜帰宅してからの1時間は、

 日によって確保できる時とできない時がありそうです。

◆ザックリ見積もって、勉強できる時間は200時間程度。

 1科目で割ると20時間(汗)。

 すげ~不安です。

 ただ、試験を受けるからには、

 全く太刀打ちできなかったという状態は悔いが残るので、

 一定程度納得の状態まで引き上げていきたいです。

◆マジで真剣に勉強してみます☆

 その結果、沈んだ書き出しとなるか、スッキリした書き出しとなるか、

 また3ヶ月半後をお楽しみに♪

◆さて、昨日は「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 やや強引に距離を縮めることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆子供が初対面でのすぐに仲良くなれることの原因から、

 「時間をかけず親しくなるコツ」についてお伝えしてきましたが、

 今日はその締めくくりとなります。

 最後の5つ目の原因ですね。

 ≪すぐに仲良くなれる原因・5≫

 【上下関係がない】

 ・

 「敬語の存在をそもそも知らないんじゃないか?」

 っていう疑問は別として(おそらく、ほとんどの子供は知らないでしょう)、

 子供はどんなに年齢差があっても、タメ口で接します☆

 (この際の子供は小学生までを指します。)

 実は、それが大きく影響しているのではないかと思うのです。

◆タメ口で話すということは、

 お互いの関係性の中で上下関係はなく、

 対等な関係を維持できているということを意味しています。

 相手に臆することなく、

 自分のやりたいことができ、

 言いたいことが言えているので、そりゃ~楽しいですよね!

 子供は損得感情ではなく、

 楽しいか、楽しくないかで、仲良くなれるか否かが決まりますので、

 少なくとも自分のやりたいことや言いたいことを主張できる関係が必要なのです。

◆ひるがえって、私達大人はどうかと言えば、

 タメ口で話せる関係性の友人の方が、

 そうでない友人よりも仲良くなれることは、理屈ではわかっています。

 ただ、

 初対面からタメ口で接してしまったら、

 相手に不快感を与えてしまうばかりか、

 常識がないと判断されてしまうのは普通です。

 それはやり過ぎです。

◆初対面であろうが、付き合いが長くなってこようが、

 ある程度の関係性では、当然ながら「敬語」が必要です。

 しかしながら、

 付き合いが長くなってきたらタメ口になるだろうなぁという関係性の場合は、

 敬語の時間が短ければ、短いほど良いです☆

 それだけ、仲良くなれますから。

 ですから、

 私の場合は、自ら口火を切ります。

 「あの~、もし嫌でなければ、敬語やめませんか!?」

 って言いだしてしまいます。

 あえて、自ら言います。

 なぜなら、タメ口の方が仲良くなれることがわかっているからです。

◆同世代の場合はもちろんですが、

 少し上の世代や、下の世代にも同じように打診します。

 相手が面食らう時もありますが(笑)、

 多くの場合はうまくいき、その後圧倒的に仲良くなるのは早いです。

 昨年、東北に視察に行ったグループでは、

 初対面の翌日に、敬語禁止にし、あだ名もつけました。

 (年齢は、私より2歳上が2人、3歳上が2人で、私が最年少。)

 その結果、初対面からそんなに期間が経っていなくても、

 ものすごく仲良くなって、視察も大成功に終わりました!

◆今回、何をお伝えしたかったかと言えば、

 できるだけ

 【フラットな人間関係を構築する方が、早く仲良くなれる】

 ということが言いたかったのです。

 これが第5の秘訣です☆

 ぜひ、初対面の時にお試しあれ。

◆今日まで、子供の関係性に注目しながら、

 5つの秘訣をお伝えしました。

 まぁ、なにはともあれ実践してみてください。

 その中で、あなた仕様に微修正をかけていただければ幸いです。

 『習うより慣れろ』ですよ♪

◆今日は、「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 今その場を楽しむことについてお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 次回は、8月29日の更新を予定しています。

 少しの間ご無沙汰しますが、

 絶対に再開はしますので、見捨てないでくださいね(笑)。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第21位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆悪気なくパーソナル・スペースに踏み込んじゃう(笑)☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:「ひとり会議」の教科書(山崎拓己)】

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

著者:山崎拓巳
販売元:サンクチュアリ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 〔著書の肝〕

 「ひとり会議は

 「積極的にテーマを持ち、自分に質問を投げかける」

 という場を作ることを基本とします。」

◆著書は、以前にお薦めいただいていたものであり、

 図書館で予約をしていました(だいぶ時間がかかりましたが)。

 せっかく予約までして手に入れたものなので、

 勉強の合間にサラッと読み終えました。

 内容としては、

 「インナーカンバセーション(内的会話)の体系化 +

 魔法の質問のような未来を明るくするための質問」

 で構成されている印象を受けました。

◆そこで、まずは実践してみないと話にならないなと思い、

 〔社労士試験に合格するために〕

 というテーマでひとり会議を開催してみました。

 その結果………

 一つの決断をしました。

 それは、【ブログの小休止】です。

 というのも、あまりにも試験日までに時間がなく、

 定期的な時間が確保できていないというのが最大の理由だとわかりました。

 そこで、確実に時間を確保するためということで、

 苦渋の決断をしました☆

◆期間は8月末(8月28日が本試験)までです。

 決して、ブログを辞めるわけではないので誤解なく(苦笑)。

 ただでさえ残り時間が限られているので、

 本気で取り組んでみたいのです。

 早速、「ひとり会議」の成果が出ました(笑)。

 明日が、ひとまず休止前の最後の更新とします♪

◆さて、昨日は「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 今その場を楽しむことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、子供同士が初対面でも

 すぐに仲良くなれるための4つ目の原因をお伝えします。

 ≪すぐに仲良くなれる原因・4≫

 【距離感が近い】

 ・

 子供同士が初対面で会った際に、

 思いのほか早く距離が近づくことに驚かされます。

 概ねですが、実際の距離と心の距離は比例しています。

 遊んでいる間の距離が近いと、

 心理的にも警戒心が薄れていることになります。

◆社会心理学には、

 「パーソナル・スペース」

 という用語があります。

 もちろん、子供たちがこれを意識しているわけはありません。

 ですが、

 子供ながらにも多少の心理要素は影響しているはずです。

◆パーソナル・スペースには、

 4つの距離帯が設定されています。

  1.密接距離〔0cm~45cm〕

  ⇒ 身体に容易に触れることができる距離。

  ・

  2.固体距離〔45cm~120cm〕

  ⇒ 二人が共に手を伸ばせば相手に届く距離。

  ・

  3.社会距離〔120cm~350cm〕

  ⇒ 身体に触れることはできない距離。

  ・

  4.公衆距離〔350cm~〕

  ⇒ 公式な場での対面にとられる距離。

◆通常、初対面の大人同士の間柄では、

 「社会距離」程度の距離がとられることが多いです。

 なぜなら、

 あまり親しくない相手に、パーソナル・スペースに踏み込まれると、

 人は不快感情を抱くからです。

 例えば、

 エレベーターに乗り合わせた時や電車に乗った時に、

 45cm半径に入られると、微妙に気まずいですよね(苦笑)。

 あれは、このパーソナル・スペースが影響しているのです。

◆子供は、あっという間にこの45cm以内の密接距離に踏み込みます。

 全く悪気はありません。

 一気に踏み込んでしまうので、気にしてないんでしょうね。

 なかなか大人ではできない芸当です☆

 ・

 ただ、

 この【距離感を縮める】というのは、

 打ち解けるのにすごく効果的な方法です。

 そのため、社会距離よりは固体距離、

 固体距離よりや密接距離に踏み込んでいくことを、

 仲良くなるための戦略として狙っていくのです!

◆出会った時のシチュエーションにもよりますが、

 テーブルの上で何かをとるタイミング、

 名刺交換をするタイミング、

 プレゼンで相手に質問をするタイミング、

 など、偶然や無意識を装って一瞬手や体を近づきます。

 そのように、

 実際の距離感を縮めることで、相手との心理的距離も、

 自然に近づけることが可能になるのです。

 子供ほどではありませんが(笑)、

 無邪気に相手の懐に飛び込んでしまうのも一つの手でしょうね。

 これが第4の秘訣です。

 ・

 明日は第5の秘訣をお伝えします♪

◆今日は、「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 やや強引に距離を縮めることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第21位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆大人の“打算性”は伝わっちゃう……☆

◆今日は冒頭が暗くてスイマセン。

 一昨日、タレントの上原美優さんが自殺という

 センセーショナルなニュースがありましたが、

 昨日も知り合いのご家族が自殺したということを聞きました。

 驚くとともにやるせない想いでいっぱいです。

◆もちろん、当人にしかわからない悩みや問題、

 精神力の差や一瞬の勢いのようなものがあるのだとは思います。

 ただ、それでもあえて言わせていただきたいのは、

 「なぜ、自ら死を選んでしまうのか!?」

 ってことです。

 死んだ方が楽になるって言われたりもしますが、

 楽になるのではなく、何も感じなくなるだけです。

 それって楽になってるの?

 辛いことがあるからこそ、楽しいことや嬉しいことがあるのです。

 何も感じなくなってしまったら、元も子もありません。

◆自殺は残された側にとって、とても厳しい現実があります。

 せっかくこの世に受けた生を自ら断つようなことだけはないように、

 切に願ってやみません。

 お亡くなりになられた方には、慎んでお悔やみ申し上げます。

◆さて、昨日は「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 先入観にあらがってみることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、子供同士が初対面でも仲良くなることができる原因の

 3つ目をお伝えしていきます。

 ≪すぐに仲良くなれる原因・3≫

 【目的が今この場で終結している】

 ・

 子供同士が初対面で会った際に、

 子供が考える「目的」はただ1つです☆

 ‘一緒に楽しく遊びたい!!’

 ということです。

 それ以上でもそれ以下でもありません。

◆子供にとっては初対面であっても、

 遊ぶという目的を既に共有しています。

 同じ目的を共有しているからこそ、話が早いのです(笑)。

 遊んだ後にこうしたいとか、

 遊ぶ以外にもこんなことがしたいということはありません。

 ただ純粋に、

 その場で楽しく遊べばそれで良いのです☆

 だから、余計なことを考えなくてすむので、

 遊ぶことに集中できます。

◆大人同士が初対面で会うと、

 ‘この人と仲良くすると、どんなメリットがあるかなぁ’

 とか

 ‘この人とうまく付き合えば、他の人を紹介してもらえるかも’

 とか

 ‘この人とからは、仕事をもらえそうだなぁ’

 などと、打算的な考えがついついよぎることが多いです。

 で、

 なぜかこのような“打算性”は伝わることが多いのです。

 人間の第六感のようなもので、実に不思議です。

 あなたも感じたことはありませんか?

 私は営業の方であっても、

 このようなオーラがヒシヒシと伝わってくると、

 一歩引いてしまいます(苦笑)。

◆どちらかがこのような打算的な考え方を持っていると、

 持っていない方はしらけてしまいます。

 その結果、

 お互いに目的を共有することができず、

 初対面で打ち解けることができないのです。

 ・

 打算的な考えがよぎるのは仕方がない面もありますが、

 それでもなお

 【今この場、この人と会えている奇跡を楽しもう!】

 という想いで、その状況事態を楽しむことに集中しましょう。

 その結果、お互いに楽しむことができれば、

 その先へは自然と続いていくものです。

 打算的な想いは(極力)持たず、

 今その瞬間にフォーカスを当てて過ごしてみることが第3の秘訣でした☆

 ・

 明日は第4の秘訣です♪

◆今日は、「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 今その場を楽しむことについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第21位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆初対面で仲良くなるための“最大の阻害要因”とは?☆

◆昨日、社労士試験の申し込みを済ませてきましたし、

 (受験料が9,000円もかかるので、そこそこ痛いです……)

 真剣に勉強しなければいけないのですが、

 『世界卓球2011』に夢中になってしまいました。

 あのレベルまでいくと、もはや卓球に見えないですね(笑)。

◆なぜ、オランダでの開催なのかは全然わかりませんが、

 (観客もまばらで、オランダで卓球が人気がありそうには思えません)

 世界の代表同士の戦いは手に汗握ります。

 特に、男子の水谷準選手の試合は燃えました!

 あと、女性でも愛ちゃんのミックスダブルスの銅メダルもよかったですね。

 いやぁ、卓球面白いですよ。

◆サッカーもそうですが、リアルタイムで放送していると、

 ついつい見入ってしまいます。

 今日も10時から見ちゃうんだろうなぁ……。

 それまでに勉強終わらせようっと♪

◆さて、昨日は「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 ダメだった時の結果を気にしないことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日から、子供同士が初対面でもすぐに打ち解けて遊び始め、

 あっという間に仲良くなるのを題材にし、

 その原因について考察しています☆

 今日は2つ目の原因ですね。

◆≪すぐに仲良くなれる原因・2≫

 【先入観を持っていない】

 ・

 私が、初対面で仲良くなるための“最大の阻害要因”と考えているのが、

 この「先入観」です。

 この先入観があるがゆえに、

 私たち大人は初対面で距離を縮めることが難しくなっているのです。

◆ただ、先入観の全てが悪いと言っているわけではありません。

 危機管理という面で考えれば、

 うさんくさい人や自分に害を及ぼしそうな人に対して、

 先入観を基にあらかじめバリアーを張っておくことはやぶさかではありません。

 活用すべき先入観があるのも事実です。

◆それでもなお、

 子供があぁも簡単に仲良くなることができるのは、

 この「先入観」がないというのが非常に大きいと考えざるをえません。

 先入観がないからこそ、

 分け隔てなく、誰とでも仲良くなることができるのです☆

 仮に先入観が影響していたとすれば、

 もっと警戒してしまって、仲良くなるのに時間がかかることでしょう。

◆私達大人で考えてみると、

 これまで生きてきた経験から「先入観」を全く持たずに

 人と接するということは、ほぼ不可能です。

 それは認めざるをえません。

◆初対面で会った瞬間に、

 ‘あっ、この人性格に表裏ありそう’

 ‘あっ、この人ナルシストっぽいなぁ’

 ‘あっ、この人怖そう’

 って思ってしまいますもんね。

 これを思わなくするというのは、相当の意識改革が必要です。

 それができるくらいなら、人間関係の悩みはないでしょうね(笑)。

 問題は、

 これらの先入観に従って、アプローチをしなくなるのが問題なのです。

◆ということで、

 先入観を持ってしまうのは仕方ないので、

 それを踏まえた上で、あえて飛び込んでいきましょう!

 モチベーションとしては、

 ・

 【自分の先入観が合っているかどうかチェックする】

 ・

 のを目的としてみてはどうでしょうか?

 初対面であれば、接してみてダメであっても、

 そんなにダメージは残りません☆

 合わなかったら、合わなかったで‘やっぱりな’で終わります。

◆むしろ、先入観とは逆行して、

 接してみると意外とイイ人で、仲良くなれたりするパターンも少なくありません。

 大切なことは、

 「先入観」にあえてあらがって、アプローチを試みてみることです!

 それが仲良くなるための、第2の秘訣です。

 ・

 明日の第3の秘訣に続けます♪

◆今日は、「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 先入観にあらがってみることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第21位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆なぜ、子供同士は初対面でもすぐに仲良くなれるのか!?☆

◆来月、旅行を企画しています☆

 行き先は、“伊勢神宮”!!!

 かの天照大御神を祀っている、誰もが知る日本で最も有名な神社の1つです。

 正式名称は、単純に「神宮」と呼ぶようです。

 明治神宮など、他の地方にも神宮はあるので、

 わかりやすいように伊勢神宮と呼んでいるんでしょうね。

◆昔はお伊勢参りというのも流行したようで、

 伊勢神宮に参ることが、一つのステータスとなっていたようです。

 現職内閣総理大臣と農水大臣が、

 1月4日の仕事はじめに参拝するのが現在の慣習となっているようです。

◆今や一大パワースポットとしても知られており、

 一度行ってみたいと考えていました。

 6月は梅雨の時期なのでどうかなとも思ったのですが、

 タイミング的にもよかったので、決めました。

 これから旅の行程もつめていきます。

 旅行は、この計画段階が一番盛り上がるのかもしれません(笑)♪

◆さて、昨日は「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 敬語はもろ刃の剣となることについてお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆最近、子供同士が遊ぶのを見た時に、

 ふと思ったことがありました。

 それは、

 ‘なんで、子供同士は、初対面でもあんなにすぐに仲良く遊べるんだろうか?’

 ということです。

 全く見ず知らずの子供であっても、

 同じ場所で遊んでいると、いつの間にか仲良くなっている………

 そんな場面に何度か遭遇しました。

◆大人から見ると、驚異的なスピードで仲良くなります。

 「今遊んでたのは友達?」

 って聞いた時に、

 「全然知らない子だよ。」

 という返事をされて、初めて気付くくらい、

 ごく自然に遊んでいます☆

 ちょっと不思議に感じてしまいました。

 なぜなら、

 大人の世界ではなかなかあそこまですぐに仲良くなれないからです。

 (アルコールが入っていると別ですが(笑))

◆これは少し理由を探ってみたいなと思い、

 今回のテーマにすることにしました。

 今回のテーマは、

 「時間をかけず親しくなるコツ」

 とします。

 で、その題材が初対面での子供同士の仲良くなり方です。

 実践できれば、大人同士だってすぐに仲良くなれるはずですからね(笑)。

 学ぶべきところは多いはずです♪

◆早速本題に入っていきますが、

 初対面の子供同士を観察していると、

 すぐに打ち解けることができる原因が5つ判明しました☆

 1つずつお伝えしていくことにしますね。

◆≪すぐに仲良くなれる原因・1≫

 【ダメだった時の結果を気にしていない】

 ・

 これがまず1つ目の原因として挙げられます。

 もし、うまく仲良くなれな方としても、

 全く気にならないんですね。

 だから、

 すぐに直球で「遊ぼう!」とか「入~れ~て!」って言えるんです。

 思い起こせば、私たちもそうだったのではないでしょうか?

 公園で、全然知らないグループが遊んでいても、

 「入~れ~て!」って言って、交じって遊んだ記憶が私にはあります。

◆これ、大人だと意外とできないんですよね。

 なぜか?

 断られたり、嫌な顔をされたりして、ショックを受けたくないからです。

 盛り上がって話をしているところに、

 本当は混ざりたいけど声がかけられない。

 最初から入っていない人に対しては、

 後から「一緒にどう?」という声がかけられない。

◆要は、

 “気にし過ぎ”って話です。

 別に断られても、嫌な顔をされても、死にはしません(笑)。

 その点子供は、

 ダメならダメでいっかって割り切ってます☆

 というよりも、断られることを想像していませんし、怖がっていません。

◆時間をかけず仲良くなるためには、

 できるだけ早くアプローチをする必要があります。

 じっとしてしまっている時間が一番もったいないですからね!

 すぐに声をかけるためにも、

 結果を気にし過ぎないことです。

 ダメならダメで割り切る。

 余計に気をもむ時間が短くて済んだと思えば楽ですよね。

 だから、

 とにかく結果を気にせず、早く声をかけてしまうことが第1の秘訣です☆

 ・

 明日の第2の秘訣に続けます♪

◆今日は、「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 ダメだった時の結果を気にしないことについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第19位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「敬語」はもろ刃の剣であることを知っておく☆

◆“たこ焼き”に目がありません(笑)。

 って、いきなり何を書いてるんだって話ですが、

 無性に食べたくなるモノってありませんか!?

 私の場合、それが“たこ焼き”と“餃子”です☆

 自宅で食べると、平気で20個とか食べちゃいます。

◆何の話かと言えば、

 実はこの目がない食べ物が、自分へのご褒美に有効なんです!

 あともう少し踏ん張らないといけないんだけど、

 苦しくて、モチベーションが上がらない時に、

 ‘よしっ、これが終わったら“たこ焼き”食べよ!’

 と決めてやると、意外とイケるんです。

 まぁ、ビールも付いちゃうことが多いんですけどね(苦笑)。

 自分へのご褒美って、ついついちょっと高めの買い物をイメージしがちですが、

 500円以内でおさまるようなものでも、効果は十分にあります。

 あなたが目がない食べ物って何ですか!?

◆さて、昨日は「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 自己責任の反面教師となる2つのNG行動についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日で、可愛がられる人の共通点は最後となります。

 最後にふさわしい要素だと個人的には思っています。

 最後の共通点は、

 ・

 【礼儀】

 ・

 です。

 いわゆるマナーやTPOという類のものです。

 ある程度、地位のある方の中には、

 「礼儀」に対して非常にこだわりのある方もいらっしゃいます。

 飲み会の席でのお酌のやり方一つでも、怒られる場合がありますからね(汗)。

 こだわる方も、こだわらない方もいらっしゃいますが、

 まだ相手がどちらのタイプかわからないうちは、

 きちんと「礼儀」を保って接しておくにこしたことはありません。

◆「礼儀」の中でも、特に私が重要視しているものがあります。

 それは、

 【敬語の使い方】

 です。

 なぜか?

 敬語は会話をするにあたって避けては通れないものでありながら、

 この敬語の使い方が、私たちにとって“もろ刃の剣”となるからです。

 その意味をこれからお伝えしていきますね♪

◆敬語をうまく使いこなせないという方………

 これは、残念ながら論外です。

 社会という枠組みの中で可愛がってもらった方が良いと、

 少しでも感じる部分があるのであれば、

 最低限、敬語はしっかり対応できるようにしておく必要があります。

 時々、

 新社会人や若手の中で、初対面からため口の場合があり、

 唖然とする場合があります。

 (学生で採用面接の段階でため口の方がいて、即落としています(苦笑)。)

 私だからということもなく、おそらく上の方にもため口なのでしょう。

◆初対面でいきなりため口って、どう思います!?

 まぁ、普通はダメですよね。

 その時点でアウト~ッ!ってなっちゃいます。

 これがもろ刃の剣という1つの側面です。

◆もう1つの側面は、敬語に固執し過ぎてしまうパターンです。

 敬語をきちんと使うのは問題ないのですが、

 いつまでもそれにこだわり過ぎていると、

 周りからはバリアーを張っているように感じられてしまうことがあります。

 イメージしていただけるとわかりやすいのですが、

 もう3ヶ月以上一緒に働いているのに、

 「~~だと考えております。」

 「~~させていただいてもよろしいでしょうか?」

 「~~という例もございます。」

 という敬語を自分に対して使われたら、

 ‘こいつ、堅すぎ……(汗)’

 って思うのが普通ですよね。

 これも可愛がられない典型例です。

◆可愛がられるためには、

 うまく相手との距離感を縮めていく必要があります。

 にもかかわらず、敬語に固執し過ぎることは、

 自ら相手に近づかせないようにしているようなものです。

 逆効果です☆

 相手に失礼のないように敬語を遣っていった結果、

 失礼もないが、親近感もないという状態に陥ってしまいます。

 これがもろ刃の剣のもう1つの側面です。

◆つまり、

 初対面や目上の方と離す時など遣うべき所で敬語はきちんと操り、

 くだけた場面や同僚など逆効果を生む状況では、あえて敬語を遣わないなど、

 ・

 【時と場合に応じたメリハリのある敬語】

 ・

 が、「礼儀」の最大のポイントではないかと感じています。

 もちろん、「礼儀」には他にも様々なものがありますが、

 まず何を気にしていくかと聞かれれば、私は「敬語」だと確信しています☆

 柔軟に敬語を使えるようにしていきたいものですね。

◆今日までの5日間で、

  1.【挨拶】

  2.【感謝】

  3.【配慮】

  4.【責任】

  5.【礼儀】

 という5つの可愛がられる人の共通点をお伝えしてきました。

 1つ1つの項目を見れば、誰でも意識すればある程度できるものばかりです。

 したがって、

 可愛がられる人は、何か特別な能力を持っていたり、

 すごいことをやっているわけでは、決してないのです。

 当たり前のことを当たり前にやっているから、可愛がられているだけなのです☆

 あなたも確実にできます!

 1つでも多くの項目を実践してみてください。

 そして、その後の変化を教えてもらえると、なお嬉しいですね♪

◆今日は、「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 敬語はもろ刃の剣となることについてお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第21位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆周囲からの評価を確実に落とせる2つのNG行動☆

◆木曜日に講師をやる必要が発生しました。

 毎年やっている講師なのですが、

 今年はすっかり油断をしていました(汗)。

 講師の内容は既に4年目なのである程度把握しているのですが、

 問題は最初のつかみのネタです☆

 準備期間が短いですね(笑)。

◆講師をする時には、

 ‘いかに最初でつかんで、話を聞いてもらえるか’

 に焦点を当てています。

 なぜなら、

 どんなに充実した内容で熱心な講師をしたとしても、

 聞いてもらえない限りは、その労力は限りなくゼロに等しいからです。

 そのため、つかみのネタは人一倍気を遣っています。

 今回は、どんなネタでいこうかなぁ……♪

◆さて、昨日は「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 「配慮」とは気配りや心配りであることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日お伝えする可愛がられる人の共通点は、

 ・

 【責任】

 ・

 です。

 これは反面教師を考えた方がわかりやすいので、

 「責任」のない人の行動を例に出しますね。

 これをやってしまうと、あまり可愛がられることはありません。

 周囲からの評価を確実に落とすことができますね(笑)。

◆「責任」とは、

 一言で言ってしまえば、“自己責任”のことです☆

 つまり、

 自分の行動は自分で責任をとって、けじめをつけられるということです。

 したがって、

 この反面教師がダメダメだということになります。

◆反面教師としてわかりやすく、かつ、

 多くの人がやってしまう典型的な2つのNG行動をお伝えします。

 それは、

 ・

  ●「言い訳」

  と

  ●「他人のせい」

 ・

 です。

 わかっていてもついついやってしまう………

 まるで飲み放題で飲み過ぎてしまう自分のようです(笑)。

 この2つの行動をやらないようにするだけで、

 周りからの見る目もずいぶん違ったものになりそうです。

◆「言い訳」は、自分以外の事象にその責任をなすりつけ、

 自分を正当化することです。

 例えば、

 「あの仕事が間に合わなかったのは、締め切りまでに短すぎたから」

 「飲み会が盛り上がらなかったのは、店の雰囲気が悪かったから」

 「競合に負けてしまったのは、タイミングが合わなかったから」

 などなど、言い訳名人はどんなことにも言い訳をします。

 そのくせ、

 うまくいった事柄は、全て自分がやったかのような口調になります。

 逆であれば、さぞかし器が大きいんですけどね。

 これでは完全な反面教師です(苦笑)。

◆「言い訳」をして、事態が好転することは皆無です。

 ‘じゃぁ、どうすればよかったのか?’

 という形で先に進むこともできず、イイことなしです。

 言い訳名人で周囲から高評価を得ている人を私は知りません。

 本人も全然気付いていないパターンがほとんどですけど。

 「でも……」「だって……」が口癖の方は要注意です☆

◆「他人のせい」は、大きな括りで言うと言い訳に含まれますが、

 特に性質が悪いので、特化してとりあげています。

 うまくいかなかったのを他人のせいにしてしまう………最悪ですね。

 これをやってしまうと、どうやっても評価は上がらず、

 可愛がられる世界からは、無縁となってしまうので気をつけたいものです。

◆「いやぁ、それは○○さんが報告してくれなかったから……」

 「でも、○○さんには教えてもらっていないので……」

 「○○さんがこうしようって言ったから……」

 よく聞きますよね。

 ○○さんの気持ちになってみてください。

 決してイイ気持ちはしませんよね。

 売り言葉に買い言葉ではないですが、

 逆に文句の一つの言いたくなって当然です。

 (あんたが聞きに来なかったからだろ!、あんたも賛成しただろ!…のように)

◆うまくいかなかった責任が、

 自分に全くないというケースは稀です。

 ほぼ100%の確率で、自分にも非があるんです。

 それを棚に置いて、「他人のせい」にしてしまうと、

 上司はおろか、周囲からも可愛がられることはありません!

 これは、私の周囲の実例から見ても例外なしですね。

 気をつけたいものです☆

◆これら2つを反面教師として、

 常に【自己責任】の意識を持って立ち居振る舞いしていくことで、

 周囲からも正当な評価を受けることができます。

 長い目で見たら、【自己責任】で生きている人が、

 間違いなく周囲から可愛がられることにつながっています。

 難しいからこそ価値があると考え、

 まずは意識するところから始めていきましょう♪

◆今日は、「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 自己責任の反面教師となる2つのNG行動についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第19位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆何もなくても、「心」は配れる!☆

◆大河ドラマの『江』を欠かさず見ています。

 (と言っても、録画で見ているため、昨日放送分はまだ見ていませんが(苦笑))

 日本史は、そんなに得意でもなく、不得意でもない科目だったのですが、

 やはり勉強で得た知識と、ドラマ等を通して得る知識は全然違いますね。

 むしろ、教科書では書かれていない史実の方が興味をそそります☆

◆おそらく、この『江』の世界も、

 教科書で書いてしまえば、それこそ4~5Pで

 終わってしまうくらいの歴史かもしれません。

 しかしながら、ドラマを通して歴史を見ると、

 そこには信じられないくらいの多くの人が関わっていて、

 全力でその時代を生きていたことを感じることができます。

◆『龍馬伝』の時もそうでしたが、NHKのキャストはそれなりにツボにハマります。

 割と好みの役者さんが出演されているからかもしれません。

 ここからさらに激動の時代を迎えていくと思いますので、

 今後が楽しみです。

 それにしても、個人的には岸谷五郎さんの豊臣秀吉役はイイですね♪

◆さて、昨日は「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 感謝表現としての「ありがとう」についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日お伝えする可愛がられるための共通点は、

 ・

 【配慮】

 ・

 です。

 これ、実はものすごく重要です!

 あまり良い例ではありませんが、

 媚を売ったり、ヨイショしたり、ゴマをすったりする人が、

 上から可愛がられて出世していくパターンがあります。

 あのパターンは、この「配慮」がうまくできているからなのだと考えています。

 バカの一つ覚えのようにやっているのか、

 相手のニーズを察してのものなのかはわかりませんが……。

◆「配慮」というキーワードを他の言葉で言い換えるならば、

 “心配り”、“気配り”という言葉が当てはまるでしょう。

 つまり、

 相手が欲しいモノを察して、動くことができることを、

 配慮ができているというのです。

 先ほどの媚を売ったり、ゴマをすったりのパターンでは、

 上は自分の地位や尊厳を確認するために、

 もっともちあげてほしかったり、尊敬してほしいという欲求があるのだと思います。

 そこを察することができた方は、

 相手への心配りでヨイショしているのであれば、立派な「配慮」です。

 (何も考えず、ただこびへつらってるパターンも非常に多いですが……。)

◆地位が上になっていけばいくほど、

 意外と孤独になりやすいと聞きます。

 だから、ぶっちゃけ言ってしまえば、

 ‘もっとかまってほしい!’というのが、上司の本音だったりします(笑)。

 そこで、そのニーズを満たしてあげることにより、

 上司から可愛がられるのは当然のことです☆

◆今までの例は、すごく打算的なイメージがありますが、

 「配慮」というのはそれだけにとどまりません。

 例えば、

  ◎相手が欲しいと思うであろうモノを、先回りして用意しておく

  ◎なかなか発言したいけれどもできない方に、あえて話題をふる

  ◎場を乱す人に適性に対応する

  ◎好みが事前にわかっているのであれば、好みに合わせる

 など、相手を不快にさせないために、

 さらに喜んでもらうための行動が「配慮」です。

◆よく

 「私は何もできませんから。」

 という方がいらっしゃいますが、何もなくても問題ありません。

 誰でも“気”や“心”を配ることはできるのですから☆

 それができていないのは、

 純粋にしようとしていないだけ。

 なんだかんだ言い訳をして正当化しながら、

 自分のことしか考えていないから、何も配れないのです。

◆ちょっとしたことかもしれませんが、

 こと「配慮」に関しては、大きな差が生じます。

 なぜなら、

 「配慮」は、0か100かだからです!

 ちょっとでも配慮していれば、

 相手はそれを感じることができるので 100 になります。

 が、全く配慮をしていなければ、

 当たり前ですが 0 です。

 目に見えないものだからこそ、敏感に人は感じるのです☆

 ・

 ほんの少しだけでも、周りに気を配れるようになりたいものですね♪

◆今日は、「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 「配慮」とは気配りや心配りであることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第19位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆芸人ザキヤマに学ぶ処世術☆

◆うちは集合住宅であるため、

 犬や猫などの動物は飼うことができません。

 そこで、メダカとアカヒレ(熱帯魚)とヌマエビとドジョウを飼っているのですが、

 メダカの春の産卵に備え、手狭になってきました。

 現在は、メダカ4匹、アカヒレ5匹、ヌマエビ7匹、ドジョウ2匹という現状です。

◆ということで、

 今の水槽の倍サイズ程度の水槽を購入しました☆

 水槽の整備が完了したので、

 昨日は熱帯魚のお引っ越しでした。

 かなり広くなりましたので、

 魚たちも喜んでいる……のではないかと思います。

 おかげで、ドジョウも砂利にもぐらなくなりました(笑)。

◆こちらの気持ちは通じていないと思いますが(笑)、

 生き物の動きを見ていると癒されます。

 手軽な趣味になりつつあります♪

 

◆今日は、「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 可愛がられる人の気持ち良い挨拶についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日も引き続き、

 可愛がられる人の共通点についてお伝えします。

 2つ目の共通点は、

 ・

 【感謝】

 ・

 です。

 人に対しても、場合によってはモノに対しても、

 きちんと「感謝」することができる人は、可愛がられているのです。

◆感謝できているか、できていないかを見分けるのは簡単です。

 「ありがとう」という感謝の言葉を、

 素直に伝えることができているか否かです☆

 「ありがとう」という言葉は、実に不思議なパワーを持っていて、

 言われて悪い気をする人はいませんし、怒る人もいません。

 「ありがとう」と気持ち良く言える人は、

 周りにも自然と好印象を与えているのです☆

◆ただ、「ありがとう」という言葉が照れくさくて言いづらい方もいるはずです。

 特に九州男児(?)のような方だと、

 男はむやみにやわい言葉を口にするもんじゃないという

 ポリシーがあるのもわかります。

 まぁ、そのような方は可愛がられることを望まないとは思いますが(苦笑)。

◆少なからず「ありがとう」が言いづらいという方は、

 かまえ過ぎているきらいがあります。

 「ありがとう」という言葉は、その言葉自体がパワーを持っていますので、

 最初から絶対に心を込める必要はありません!

 要は、口だけでもオッケーなのです。

◆お笑い芸人のコンビに、アンタッチャブルというコンビがいます。

 そのコンビのボケに山崎弘也(通称ザキヤマ)という方がいるのですが、

 このザキヤマ氏に学ぶべき箇所があります。

 (今は相方に色々あって、もっぱらピンで活動しているようですが……)

 ・

 「あざ~っす!!」

 という言葉をテレビで耳にしたことはありますか?

 「ありがとうございます」を変換させた言葉ですが、

 ザキヤマ氏が好んで使う感謝表現です。

 もはや、感謝の気持ちは全くこもっていない場合がほとんどですが、

 それでイイんです!

 気持ちではなく、言葉自体の方が大切なのです☆

◆「あざ~っす!!」

 はとても軽く聞こえますが、軽いからこそ言いやすいんです。

 照れも恥ずかしさもありませんので、

 気軽に言うことができますよね。

 こんな軽めの言葉であっても、

 「ありがとうございます」の変形系であると相手がわかる限りは、

 言われて悪い気はしません。

 ザキヤマ氏の芸能界で生き残っていくための処世術を感じました♪

◆「ありがとう」が言いにくければ、

 「あざ~っす!!」でもかまいません。

 最初は気持ちがこもっていなくてもOKです!

 まずは感謝を表現することにこそ意味があるのです。

◆「感謝」は、可愛がられる重要な要素です。

 何かをしてもらった時、

 仕事を手伝ってもらった時、

 やり方を教えてもらった時、

 お茶やご飯をごちそうになった時……等々、

 「ありがとう」を伝えるべき場面は多々あります。

 機を逃さず「ありがとう」を伝え、うまく感謝を表現できるようになりましょう♪

◆今日は、「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 感謝表現としての「ありがとう」についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第20位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆挨拶の恥もかき捨て!☆

◆昨日は、社会保険労務士会館に

 社労士試験の申込書をもらいに行ってきました。

 申込書は1人につき1部しかもらうことができず、

 かなり配布は徹底されていました。

 紙不足や資源の有効活用が影響しているのでしょう。

◆試験日は、現時点では8月28日ということでした。

 やはり、もう4ヶ月もありません。

 普通であれば、申込書ももらってきて、

 試験日も近付いていれば、もう少しやる気が出てくるのですが、

 今回に至っては不思議と全くやる気が起きません。

 なぜでしょうか?

 試験範囲の広さと深さにやられているのもありますが、

 “どうしても受かりたい欲求”が育っていないからかもしれません。

 あと3ヶ月強……ホントにこんな状態で受けられるのでしょうか……。

◆さて、昨日は「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 可愛がられる人の5つの共通点についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日から、可愛がられる人の共通点についてお伝えしていますが、

 今日から5つの共通点について、それぞれ補足していきたいと思います。

 今日は最初の共通点である

 ・

 【挨拶】

 ・

 についてお伝えしていきますね。

 挨拶を全くする機会がない1日というのは稀なはずです。

 人と接するところに挨拶ありです。

 挨拶………しっかりできていますか!?

◆まず、ここで「あいさつ」の基本をお伝えします☆

 ≪あいさつの基本ルール≫

  ◎あ・・・明るく

  ◎い・・・いつも

  ◎さ・・・先に

  ◎つ・・・続けて

 これが基本です。

 実は、

 この基本ルールがしっかり守れることができていれば、

 周りから可愛がられる要素の1つを満たすことができるのです。

 本当にシンプルです。

◆あなたの周りにも、

 気持ちの良い挨拶をされる方はいますか?

 あなたが気持ち良いと感じているのであれば、

 きっとあなたの周りの人も気持ち良いと感じていることでしょう。

 そのような挨拶をする方は、周りに元気を与えることができている点で、

 可愛がられているのではないでしょうか。

 どうでしょうか?

◆それにもかかわらず、

 この挨拶がしっかりできていないために、要素を満たすことができないのです。

 ただ、

 今は挨拶がうまくできていなかったとしても、

 ず~っとできていなかったわけではないのです。

 おそらく、小学生の頃はしっかり挨拶ができていたはずなのです☆

 小学生の挨拶は、

 「明るく、いつも、先に、続けて」

 できているので、とても気持ち良く感じます。

◆それが大人になるにつれて、

 なぜかこのような純粋な挨拶ができないようになっていきます。

 この原因は何でしょうか?

 私は、しっかり挨拶ができなくなる最も大きな原因は、

 「恥じらい(恥ずかしさ)」

 だと考えています。

 ‘元気な挨拶をしたら、変に思われるんじゃないか?’

 ‘自分だけが挨拶をすることになったら、恥ずかしいなぁ…。’

 という考えがよぎるので、挨拶ができなくなってしまうのです。

◆ということは、

 この「恥じらい(恥ずかしさ)」さえ気にすることがなければ、

 基本ルールを守った挨拶ができるようになるということです。

 つまり、

 挨拶に対するイメージ変革を起こすことで、

 「恥じらい(恥ずかしさ)」をなくすというよりも、

 気にならないようにすることが可能となります!

 そのイメージ変革について、簡単にお伝えしておきます☆

◆≪挨拶のイメージ変革≫

  ・

  1.小さい声での挨拶は、余計にマイナスイメージを与えて恥ずかしい

  2.たまにやる挨拶は気持ち悪く、かえって変に思われやすい

  3.挨拶は先手必勝

  4.挨拶も続けることに意味がある

  ・

 これらの4つのイメージ変革は、

 挨拶をされる側から客観的に見ればわかるのです。

 が、

 挨拶をする側になると、全然感じなくなるのです。

 不思議ですよね。

◆仮に、今うまく挨拶できていないのであれば、

 最初は‘どうしたんだ?’と思われるかもしれませんが、

 それも数日だけのことです。

 その後、

 「○○さんは、いつも気持ちイイ挨拶をするよね!」

 って可愛がられるのであれば、その方がメリットは大きいですよね。

 しかも、気持ちイイ挨拶をしている本人も、実に気持ちイイものなんです。

 旅の恥だけではなく、挨拶の恥もかき捨ててしまってOKです。

 基本ルールを守って、気持ちの良い挨拶をしたいものですね♪

◆今日は、「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 可愛がられる人の気持ち良い挨拶についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第20位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆【あなたもできる!】可愛がられる人の5つの共通点☆

◆昨日でGWが終了という方も多いかもしれませんね。

 カレンダー通りでいけば、今日は出勤ですからね。

 私の職場も今日は出勤すべきなのですが、

 私は年休をとりました。

 ですので、今日も含めあと3日だけGW延長です☆

◆今日は、GWというよりは、

 平日に休んだ時にしかできないことをやろうかと思っています。

 銀行に行ったり、試験申込書をもらってきたり、各種手続きをしたり。

 ちと肌寒い気もしますが、風邪ひかない程度にアクティブに動きます♪

◆さて、昨日は「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 9つ目と最後の項目についてお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆あなたの周りにいる方々を思い浮かべてみてください☆

 こんな人はいないでしょうか?

 理由はよくわからないものの、

 なぜか年上から妙に可愛がられている人。

 そして、たとえミスがあっても、どうも憎めない人。

 さらに、年下からの評価も含めて、あまり嫌われることがない人。

◆どうでしょうか。

 パッと思い浮かんだ人がいるでしょうか?

 もし浮かんだ人の中で、あなたから見て

 ‘そう言えば、あいつうまくやってるよなぁ………’

 と思った人は、この対象には該当しません。

 本当に可愛がられる人は、周囲にそんな印象すら与えませんからね☆

 あなたから見ても、純粋に

 ‘可愛がられて当然’

 と思われるような人でないと該当しません。

 そうなると、だいぶ絞られるかもしれませんね。

◆このような方々には、

 いくつか共通点があると、私は常々感じています。

 てんでバラバラなタイプが、人から好まれるわけではありません。

 やはり、そこには共通した要素があるのです。

 ・

 とは言っても、

 何か特別なことをしているということではなく、

 当たり前のことを当たり前にしているだけのようです。

 ただ、それを

 【徹底してやる】

 ことで、日常・習慣・気質・ライフスタイルというレベルまで、

 昇華してしまっているのだと思います。

◆今回のテーマは、

 そのように周囲(特に年上がターゲット)から

 妙に可愛がられる人の共通点にスポットを当ててみようと考えています。

 周囲から可愛がられることにより、

 媚を売るでもなく、協力やサポートをもらえる人財になることが可能です!

 当然、仕事も進めやすくなりますし、

 人間関係におけるストレスも減ります。

 身につけられるにこしたことはありませんよね☆

◆私が目をつけた共通点は、5つあります。

 本当にどれもごく当たり前のことばかりです。

 ですが、

 いざ自分の実生活を振り返ってみた時に、

 どれだけできているかは甚だ疑問です。

 「知っているレベル」、「できるレベル」

 で終わってしまっていることも少なくないのではないでしょうか。

 実際に可愛がられている人というのは、これらを

 「やっているレベル」

 にまで高めています!

 でないと、周りと変わらないですもんね(汗)。

◆ただ、

 これからお伝えする共通点も、

 ‘知ってるわ’

 で終わらせてしまうのは簡単です。

 しかし、それでは実にもったいないので、

 ちょっと先手を打ってみた次第です(笑)。

 それでは、早速5つの共通点をお伝えしていきます。

◆≪可愛がられる人の5つの共通点≫

 ・

 1.【挨拶】

 2.【感謝】

 3.【配慮】

 4.【責任】

 5.【礼儀】

 ・

 です。

 率直な感想はいかがでしょうか?

 当たり前と思いましたか?

 それとも、‘そうなんだよなぁ…’とあらたまっちゃいましたか?

 まぁ、いずれにせよ、

 今回はこの5つの共通点をテーマとして、お伝えしていくことにしますね。

 明日に続けます♪

◆今日は、「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 可愛がられる人の5つの共通点についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第18位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆職場は戦場!?(汗)☆

◆昨日は、近所の有名な天丼屋さんに食べに行きました!

 浅草のガイドブックには、必ずと言ってよいほど、

 大枠で掲載されている名店です☆

 【参考:土手の伊勢屋(食べログより)】

 ⇒ http://r.tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13003745/

 食べログで3.73の評価は、割と高い評価だと思われます。

◆普段は、11時半からの営業なのですが、

 昨日は11時の時点で、既に30人~40人が行列を作っていましたので、

 開店を早めたようです(11時10分くらいに最初のお客さんが入りました)。

 私は10時35分から3番目のお客として並んでいたため、

 11時15分くらいには入店できました。

 4名(子供1名含む)で行ったのですが、

 頼んだのは天丼の(ロ)と(ハ)、海老天丼、そしてなめこ椀2杯。

◆ここの天ぷらは、ごま油で揚げるため風味が良いです。

 甘めのタレとも絶妙に合います!

 ランチで“6,900円”はそれなりだと思いますが(汗)、

 年に1回のGWですし、遠出してご飯食べた設定であれば納得です♪

◆さて、昨日は「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 7つ目と8つ目の項目についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日で鬼十則の最後となりそうです。

 いよいよ、9つ目と最後の項目をお伝えする形となりますが、

 この2項目に共通するキーワードは、

 【仕事への取り組み意識】

 ですね。

 仕事に対して、どのような意識を持つべきか、

 指南してくれている項目だと思います☆

◆鬼十則の中でも最後の方に書かれているだけあって、

 ちょっとハードルが高いです(汗)。

 ただ、これをクリアーすることができれば、

 周りから一目置かれることは間違いないですね!

◆その9

 【頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、

  サービスとはそのようなものだ。】

 ・

 自分自身に主を置けば、

 仕事は報酬を対価として、時間やスキルを差し出すという意味では、

 純粋なサービスというイメージとは、少し違うかもしれません。

 しかし、

 あなたの仕事によりメリットを享受する側から見れば、

 業者であれ、団体であれ、顧客であれ、

 広くサービスを受けているということになります。

◆サービスを提供するにあたっては、

 生半可な気持ちで行うことは許されません。

 あくまでも仕事であり、ボランティアではありませんからね。

 (ボランティアこそ、生半可な気持ちではダメな気もしますが……。)

 職場という戦場においては、

 常に意識を集中し、頭をフル回転させている必要があります。

 頭をフル回転させるためには、集中していなければならず、

 気を抜くことはできません。

◆戦場で気を抜いてしまえば、撃ち殺されてしまいかねないように、

 職場で気を抜くことも、いつ致命傷につながるかわからないのです。

 例えば、

 生肉を食べたお客さんが亡くなってしまった事件が起こりましたが、

 あれも職場の誰か、もしくは体制そのものが、

 気を抜いてしまったことに起因しているのではないでしょうか?

 隙を見せないようにという意識があれば、

 決してあのような事件は起こらなかったはずです。

 誰の仕事であっても同じです!

 生肉事件と絶対に同じ轍を踏まないとは、言い切ることはできません。

 そのような意味から、厳しいことには違いありませんが、

 気を抜かず一部の隙も見せないように、集中して取り組むべきなのでしょう☆

 (いつ、どこからスナイパーがあなたを狙っているかわかりませんよ。)

◆その10

 【摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、

  でないと君は卑屈未練になる。】

 ・

 やもすれば、職場の人間関係においては、

 上司には自分の意見を出さずに従い、

 部下には自分の意見を押し通すことを是とし、

 摩擦を生じさせることを非とする風潮があります。

 これは、時として誤りとなります。

◆以前にご紹介した

 アキレスの“瞬足”シリーズの誕生や無印良品での化粧品ブランドの誕生のように、

 組織内では自分が擦り切れてしまうくらいの摩擦を起こした商品が、

 組織を救うような一大ヒットにつながっているのです。

 そもそも、

 大多数の人が疑問や違和感を感じるようなモノでなければ、

 大ヒットにはつながりません!

 なぜなら、疑問や違和感のないモノであれば、

 既に人々に浸透してしまっているからです。

 二匹目のドジョウを狙ってヒットするほど、

 現代のチャンスは多くありません。

◆したがって、何かを変えようとするためには、

 必ずと言ってよいほど摩擦が起きます。

 小泉純一郎元首相に対し、多くの抵抗勢力があったように、

 抵抗が大きければ大きいほど、変化は大きくなるのです。

 抵抗勢力は、戦場で言えば言わば敵そのものです。

 何とかして、あなたを打ち負かそうとするからです。

 しかしながら、

 その摩擦を恐れず、前へ突き進む推進力こそが、

 「進歩」、「積極」を生み出すエネルギーとなるのでしょう!

 摩擦からパワーは生まれます。

 摩擦を感じた時こそ、チャンスととらえましょう♪

◆今日まで6回に渡って、電通の『鬼十則』をお伝えしてきました。

 いきなりこの十則を全て取り入れられるほど、甘いものではありません。

 (私も悲しいくらい、全くできていません………。)

 ですが、

 このような意識を心の根底を置いておくことにより、

 だんだんとあなたの根っこは深く、力強く広がっていくことでしょう☆

◆電通だからというわけではありませんが、

 世界に知られる会社には、相応の理由があります。

 その一つが、この

 【鬼十則にこめられた電通スピリットにある】

 と私は感じています。

 正々堂々と、パクって自分の血肉していきましょうね!

 そして、自分なりの11個目、12個目の項目を加えていきましょう♪

◆今日は、「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 9つ目と最後の項目についてお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第22位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆社会人持ち物リスト☆

◆昨日は、中学時代の親友が出演する芝居を観に行きました。

 育成所の卒業公演という名目で、

 芝居は私の大好きな劇団キャラメルボックスの

 『風を継ぐ者』

 でした☆

 ⇒ http://www.pac-ac.jp/cl02/

 ノンプロのキャラメルのお芝居を久々に観ましたね。

◆完コピの作品とするのではなく、

 いくつかの要素でアレンジを加えられていたので、

 好みが分かれる部分がいくつかあるかもしれません。

 ただ、それはそれでプロでは出せないピュアさや素朴さがあり、

 個人的には満足できる作品でした。

◆卒業ということなので、親友の今後の身の振り方が気になりつつ、

 築地を後にしました。

 何事もプロの世界って甘いもんじゃないです……マジで☆

◆さて、昨日は「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 5つ目と6つ目の項目についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、鬼十則の7つ目と8つ目の項目について、

 お伝えしていきます。

 この2つの項目に共通するキーワードは、

 【仕事に臨むために持っておくべきモノ】

 です。

 いわば、社会人の持ち物リストでしょうか。

 持っておくのと、持っていないのでは、

 仕事の質に雲泥の差ができそうです。

◆その7

 【計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、

  そして正しい努力と希望が生まれる。】

 ・

 持ち物リストの1つ目は、「計画」ですね。

 しかも、鬼十則によれば、

 長期的な計画のようです。

 長期的というからには、少なくとも年単位でしょうね。

◆鬼十則の言葉を借りれば、

 長期的な計画を持っていると、いくつも生まれるモノがあります。

 「忍耐」、「工夫」、「正しい努力」、「希望」……

 どの要素も備わっていれば、非常に心強いモノです。

 長期的な計画を言い換えると、

 「ポジティブな目標とそれに向かうためのマイルストーン」

 というイメージかもしれません。

 計画というからには、目標が伴います。

 計画を立てるくらいですから、当然その目標はポジティブな性質を帯びており、

 そこから「希望」は派生します。

 ‘あれが達成できたら、こんな風になれる’のような☆

◆そして、その目標に向かうために、マイルストーンを配置することは、

 「正しい努力」を考慮するからこそできます。

 正しい努力を継続しながら、不測の事態等が発生しますので、

 マイルストーンを踏んでいくためには相応の「工夫」が必要です。

 人間関係の工夫だったり、仕事の手順についての工夫だったり。

 それでも、一筋縄にはいかないのが仕事です。

 ただ、長期的な計画があれば、

 「忍耐」力をもって取り組むことが可能になります。

 つまり、

 長期的な計画を持つことで、

 これらの副次的産物につながる可能性が高まるのです☆

◆その8

 【自信を持て、自信がないから君の仕事には、

  迫力も粘りも、そして厚味すらがない。】

 ・

 持ち物リストの2つ目は「自信」ですね。

 確かに、「自信」を持っている人の仕事ぶりは、

 周りに安心感を与えます。

 逆に、「自信」のない仕事ぶりは、

 周囲を不安にさせるばかりか、仕事の質自体も相応のものになりがちです。

◆これを鬼十則で表現すれば、

 「迫力」、「粘り」、「厚み」という言葉で表しています。

 あなたの周りにいるであろう「自信」に満ち溢れた状態で、

 仕事に取り組んでいる方のことを思い浮かべてみてください。

 「迫力」、「粘り」、「厚み」を感じるでしょうか?

 私が思い浮かべた場合には、

 「迫力」と「粘り」は容易にイメージすることができました。

 仕事の進め方にも勢いがありますし、

 少々の困難や障害ではへこたれません。

 「厚み」に関しては、ややイメージしづらいのですが、

 懐の深さというような形でとらえると、多少つかめるかもしれません。

 どんなことが起こっても、あの人に任せておけば大丈夫だろうという

 懐の深さからくる安心感が、仕事の「厚み」の一面なのではないでしょうか。

◆「自信」とは、自然にわいてくるようになるまで待つ必要はありません!

 持つか、持たないか、自ら選択するものなのです。

 まず「自信」を持ってしまい、それに見合うスキルや実力を、

 後から付けていけば十分なのです。

 自分の仕事に「自信」を持つ!

 単純ですが、あなたの仕事の質がガラッと変わるはずですよ☆

 ・

 明日に続けます♪

◆今日は、「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 7つ目と8つ目の項目についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第25位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆仕事のスタンスは、“スッポン”と“竜巻”☆

◆「ワンピース」の最新巻(62巻)が発売されました!

ワンピース 62巻 単品販売 ワンピース 62巻 単品販売
販売元:コミックまとめ買いネットヤフー店
コミックまとめ買いネットヤフー店で詳細を確認する

 いや~ぁ………今回のシリーズも長編になりそうな予感です。

 でも、面白い展開ですね。

 というか、最近キャラクターが多いので、

 何かとはぐれたり、全員を描かないような流れになってる気がしますけどね(笑)。

◆「ワンピース」って、話の流れの中ではやっと後半突入です。

 本当に、あと50巻くらい続くのでしょうか(汗)。

 ただ、作者の設定は思いのほか綿密に作り込まれているようで、

 初期のキャラクターがいまだに時折登場し、

 かなり重要な役割を担っていきます☆

 ということは、本当にあと50巻くらい続いちゃうかもしれないですね。

 読者側としては楽しみが続いて嬉しい限りですが☆

◆さて、昨日は「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 3つ目と4つ目の項目についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、5つ目と6つ目の項目についてですね。

 鬼十則も後半戦に入ってきたわけです。

 ワンピースと同じですね(笑)。

 5つ目と6つ目に共通するキーワードとしては、

 【仕事へのスタンス】

 だと思います。

 仕事に対する自分なりのスタンスを確立しておくことが、

 仕事へのブレを防ぐことは間違いありません。

◆その5

 【取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。】

 ・

 正直、ちょっといき過ぎな表現かなとも感じます(笑)。

 ただ、仕事に対する執着心というか、こだわりというか、

 そういった類のものがなさ過ぎるのはプロとしてどうかと思うので、

 固執一歩手前くらいがベストかなと、個人的には感じています。

◆例えば、

 プロ野球界の工藤投手は、

 自分が納得するまで現役を続けると言われているのを聞いたことがあります。

 また、プロサッカー界では、

 ご存知の通りカズ選手はいまだに現役バリバリですよね。

 おそらく、まだ彼らの目的は果たされていないのだと思います。

 だからこそ、

 現役にこだわり続けて、今もなお自分自身を鍛えているのでしょう。

◆仕事に対する取り組み方も、

 ‘執着心’や‘こだわり’がなくなったら、自分がやる意味がなくなります。

 それこそ、ロボットでも同じです。

 色々なしがらみや圧力がかかって、あきらめそうになったとしても、

 目的が完遂するまでは決して離さない姿勢。

 まるで、スッポンが一度噛みついたら離さないと言われているように。

 (実際は、水につけると離すようですが(笑))

 それくらい強い信念を持って仕事に取り組めば、

 周りや相手方にもきっと情熱は伝わります☆

◆逆に言えば、

 ‘どうでもいいや’と思ってしまう仕事であれば、

 それはきっと自分にとって難易度が低かったり、小さい仕事なのではないでしょうか。

 そのような仕事は鬼十則、その3とその4に照らしても、

 仕事の選択ミスだと気付くタイミングとなりますね。

◆その6

 【周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、

  永い間に天地のひらきができる。】

 ・

 あなたは、周囲を振り回すタイプでしょうか?

 それとも、振り回されるタイプでしょうか?

 これも極論で、あまりにも自分のやり方にこだわり過ぎるあまり、

 また、極端に偏った考えで仕事に取り組むことで、

 毎回、毎回周囲を振り回してしまうというのでは、やり過ぎです。

 ただ、

 どちらのタイプが仕事に対する軸がしっかりしているかと言えば、

 断然前者であると言わざるをえません。

◆周囲を振り回すのには理由があります。

 その理由は、

 自分の仕事へのスタンスがしっかりしているからです。

 だからこそ、そのスタンスにそぐわない方向で進んでいる場合は、

 自分のスタンスに近づくように周囲に働きかけますし、

 場合によっては、多少強引にでも意見を主張するのです。

 仮に、自分のスタンスが定まっていなかったら、

 何もこだわる部分がありませんので、周囲を振り回すことはないはずです。

◆一般的には、周囲を振り回すのはよろしくないと思われがちですが、

 経営の神様でパナソニックの創業者と言われる松下幸之助さんにしろ、

 KDDIの創業者である稲森和夫さんにしろ、

 ソニーの創業者である井深大さんや盛田昭夫さんにしろ、

 最近で言えば、ソフトバンクの創業者である孫正義さんにしろ、

 強力なリーダーシップを持ったリーダーは、

 例外なく周囲をこれでもかというくらい振り回しています。

 あたかも竜巻のように、

 周囲のものを巻き込みまくって、ひたすら直進していくのです!

 それでも、

 そのパワーと信念があったからこそ、企業が成長したことは間違いありません。

◆それが一つの仕事でも同じです。

 周囲に振り回されるよりも、振り回す側に回る。

 また、それが認められるほど、自分に実力をつける(←ココが肝!!)。

 そんなスタンス確立を目指していくべきではないでしょうか。

 ・

 明日に続けます♪

◆今日は、「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 5つ目と6つ目の項目についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第28位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆仕事で自分を「成長」させるには?☆

◆GWの中日となりましたが、

 今日は出勤しなくてはなりません。

 さすがに、2日と6日の両方を休むというのは気が引けますので……。

 今日出勤した後は、6連休となります☆

 考えてみれば、1日の出勤くらいちょうどいいかもってな流れです。

◆ただ……ここに来て体調が思わしくありません(泣)。

 微妙に風邪っぽいんですよね。

 ダルいというか、熱っぽいというか……。

 3日から予定もいくつか入っているので、

 ここで体調を崩すわけにはいきません!

 気合いで復活します♪

◆さて、昨日は「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 1つ目と2つ目の項目についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は鬼十則のうち、3つ目と4つ目の項目について

 お伝えしていこうと思っています。

 この2つの項目に共通するキーワードは、

 【自分自身の成長】

 です。

 仕事を通していかに自分を成長させることができるかが、

 この2つの項目で示唆されているのだと思っています☆

◆その3

 【大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。】

 ・

 仕事の大小は、仕事の優劣を決めるわけではありませんが、

 どちらにも取り組める状況であるとするならば、

 大きな仕事にチャレンジせよ!というメッセージですね。

 これは、“責任”という言葉ともリンクしてくるのではないでしょうか。

 大きな仕事には、それだけの責任が伴います。

◆たとえミスをしたとしても、

 元々小さな仕事であれば、‘まぁいいか’で済ませてしまう可能性もあります。

 しかしながら、

 社運をかけたプロジェクトや多くの人を巻き込んだ仕事などは、

 「はい、失敗しました。」ではすまされません。

 それこそ、自分のクビをかけて取り組むような責任が発生してきます。

 だからこそ、

 真剣に取り組みますし、

 万全の状態で取り組むためにあらゆる策を尽くすのです。

◆小さな仕事での成功も、

 成長や自信につながらないわけではありません。

 しかし、

 いくら小さな成功を積み重ねたとしても、

 大きな仕事で得られる成果とは、質が異なります。

 例えば、

 プロ野球業界で、2軍で馬車馬のような活躍を見せたところで、

 それほどの注目や高い評価を受けることはありません。

 やはり、1軍に挑戦しなければ、得られないものがあるのです。

 それを2軍だったら活躍できるからという理由で、

 1軍に上がらなければ、自分の成長には限りがあります。

 挑戦できる環境にあるのであれば、

 より大きな仕事にぶつかってみることが大切だということです☆

◆その4

 【難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。】

 ・

 前の項目とだいぶかぶりますね(笑)。

 でも、もう少し視点を変えてみようと思います。

 仕事の難易度については、自分の限界値に関わってきます。

 簡単な仕事ばかりをやっていたのでは、

 自分の限界値は変わらないのです。

◆こんな実験を聞いたことがありますか?

 ノミ(刺されるとかゆくなる小さな虫です)を、

 フタをした瓶に入れてみます。

 すると、最初のうちは飛び跳ねるごとに

 フタにぶつかってしまい、落下します。

 ノミのジャンプ力は相当のものなので、小さな瓶ではおさまらないのです。

 ところが、

 フタにぶつかることを繰り返していくと、

 いつしかフタにぶつからなくなるようです。

 手加減……というと表現が違うかもしれませんが、

 自分の限界値を下げてしまうのです。

 フタにぶつからないように飛び跳ねるようになるそうなのです。

◆人間も同じです。

 難易度の高くない仕事は、瓶にフタをかぶせているようなものです。

 どれだけ全力を出したとしても、

 フタを超える力を発揮することができないのです。

 しかし、難しい仕事は、このフタを取り去ることができます!

 このことにより、自分の限界値を高めることが可能になるのです。

 『いざ進めよ、いばらの道を』

 という言葉もありますが、あえてイバラの道を進めるようになりたいものですね☆

 ・

 明日に続けます♪

◆今日は、「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 3つ目と4つ目の項目についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第27位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆仕事は常に「能動的」であれ☆

◆昨日はGW2日目。

 GWにテーマパークとかありえないのですが、

 他に家族サービスも兼ねて遊べる候補がなかったので、

 おもいきって“よみうりランド”に行ってきました。

 実は“よみうりランド”の名前だけは聞いたことがあったのですが、

 実際に行ったのは初めてです☆

◆結論から言うと、やっぱり混んでました。

 ただ、ディズニー系のテーマパークから比べると、

 通常営業かなぁってくらいでしょうか。

 30分~45分待ちのアトラクションが多いイメージですね。

 (GWではない平日に行ったら、5分待ちで乗れそうなアトラクションばかりです。)

 子供がいたため、絶叫系のそそるアトラクションに

 乗ることはできなかったのですが、絶叫好きであれば、

 狂喜乱舞するであろうアトラクションがいくつかありました!

◆また、「プリキュアショー」なるイベントも開催していて、

 プリキュアになりきった子供たちや席取りに全力を注ぐ親など、

 会場はさながらアイドルのコンサートなみの盛り上がりでした。

 久々にあぁいう系のショーを見ましたが、スゴイ世界でした。

 娘は大喜びでよかったのですが、

 それ以上にビジネスの匂いを感じました☆

 「キュアマリ~~~ン!!!」

 って叫びながら、髪を振り乱して撮影に勤しむ男性を横目に(苦笑)、

 ‘このテンションにはついていけない……’と心から感じたGW2日目でした♪

◆さて、昨日は「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 『電通鬼十則』の内容についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日からテーマにしている『電通鬼十則』のうち、

 今日は1つ目と2つ目の項目についてお伝えしていきます。

 この2つに共通するキーワードは、

 ・

 【能動的】

 ・

 です☆

 2項目とも、このキーワードを核として読むことで、

 その意味をかみしめることができます。

◆その1

 【仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。】

 ・

 「指示待ち社員」というネガティブワードもありますが、

 新入社員はもちろんのこと、ある程度中堅層の社員であっても、

 このような姿勢でいる方は少なくありません。

 受動的に、指示を受けたことだけをやればよいと考えている方ですね。

 鬼十則に照らせば、

 これはまずい姿勢に該当するようです。

◆「仕事」という字は、「任される事」という漢字で成り立っています。

 この意味をストレートに読んでしまうと、

 受動的でもよいのではないかととらえがちです。

 しかしながら、

 よくよく会社をはじめとした組織の成り立ちから考えてみれば、

 数人が集まって、それぞれができることを提供し、

 一人ではできないことを実現していくのが組織です☆

 一人で全てできるのであれば、

 組織にはならないはずですからね。

◆その中で、「自分はこれができる!」というアピールを行い、

 それを組織の中で「任される事」により、その人の仕事は成り立ちます。

 つまり、

 スタートは自分自身なのです。

 仮に、「自分はこれができる!」とアピールしたところで、

 やる必要がないものやあなたにはできないと判断されれば、

 任されることはありません。

◆それを、

 与えられたことだけをこなしていくというのでは、

 組織を回すだけの歯車であることを認めてしまうことになります。

 人材でも、まして人財でもなく………人在です。

 ・

 仕事の本来の姿から考えれば、

 仕事は自ら創るべきものであり、それを任される事にあるのだと私は思います☆

 なかなか難しいですが、姿勢としてはそうありたいものですね。

◆その2

 【仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。】

 ・

 能動的に仕事には取り組むべきという部分は、

 前の項目と重複しているので、割愛しますね。

 ここでは先手先手で働き掛けていくことのメリットをプラスしておきます。

◆仕事をしていると、

 行動したくても行動できない事態が起こります。

 周り(特に上司)の動きに振り回されてしまったり、

 起こった出来事に動きを制限されてしまったり、

 いざ行動しようとした時に自分のスキルが足りなかったり………。

 この原因の一つは、

 後手後手に行動してしまっていることにあります。

 先手を取って行動していれば、

 防げる事態も多々あるのです☆

◆例えば、

 仕事にとりかかる前に、きちんと情報収集と分析をしたうえで、

 上司に自分の仕事の方向性と今後の展開を説明しておくことで、

 多少の修正はあるかもしれませんが、自分の考えを中心に置いて、

 仕事を進めることができるのではないでしょうか。

 また、

 仕事に取り掛かる前に必要なスキルを身につけておくことで、

 円滑に仕事を進めることができます。

 仕事に取り掛かってからスキルを身につけようとしたのでは、

 時間がかかってしまいます。

 限られた時間の中で、最大限の成果を発揮するためには、

 起こりうることを先読みし、先手を取って仕事を進めていく姿勢が

 求められているのではないでしょうか。

 ・

 明日に続けます♪

◆今日は、「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 1つ目と2つ目の項目についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第25位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年10月 »