« ☆チェンマイでの生活☆ | トップページ | ☆チェンマイのマッサージスクール事情とITM☆ »

☆チェンマイの食生活&楽しみ方☆

◆前回から引き続き、チェンマイでの生活について、

 更新してみようかと思います。

 とにかくチェンマイはリピーターが多くて、

 日本に戻っても、また帰ってくる人が続々といるようです。

 その気持ちすごくよくわかります!!

 本当に過ごしやすく、活気があふれ、快適な場所でした。

 そんなチェンマイの魅力を少しでもお伝えできればと思います。

◆今日はチェンマイでの食生活について触れてみますが、

 基本的にはタイ語が話せなくても問題ありません。

 指さしと英語で十分通じます。

 一言知っておくと便利なタイ語としては、

 「ペッ、マイ?」という言葉があります。

 これは「辛い?」という意味で、相手のリアクションで辛さがわかります。

 最初に紹介するのは、屋台です。

 これはメニューに「BEEF」と「NOODLE」の文字がありましたので、

 これを指さして注文しました。

 これ、今思うと一人で行ったお店で食べた、

 ベストフードだったくらい美味しかったです♪

 ちなみに、30バーツ(90円)くらい(笑)。

Cimg3490_2

 また、代表的なフードとしてはこんなものがあります。

 これは【カオソーイ】というカレーヌードル的な

 タイ北部の代表的な食べ物です。

Cimg3432

 お店によって辛さも違うので、注意が必要ですが、

 おおむね美味しい麺です☆

 また、これは【カオマンガイ】という蒸した鶏をご飯の上に乗せ、

 ピリ辛のタレをかけて食べるものです。

 専門に扱っているお店もあって、人気のフードメニューです。

Cimg3544
 これらの食べ物は、タイ語がわからなくても、

 それっぽく伝えれば出してもらえます☆

 困った時にはよく頼んでました(笑)。

◆あとは、こういう系の食べ物は、

 店先にお惣菜がいくつも並んでいるので、

 好みの惣菜を2つ~3つくらい指させば、それで注文完了。

Cimg3507_7
 勝手にご飯の上に乗せられて出てきます。

Cimg3542
 こんな感じで出てきます。

 見た目以上に日本人の口にも合います。

Cimg3525_2

 そして、こんな感じで出てきます。

 見た目より美味しいんです、マジで。

◆「FRIED RICE」というメニューがあったので、

 注文してみたらこんな感じのチャーハンが出てきました。

 チキンかポークを選ぶようになってましたね。

Cimg3558
 そして、「BOILED RICE」というメニューを注文すると、

 いわゆるお粥が登場しました。

Cimg3569

 タイでも主食がお米なので、

 チェンマイでも食生活で困ることはありません。

 美味しいタイフードを満喫できます♪

 また、こういうお店でも水は安心して飲めます。

 (正直、最初は怖々飲んでいましたが………(苦笑))

 バンコクではお水にもお金がかかるみたいですが、

 チェンマイではセルフですがお水は無料です。

 意外とこういう小さな違いが、

 過ごしやすさに直結するのかもしれませんね。

◆また、忘れてはならないのが屋台で買うお持ち帰りフードです。

 朝ご飯はだいたいそれで済ませていました。

Cimg3491_2

 けっこう最初はわからなかったので、豪華に買っちゃいました(汗)。

 持ち帰りではもち米を付けられるので、必ず付けます!

 最終的に私は串焼きを5本ともち米のセットで過ごしていました。

 一食20バーツ(60円)でした。

 朝マックより安いですね(笑)。

 朝ご飯だけでなく、お腹が空いたら屋台で買い食いはしまくってました。

 屋台で色々な食べ物が売っているので、見るだけでも楽しいです。

◆また、チェンマイでは飲み会もありました。

Cimg3515_3

 行く店によるのも確かですが、

 オープンエアーの平均的なレストランに行った場合、

 だいたい200~300バーツ(600円~900円)もあれば、

 たらふくビールを飲んで、食事もできます☆

Cimg3598
 店先で魚をワイルドに焼いているお店もあります。

 ここの焼き魚は美味しかったなぁ!!

◆チェンマイでの楽しみ方は、食生活だけではありません。

 例えば、こんなツアーもあります。

Cimg3685
 エレファントキャンプというところに行って、

 象の背中に乗ったまま30分散歩しました。

 象に乗る前には、サッカーや絵を書くところを見たり、

 なかなかバカにできない面白さです。

 チェンマイの象は賢いです☆

◆あと、忘れてはだめなのが、マーケット(市場)ですね。

 毎日開催される「ナイトバザール」、

 日曜日に開催される「サンデーマーケット」、

 土曜日に開催される「サタデーマーケット」、

 各地にある市場など、様々なマーケットがあります。

Cimg3421
 これはサンデーマーケットに行った時です。

 品数といい、価格といい、ベストなマーケットですね!

 毎日やっているナイトバザールは、

 ガイドブックに必ず載っているくらい有名なので観光客向けです。

 ちょっとボラれる感があります。

 その点、サンデーやサタデーは現地の方も利用しているだけあって、

 実に使いやすいです☆

 お土産を見つけるのにも掘り出し物を見つけるのにもお勧めです。

 各地にある市場はこんな感じです。

Cimg3535

 大きな市場に行くと、日常の食生活でそろわないものはまずありません。

 豚の頭とかもそのまま置いてありますし(苦笑)。

 ここもとにかく活気がすごかったです。

◆あとは、何と言ってもマッサージでしょうか。

 習うのももちろんですが、受けるのがまた気持ちイイ!!!

 日本であれば60分6,000円くらいが相場かと思いますが、

 チェンマイでは60分で200バーツが基本。

 なんとたった600円です☆

 日本の10分の1の値段で本格的なマッサージを受けられるのですから、

 これは受けない手はないです。

Cimg3550

 通りには、この手の看板が随所にあります。

 呼び込みもそこそこあります。

 店先にあるマッサージチェアーで受ける場合もありますが、

 全身マッサージを頼むと、こんな感じの個室に案内されます☆

Cimg3715_2

 ここで着替えをして、マッサージを受けます。

 「サボイ(気持ちいい)」だけ覚えておけば、コミュニケーションもバッチリ!

 快適なマッサージが受けられますよ。

◆ということで、チェンマイの食生活と楽しみ方をお伝えしました。

 いよいよ次回からは、マッサージについてです。

 どんな環境で学んだのか、そしてどれほど身につくものなのか、

 少しでもお伝えできればと思います。

 では、また次回☆

|

« ☆チェンマイでの生活☆ | トップページ | ☆チェンマイのマッサージスクール事情とITM☆ »

マッサージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/49459705

この記事へのトラックバック一覧です: ☆チェンマイの食生活&楽しみ方☆:

« ☆チェンマイでの生活☆ | トップページ | ☆チェンマイのマッサージスクール事情とITM☆ »