学問・資格

☆【お知らせ】試験まで小休止します&タメ口万歳!☆

◆今日が小休止前の最後の更新ということで、

 社労士試験(8月28日)に向けての意気込みを書いておきます。

 (ここで宣言しておかないと、心が折れそうになってしまうので(笑))。

 試験まで残り約100日。

 一番仕える時間は、朝の1時間半~2時間。

 昼食時の30分と夜帰宅してからの1時間は、

 日によって確保できる時とできない時がありそうです。

◆ザックリ見積もって、勉強できる時間は200時間程度。

 1科目で割ると20時間(汗)。

 すげ~不安です。

 ただ、試験を受けるからには、

 全く太刀打ちできなかったという状態は悔いが残るので、

 一定程度納得の状態まで引き上げていきたいです。

◆マジで真剣に勉強してみます☆

 その結果、沈んだ書き出しとなるか、スッキリした書き出しとなるか、

 また3ヶ月半後をお楽しみに♪

◆さて、昨日は「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 やや強引に距離を縮めることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆子供が初対面でのすぐに仲良くなれることの原因から、

 「時間をかけず親しくなるコツ」についてお伝えしてきましたが、

 今日はその締めくくりとなります。

 最後の5つ目の原因ですね。

 ≪すぐに仲良くなれる原因・5≫

 【上下関係がない】

 ・

 「敬語の存在をそもそも知らないんじゃないか?」

 っていう疑問は別として(おそらく、ほとんどの子供は知らないでしょう)、

 子供はどんなに年齢差があっても、タメ口で接します☆

 (この際の子供は小学生までを指します。)

 実は、それが大きく影響しているのではないかと思うのです。

◆タメ口で話すということは、

 お互いの関係性の中で上下関係はなく、

 対等な関係を維持できているということを意味しています。

 相手に臆することなく、

 自分のやりたいことができ、

 言いたいことが言えているので、そりゃ~楽しいですよね!

 子供は損得感情ではなく、

 楽しいか、楽しくないかで、仲良くなれるか否かが決まりますので、

 少なくとも自分のやりたいことや言いたいことを主張できる関係が必要なのです。

◆ひるがえって、私達大人はどうかと言えば、

 タメ口で話せる関係性の友人の方が、

 そうでない友人よりも仲良くなれることは、理屈ではわかっています。

 ただ、

 初対面からタメ口で接してしまったら、

 相手に不快感を与えてしまうばかりか、

 常識がないと判断されてしまうのは普通です。

 それはやり過ぎです。

◆初対面であろうが、付き合いが長くなってこようが、

 ある程度の関係性では、当然ながら「敬語」が必要です。

 しかしながら、

 付き合いが長くなってきたらタメ口になるだろうなぁという関係性の場合は、

 敬語の時間が短ければ、短いほど良いです☆

 それだけ、仲良くなれますから。

 ですから、

 私の場合は、自ら口火を切ります。

 「あの~、もし嫌でなければ、敬語やめませんか!?」

 って言いだしてしまいます。

 あえて、自ら言います。

 なぜなら、タメ口の方が仲良くなれることがわかっているからです。

◆同世代の場合はもちろんですが、

 少し上の世代や、下の世代にも同じように打診します。

 相手が面食らう時もありますが(笑)、

 多くの場合はうまくいき、その後圧倒的に仲良くなるのは早いです。

 昨年、東北に視察に行ったグループでは、

 初対面の翌日に、敬語禁止にし、あだ名もつけました。

 (年齢は、私より2歳上が2人、3歳上が2人で、私が最年少。)

 その結果、初対面からそんなに期間が経っていなくても、

 ものすごく仲良くなって、視察も大成功に終わりました!

◆今回、何をお伝えしたかったかと言えば、

 できるだけ

 【フラットな人間関係を構築する方が、早く仲良くなれる】

 ということが言いたかったのです。

 これが第5の秘訣です☆

 ぜひ、初対面の時にお試しあれ。

◆今日まで、子供の関係性に注目しながら、

 5つの秘訣をお伝えしました。

 まぁ、なにはともあれ実践してみてください。

 その中で、あなた仕様に微修正をかけていただければ幸いです。

 『習うより慣れろ』ですよ♪

◆今日は、「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 今その場を楽しむことについてお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 次回は、8月29日の更新を予定しています。

 少しの間ご無沙汰しますが、

 絶対に再開はしますので、見捨てないでくださいね(笑)。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第21位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆挨拶の恥もかき捨て!☆

◆昨日は、社会保険労務士会館に

 社労士試験の申込書をもらいに行ってきました。

 申込書は1人につき1部しかもらうことができず、

 かなり配布は徹底されていました。

 紙不足や資源の有効活用が影響しているのでしょう。

◆試験日は、現時点では8月28日ということでした。

 やはり、もう4ヶ月もありません。

 普通であれば、申込書ももらってきて、

 試験日も近付いていれば、もう少しやる気が出てくるのですが、

 今回に至っては不思議と全くやる気が起きません。

 なぜでしょうか?

 試験範囲の広さと深さにやられているのもありますが、

 “どうしても受かりたい欲求”が育っていないからかもしれません。

 あと3ヶ月強……ホントにこんな状態で受けられるのでしょうか……。

◆さて、昨日は「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 可愛がられる人の5つの共通点についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日から、可愛がられる人の共通点についてお伝えしていますが、

 今日から5つの共通点について、それぞれ補足していきたいと思います。

 今日は最初の共通点である

 ・

 【挨拶】

 ・

 についてお伝えしていきますね。

 挨拶を全くする機会がない1日というのは稀なはずです。

 人と接するところに挨拶ありです。

 挨拶………しっかりできていますか!?

◆まず、ここで「あいさつ」の基本をお伝えします☆

 ≪あいさつの基本ルール≫

  ◎あ・・・明るく

  ◎い・・・いつも

  ◎さ・・・先に

  ◎つ・・・続けて

 これが基本です。

 実は、

 この基本ルールがしっかり守れることができていれば、

 周りから可愛がられる要素の1つを満たすことができるのです。

 本当にシンプルです。

◆あなたの周りにも、

 気持ちの良い挨拶をされる方はいますか?

 あなたが気持ち良いと感じているのであれば、

 きっとあなたの周りの人も気持ち良いと感じていることでしょう。

 そのような挨拶をする方は、周りに元気を与えることができている点で、

 可愛がられているのではないでしょうか。

 どうでしょうか?

◆それにもかかわらず、

 この挨拶がしっかりできていないために、要素を満たすことができないのです。

 ただ、

 今は挨拶がうまくできていなかったとしても、

 ず~っとできていなかったわけではないのです。

 おそらく、小学生の頃はしっかり挨拶ができていたはずなのです☆

 小学生の挨拶は、

 「明るく、いつも、先に、続けて」

 できているので、とても気持ち良く感じます。

◆それが大人になるにつれて、

 なぜかこのような純粋な挨拶ができないようになっていきます。

 この原因は何でしょうか?

 私は、しっかり挨拶ができなくなる最も大きな原因は、

 「恥じらい(恥ずかしさ)」

 だと考えています。

 ‘元気な挨拶をしたら、変に思われるんじゃないか?’

 ‘自分だけが挨拶をすることになったら、恥ずかしいなぁ…。’

 という考えがよぎるので、挨拶ができなくなってしまうのです。

◆ということは、

 この「恥じらい(恥ずかしさ)」さえ気にすることがなければ、

 基本ルールを守った挨拶ができるようになるということです。

 つまり、

 挨拶に対するイメージ変革を起こすことで、

 「恥じらい(恥ずかしさ)」をなくすというよりも、

 気にならないようにすることが可能となります!

 そのイメージ変革について、簡単にお伝えしておきます☆

◆≪挨拶のイメージ変革≫

  ・

  1.小さい声での挨拶は、余計にマイナスイメージを与えて恥ずかしい

  2.たまにやる挨拶は気持ち悪く、かえって変に思われやすい

  3.挨拶は先手必勝

  4.挨拶も続けることに意味がある

  ・

 これらの4つのイメージ変革は、

 挨拶をされる側から客観的に見ればわかるのです。

 が、

 挨拶をする側になると、全然感じなくなるのです。

 不思議ですよね。

◆仮に、今うまく挨拶できていないのであれば、

 最初は‘どうしたんだ?’と思われるかもしれませんが、

 それも数日だけのことです。

 その後、

 「○○さんは、いつも気持ちイイ挨拶をするよね!」

 って可愛がられるのであれば、その方がメリットは大きいですよね。

 しかも、気持ちイイ挨拶をしている本人も、実に気持ちイイものなんです。

 旅の恥だけではなく、挨拶の恥もかき捨ててしまってOKです。

 基本ルールを守って、気持ちの良い挨拶をしたいものですね♪

◆今日は、「可愛がられる人の共通点」というテーマで、

 可愛がられる人の気持ち良い挨拶についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第20位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆「良い」出会い、「悪い」出会いなんて………言い訳☆

◆昨日は、「社労士」試験に向けて、

 独学するための参考書を買ってきました!

 参考書と言っても、過去問題集です。

 (1)労基・安衛

IDE社労士塾条文順過去問題集(1)労基・安衛(2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(1)労基・安衛(2011年度版)

販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 (2)労災・雇用

(2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(2)労災・雇用 (2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(2)労災・雇用

販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 (3)徴収・労一

(2011年度版)IDE社労士塾条文順過去問題集(3)徴収・労一 (2011年度版)IDE社労士塾条文順過去問題集(3)徴収・労一

著者:IDE社労士塾
販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 (4)健保・社一

(2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(4)健保・社一 (2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(4)健保・社一

販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 (5)国年・厚年

(2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(5)国年・厚年 (2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(5)国年・厚年

販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

◆丸の内OAZO内の丸善で5冊まとめて買ってきました。

 買ってやった気にならないように注意が必要です(笑)。

 というわけで、

 毎週の図書館通いも、ここで一旦ストップです。

 他の本を読む暇があれば、

 過去問をバシバシ解いて、体で覚えさせる必要があるので☆

 まだ、専門用語に全然慣れません………(泣)。

 このブログでの本の紹介も、ひとまず休止になりますし、

 更新の内容も簡略化する日も出てくるはずです。

 その時は、きっと勉強に集中してますので、ご了承くださいね。

◆8月の試験まで、実質あと4カ月。

 遊んでる暇はマジでなさそうです。

 やります!!

◆さて、昨日は「人間関係マネジメント」というテーマで、

 出会いの枠を広げることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、まず人間関係を構築するうえでの大前提となる

 「出会い」についての提言をさせていただきました。

 ・

 【先入観を持たずに、枠が広げられる分には広げるにこしたことはない】

 という提言でした。

 もう少しだけ、この「出会い」について補足いたします☆

◆人と出会った際に、

 その容姿、雰囲気、表情、声などから、

 どうしても先入観を抱いてしまいがちです。

 (直感からくるものなので、けっこう当たるんですけどね。)

 この先入観にあまりにも縛られ過ぎると、

 せっかくの出会いにもかかわらず、

 それ以上発展することはありません。

 つまり、

 出会っているようで、出会っていないのと同じなのです。

◆あなたにもこのような経験はないでしょうか?

 人から友達を紹介されたり、

 パーティーなどの場で知りあったり、

 仕事を通じて面識を持ったのにもかかわらず、

 ‘なんか、自分とは合わないんじゃないかなぁ……’

 と思って、出会っていないことにしたパターン。

 きっと、ありますよね(苦笑)。

 でも、それをあまりにも極端に繰り返してしまうと、

 同じような人としか出会えません。

 それは、あまりにももったいないのです。

◆最初は

 ‘合わないかも……’

 と思ってしまった人でも、意外と話してみると気が合ったってこともあります☆

 したがって、

 先入観を感じておくことは大切ですが、

 それにあまりに固執しないことです。

◆よく

 「良い」出会い、「悪い」出会いという表現がありますが、

 これは実は言い訳にしか過ぎません。

 なぜなら、

 出会いに良いも悪いもないからです。

 出会いは、出会いです。

◆おそらく、

 自分にとってメリットのある出会いが良いとされ、

 デメリットのある出会いが悪いとされるのではないでしょうか。

 でも、

 それは出会い自身には何の関係もありません。

 その後の人間関係においての付き合い方が、

 メリットやデメリットを生むわけです。

 出会った時点ではメリットもデメリットもありませんからね☆

◆したがって、

 自分が今まで行ったことのないイベントや、

 参加したことのないコミュニティーなど、

 自分の周囲にはいないタイプの方々と出会える可能性のある場所に、

 先入観を抱かずに積極的に顔を出すことで、

 新しい出会い自体を増やすことが大切です。

 出会いの枠を広げれば広げるほど、

 自分にって刺激的な出会いや、後につながる出会いも増えるのですから。

 ・

 出会いは人間関係の総枠を広げるためのツールとして、

 どんどんチャレンジしていきましょうね♪

◆今日は、「人間関係マネジメント」というテーマで、

 出会いの枠を広げることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第21位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「愚直」ってどんなイメージがありますか?☆

◆目指せ社労士ためシリーズ☆

 1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:社会保険労務士になる!?(守屋直人)】

社会保険労務士になる!? (How nual資格がとれる) 社会保険労務士になる!? (How nual資格がとれる)

著者:守屋 直人
販売元:秀和システム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 資格取得を目指すには、まず敵を知る必要があります。

 そこで当該書籍を読んでみました。

◆読めば読むほど、

 かなり無謀な挑戦をしていることに気付かされます(汗)。

 書籍の中にも

 「初学者が、独学で、そして一発で合格できる可能性は、

  やはり低いと言わざるをえません。」

 とハッキリ書いてあります。

 社労士への指南本で可能性が低いと書いてあると、

 多少揺らいでくるのは事実ですが、

 ‘じゃぁ、ホントに無理なのか試してやろう!’

 って気になったのも事実です。

◆ただ、想像以上に試験範囲が広いのもわかりました。

 基本的な言葉だけでもちんぷんかんぷんです(笑)。

 何事も試してみないとわからないですからね。

 やるだけのことはやってみます♪

◆さて、昨日は「素早く仕事をこなす3つのコツ」というテーマで、

 3分以内に話をまとめることについてお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆この1~2ヶ月の間で読んだ書籍の中で、

 頻繁に目にする言葉がありました。

 全く異なるジャンルの書籍でも目にしましたので、

 シンクロニシティなのでしょう☆

 その言葉とは、

 ・

 【愚直】

 ・

 です。

 普段、あまり目にする言葉ではないかもしれません。

 それが、なぜか書籍やテレビでも頻繁に目にしたのです。

 きっと今の私に足りないものなのでしょう(苦笑)。

◆この「愚直」という言葉に、

 あなたはどんなイメージを持たれていますか?

 ‘くそ真面目’

 ‘融通がきかない’

 ‘イメージすら持っていない’

 など色々あるはずです。

 辞書で調べてみると、

 「正直なばかりで臨機応変の行動をとれないこと。また、そのさま。ばか正直。」

 という意味が出てきました。

 ………なんだかネガティブなとらえ方ですよね。

 既に先入観が入ってしまっているというか(笑)。

◆辞書ですら、ネガティブな意味を前面に押し出しているくらいですから、

 私たちがネガティブなイメージを持っていても、

 全く不思議ではありません。

 むしろ、それが普通ですよね。

 ・

 でも、こんな時代だからこそ、

 この「愚直」という言葉が見直されてもよいのかもしれないと、

 私も思い返してみたわけです。

 そこで、今日・明日の2日間くらいを使って、

 この「愚直」という言葉について、お伝えしてみようと思います☆

◆「愚直」の対義語は何だと思いますか?

 パッとは思い浮かばないかもしれませんね。

 パッと思い浮かぶ方は、漢字検定2級でも取れるんじゃないでしょうか(笑)。

 冗談はさておき、

 「愚直」の対義語は、「狡猾」です。

 意味としては、ずる賢いというような意味ですね。

 どうでしょう……。

 対義語もネガティブです。

◆個人的な意見としては、

 「スマート」(頭がよい)というような言葉が対義語に来るのかと思っていました。

 実際、そんなイメージを持たれている方も少なくないのではないでしょうか。

 良い悪いは別として、

 昔ながらのやり方にこだわった職人として生きるか、

 六本木ヒルズでITを手がけて生きるか、

 のような違いをイメージされている方が多いと私は思います☆

 だから、

 まるで「愚直」という言葉が、

 ‘バカバカしい’

 ‘不器用で愚かな’

 ‘度が過ぎて真面目’

 のようなイメージが強まってしまっているのではないでしょうか。

 「愚直」な生き方は流行らない、カッコ悪い……的な。

◆ただ、こんな世の中だからこそ、

 成幸者は語られています。

 「人間、どこかで「愚直」であれ。」

 「愚直」さについて見直す必要があるんじゃないかと提言されています。

 おそらく、

 戦後から今日まで発展してきた背景として、

 日本人の「愚直」さが一役買っていたのではないかと推測できます。

 そこに対し、もう一度スポットライトを当てる時が来ていると、

 主張されているように、私は感じました☆

 ・

 長くなりそうなので、明日に続けます♪

◆今日は、「愚直さの見直し」というテーマで、

 「愚直」のイメージについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆前倒し、前倒し、前倒し!☆

◆無謀と思われるかもしれませんが、

 今さらながら1つ今年の目標が決まりました☆

 それは、

 「社労士(社会保険労務士)を目指す!」

 ことです。

 無謀でしょうか?

 それとも、無謀かどうかもイメージできないでしょうか(笑)?

◆試験が8月で、もう勉強期間が半年もない中で、

 調べれば調べるほど厳しいなぁとは感じています。

 ただでさえ合格率が7~8%の資格で、

 独学での勉強はかなり難しいと言われています。

 合格者の多くが学校に通われているようですし………。

◆ただ、だからこそあえて独学でどこまでできるか、

 実質残り5ヵ月でどこまでできるか、

 自分を追い込んでみようかと思っています。

 だいたい合格までの勉強時間には、

 1,000時間は必要だと言われています。

 ちょっと足がすくみます(笑)。

 工夫なく突っ込んでいったら、間違いなく玉砕しますね。

◆とりあえず今考えているやり方としては、

 1.まず過去5年間の過去問を読んでみる

   (答えようとせずに、何が問われているのかを理解する)

 2.浅く広くインプットを始める〔~4月中旬〕

   (優先順位をつけて、学習していく)

 3.ジャンルごとにやや深めにインプットする〔~5月下旬〕

 4.5年分の過去問を3回は回せるようにひたすら解く〔~7月中旬〕

 5.弱い分野を補う〔~8月上旬〕

 というスケジュール間でやってみようかと☆

 朝の1時間の集中時間確保と、

 通勤時の往復の耳からインプットも並行してやるつもりです。

 短期間での勝負なので、ブログも薄くなる可能性もありますが(苦笑)、

 こうご期待ください♪

◆さて、昨日は「素早く仕事をこなす3つのコツ」というテーマで、

 マイルストーンを順守することについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆素早く仕事をこなす2つ目のコツをお伝えします。

 それは、

 ・

 【できることから「前倒し」で作業を進める!】

 ・

 ことです。

 ここでのキーワードは、「できることから」と「前倒し」です☆

◆よく仕事を進めるのに時間がかかる方でありがちなのは、

 「●●が決まったら始めます。」

 「▲▲が整理できたらとりかかります。」

 「■■がそろったら再開します。」

 というようなことを主張し、

 何もやっていない状況が生じてしまうことです。

 1つ1つ順序どおりにやっていきたい気持ちはわからないでもないのですが、

 素早く仕事をこなしていくという面から見ると、

 ナンセンスです。

◆状況がどんな状況であれ、

 今できることが必ずあるはずです。

 それは、

 資料作成のアウトラインを引いてみたり、

 パターン分けした骨子を作成してみたり、

 関係者に情報共有してみたり、

 考えてみれば、いくらでもできることはあるのです☆

 情報共有一つとってもみても、

 相手からすれば一気に全ての情報を流されるよりも、

 現時点での流動的な状況に留意しつつも、

 小まめに情報を流された方が整理しやすいはずです。

◆「今できること」というのは、

 裏を返せば「いずれやらなければいけないこと」でもあるわけです。

 いつかやらなければいけないことを、

 今前倒しでやることによって、時間の節約と確保につながります。

 したがって、

 常に「前倒し」の意識を持っておくことが大切なのです☆

◆社会人生活丸9年が過ぎようとしていますが、

 【仕事のできる人ほど、前倒しで仕事をこなしている】

 のは、ハッキリ言えますね。

 仮に、本当にその仕事に対して何もできない状態だったとしても、

 並行している他の仕事で今できることをやっています。

 時間を有効活用できている人が、

 結果として多くの仕事を高いレベルでこなすことができるので、

 仕事ができるという評価につながっているようです。

◆余談ですが、

 本当に仕事ができる人は、あまり残業もしません。

 だから、毎日遅くまで残業続きの人を見たら、

 よっぽど任されている仕事量が多いのか、

 それとも単に仕事の能率が悪いのか(苦笑)の

 二択であると思って、まず間違いありません。

 後者にならないように注意していきたいものですね!

◆ということで、

 常に「前倒し」の意識を持って、できることから取りかかってしまうことが、

 素早く仕事をこなす2つ目のコツでした。

 明日は3つ目のコツをお伝えします。

 明日に続けます♪

◆今日は、「素早く仕事をこなす3つのコツ」というテーマで、

 全てを「前倒し」で取り組むことについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆自分の中に●がないから「判断」できない☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:できる人の資格勉強法(佐藤孝幸)】

できる人の資格勉強法 できる人の資格勉強法

著者:佐藤 孝幸
販売元:中経出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 〔著書の肝〕

 「収入アップにつなげるための勉強となれば、

 その目標は「なるべく『短期間』『低コスト』『低リスク』で、

 確実に結果を出す」です。」

◆著者は、外資系銀行で働きながら1年で米国公認会計士を習得します。

 その後、米国在住のまま司法試験の勉強を開始し、

 2年間の独学で、帰国後みごとに一発合格。

 弁護士となられています。

 独学での資格勉強に関しては、かなりの実績と実力をお持ちのようです。

◆難解な資格などを、学校や通信教育に頼らず、

 独学で何としても合格したいという方にとっては、

 とても参考になる1冊だと思います。

 ただ、私から見れば、ここまでできるかなぁ………というのが

 率直な感想です。

 難解な資格を取ることが目標ですから、

 多少の犠牲はやむを得ないのかもしれませんが、

 なかなかここまでストイックにはなれないのが一般的かと。

 でも、この本を読んで、

 また資格取得欲がむくむく頭をもたげてきた今日この頃です(笑)♪

◆さて、昨日は「三断の流れを作る」というテーマで、

 「三断」とは何かについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆「判断」・「決断」・「果断」の「三断」を今回のテーマに設定し、

 今日から具体的な内容に入っていきます。

 まずは、1つ目の「判断」です。

◆「判断力」

 っていう言葉もありますが、一体「判断する力」って何でしょうか?

 善か、悪か。

 正しいのか、間違っているのか。

 好きなのか、嫌いなのか。

 今やるべきなのか、後にすべきなのか。

 判断しなければいけないことは山ほどあります。

 しかし、

 その一つ一つに正解があるのかと問われれば………

 私は「甚だ疑問です」と答えるしかないかもしれません。

 なぜか?

 ・

 それは人によって環境や条件は異なっており、

 万人に共通するベストな選択は存在しないからです。

 つまり、どんな「判断」をしようとも間違いではないということです。

◆ただし、

 間違いではないのには1つだけ条件があります。

 それは、

 ・

 【判断基準を人に委ねていないこと】

 ・

 です。

 人に判断をしてもらって決めてしまうと、

 あなたにとって間違いでなかったとは言いきれなくなります。

 なぜなら、

 あなたと判断した人とでは、考え方が違うからです。

 当たり前ですよね☆

 ですから、

 判断した人によってはそれが正しかったのかもしれませんが、

 それにあなたが従ったとしても、正しいとは限らないのです。

◆人に判断を委ねる人ほど、

 それがうまくいかないと

 「だって、あの人がそう言ったから……。」

 「お前があんなこと言うから……。」

 と、人のせいにします(苦笑)。

 最悪です。

 最終的に判断したのは、紛れもなく自分しかいないのに、

 あたかも人が判断したような態度をとるのは、

 本当にいただけません。

 (こう書きつつ、私も胸にチクチクするものがあります)

◆つまるところ、「判断力」とは何かと問われれば、

 “自分の【判断軸】を基に自分自身で判断する力”

 ということになります。

 この判断軸の精度を高めていくことが、

 1つの成長となるのかもしれません。

 ただし、

 どんなに素晴らしい判断軸を持っていたとしても、

 人任せにしているのであれば「判断力」はゼロです☆

 それほど精度は高くなかったとしても、

 自分自身で判断する方が、よっぽど「判断力」が高いのではないでしょうか?

◆自分の中にしっかりとした「判断軸」を育てていくためにも、

 自分自身で判断する習慣を着けることが望ましいですね。

 職人が日本刀を砥いで切れ味を鋭くするがごとく、

 自分の「判断軸」は自分しか磨くことができません。

 毎日否応なしにやってくる判断の連続に、

 ひるむことなく立ち向かっていきましょう!

 ・

 明日に続けます♪

◆今日は、「三断の流れを作る」というテーマで、

 「判断力」とは自らが判断する力であることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“社会人のための”自己分析講座 その1☆

◆1月3日に放送された東野圭吾さん原作の

 『赤い指』

 というスペシャルドラマをやっと見ることができました。

 加賀恭一郎シリーズということで、

 『新参者』

 から継続して、阿部寛さんが主役を演じられていました。

 キャストが多彩で見応えがあったのですが、

 最後の結論部分が原作の方がスッと入ってきた気がします。

 なんかドラマではしっくりこなかったですね。

 なぜなのかはよくわかりません(苦笑)。

◆ただ、そのドラマの最後に、

 加賀恭一郎シリーズの最新作のタイトルが発表になりました。

 『麒麟の翼』

 だそうです。

 3月発売のようで、今から楽しみです。

 図書館の新刊予約の限界にチャレンジできそうです☆

 今から3月発売の本の予約ができるかどうかですねぇ。

 『プラチナデータ』『白銀ジャック』と、

 未読の東野圭吾作品があるので、

 読み終えたら感想を書きますね♪

◆さて、昨日は「心がシビれる珠玉の言葉」というテーマで、

 努力の必要性に関する言葉をお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆年が明け、

 就職活動もここから本格化していきます。

 年明け前は、採用には直結しないセミナーでしたが、

 今から行われるセミナーからは、採用につながっていきます。

 このセミナーに参加しないことには、

 次のステップに進むことが難しくなるというパターンですね。

 今年の就活もなかなか厳しそうです。

◆就職活動をされたことがある方なら

 ほぼ体験されていることがあります。

 それは、

 志望職種や志望動機、自己PRを考えるにあたり、

 どうしても必要になってくる作業といえます。

 わかりますか?

 ・

 答えは、

 「自己分析」 

 です。

 手探りな状況ではあったものの、

 自分がどんな人間であるか見つめ直す意味で

 「自己分析」を行った方が多いのではないでしょうか。

 実際の就職活動の流れの中でも、

 「自己分析」がしっかりできているかが重要になっています。

◆さて、この「自己分析」ですが、

 社会人になった途端に、

 きれいサッパリ忘れてしまう方がほとんどです。

 なぜなら、

 ‘就職した自分には、もう必要のないものだろう……’

 と思いこんでしまっているからです。

 しかしながら、

 それはちょっと考えが早計ではないかと私は考えています。

 むしろ、

 社会人になったからこそ、

 今の立場で「自己分析」を行い、

 今後の人生プランを設計していくべきではないでしょうか。

◆そうは言っても、

 普段の生活の中で「自己分析」をする機会というのは、

 なかなかあるものではありません。

 それこそ、

 先日模擬面接を行った転職を考えられている状況の方であれば、

 しっかりした「自己分析」を行うのでしょうが、

 毎日会社勤めをされている方であれば、

 「自己分析」の必要性にすら、気づかない方がほとんどです。

◆そこで、今回のテーマは、

 「社会人のための自己分析」

 としました。

 明日からの数日間で、

 社会人(私を含め)が、どのように「自己分析」を行っていけばよいか、

 端的にお伝えしていこうと思います☆

 私もこれを機に、「自己分析」してみますね(笑)。

 ・

 それでは、明日に続けます♪

◆今日は、「社会人のための自己分析」というテーマで、

 「自己分析」は社会人であっても必要なことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私が実際に試してきた英会話スクール関連の無料体験を、

 客観的に比較レポートしています(ちょっとギャグ調ですが(苦笑))。

 どんどん更新していきますので、のぞいてみてくださいね。

 【無料体験ガイド】

 ⇒ http://free.main.jp/show/ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆人生に“無数の点”を散らばらせる!☆

◆先日、1時間ですが「体験ヨガ」に参加してきました。

 以前にもメンタルヘルス系のセミナーで受けたことがありましたが、

 今回はセミナーとは無関係に受けました。

 周りも初心者の方ばかりだったので、

 ヨガの基本を簡単なエクササイズを交えながら、

 体験できるという企画でした☆

◆講師の先生が言われていました。

 ヨガで一番大切なことは何だと思いますか!?

 ・

 答えは、

 【呼吸】

 だそうです。

 しかも、腹式呼吸。

 確かに、ヨガの最中もことあるごとに、

 「呼吸は絶対に止めないでくださいね。」

 と声をかけてましたね。

 それだけ、呼吸が重要ということでしょう。

◆幸いにして腹式呼吸には自信があったのですが、

 1つだけ苦手な事があることに気づきました。

 体がめちゃめちゃ硬いんです(泣)。

 手が全く床につきません。

 体が硬いことによってかなりポーズに負荷がかかります。

 ‘できてないんじゃないか?’

 ってポーズもあったくらいで(苦笑)。

 おかげさまで、翌日は筋肉痛になりました。

 時折、リフレッシュできる手段を持つのは、

 心身ともに良いことだなぁと改めて感じました♪

◆さて、昨日は「人生に無駄はないことの証明」というテーマで、

 “経験は「ネタ」や「共通項」に通ずる”ことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、人生に無駄はないことの3つ目の切り口ですね。

 今日で私なりの証明を終えようと思います。

 3つ目の切り口は、

 実体験からも証明されているものです。

 人生の歩みを進めれば進めるほど、

 感じることが多くなるかもしれませんね。

◆一見無駄な経験をした場合に、

 あなたの人生マップの中でどのようなことが起こるかと言えば、

 小さな「点」が記されます☆

 点が付くだけですので、

 あなたの生活には何の変化もありません。

◆人生に無駄な経験は必要ないという考え方をしていると、

 なるべくこのような点を付けないように、

 キレイな人生マップをキープしようとします。

 小さな点には意味がないと考えているからです。

 ・

 逆に、無駄な経験とはいえ『無用の用』だから、

 多くの経験をした方がよいという考え方をしていれば、

 できるだけ多くの点を付けようと意識します。

 なんでもチャレンジするように心がけるので、

 人生マップに無数の点が散らばります。

 まだ、この時点でも目に見える変化は起こりません。

◆変化が起こるのは、

 【点と点が線になるタイミング】

 です!

 無数の点を散らばせることで、

 全然関係のなかった点と点が結び付くことがあります。

◆私の例を出せば、

 私は学生時代にアルバイトをしていましたが、

 そこで「連絡帳」というものを作って、

 バイトやパートの連携に使っていました。

 でも、

 私の場合はそこに日々の出来事や思ったことを書き記していました。

 それを読んだ人からの反響があるのも面白かったですし、

 文章を書く楽しみも自然に感じ取れました。

 いささかアナログではありますが(笑)、

 現在のブログにかなり共通しています。

◆実はこのブログが継続できているのも、

 起源を考えるとあの経験があったからだと感じています。

 継続して書き続けた喜びと成果があったからこそ、

 自由帳がブログでに形は変えましたが、

 文章を書き続けられることに対して興味を覚えたのは、

 非常に貴重な小さな「点」でした。

◆他にも、

  ◎小学生の頃に秘密基地を作るために空き瓶を換金したことが、

   自分でお金を稼ぐことに対する楽しさの原点に

  ◎“ズッコケ三人組シリーズ”との出会いが読書好きとなり、

   自己啓発に興味を抱くきっかけとなる   

  ◎全然関係のないセミナーに参加したことから朝型生活がスタート

 など、一見無駄な経験が、

 今の自分を形作るための『無用の用』となっていることに気づきます。

 つまり、

 【できるだけ多くの点を散りばめた方が、線へと変化しやすい】

 のです。

 ・

 これが3つ目の切り口です☆

◆これが私なりの証明です。

 論理的ではない部分もありますが、

 それが私の個性ってことで(笑)。

 切り口が3つだけというのは若干少ないかもしれませんが、

 4つ目、5つ目……の切り口は、あなた自身が探してみてください。

 これにて証明は完了します♪

◆今日は、「人生に無駄はないことの証明」というテーマで、

 “散りばめた点と点が線になる”ことについてお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からは、また新しいテーマでお伝えいたします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第1位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私が実際に試してきた英会話スクール関連の無料体験を、

 客観的に比較レポートしています(ちょっとギャグ調ですが(苦笑))。

 どんどん更新していきますので、のぞいてみてくださいね。

 【無料体験ガイド】

 ⇒ http://free.main.jp/show/ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「ネタ」や「共通項」は●●から生まれる!☆

◆1冊漫画を読み終えました☆

 【今日の1冊:星守る犬(村上たかし)】

星守る犬 星守る犬

著者:村上 たかし
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔あらすじ〕

 秘密(笑)。

◆職場で先輩に貸してもらった漫画ですが、

 帰りの電車であっという間に読めてしまうくらいのボリュームです。

 読んだ感想はと言えば、

 「切なさ120%」です(苦笑)。

 心が温かくなるというよりは………やっぱり切ないです。

 忠犬ハチ公とは、また次元が違う気もしますし。

 立ち読みでも読めると思いますので、

 読んでいただければわかると思います☆

◆ちなみに、

 この作品は既に映画化が決まっているようです。

 主演は西田敏行さん。

 犬役じゃないですからね(笑)。

 たぶん、映画になると感動作になると思います。

 エピソードの足し甲斐のある作品ですので。

 次は、痛快コメディが読みたくなる作品でした♪

◆さて、昨日は「人生に無駄はないことの証明」というテーマで、

 “経験しないとわからないことがある”ことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、人生に無駄はないことの2つ目の切り口ですね。

 個人的には今日の切り口がけっこう好きです☆

 結論からお伝えしてしまうと、

 ・

 【経験からしか、「ネタ」や「共通項」は生まれない】

 ・

 ってことなんです。

 簡単にですが、補足していきますね。

◆私の個人的な例を言えば、

 たまに講師などで人前で話すことがあるのですが、

 アイスブレイクといって話す前に参加者の緊張を緩めるために、

 ちょっとした「ネタ」話をします。

 いわゆる、

 「つかみ」

 と言われるものですね。

◆例えば、

 クリスマスが近い今の時期であれば「プレゼント」と絡めたり、

 税金の話をしたりする時の「土地」の話で絡めたり、

 切り口によって異なるようで、同じ話をします。

 それは、

 “月の土地を購入した話(そして、プレゼントした話)”

 です☆

 「実は私、こう見えてサッカー場1つ分くらいの広さの土地を持っているんです。

 どんな土地だと思いますか?」

 という風に入っていくと、参加者は

 ‘はっ!?’

 と思って、私の話に耳を傾けます。

 実は「つかみ」としては、これで十分なのです。

◆その後に、

 「実は、月の土地なんです。」

 とネタばらしをします。

 事実なので、月の土地を誰でも買える経過と、

 実際に買った時の購入額(3000円程度でしょうか?)や

 送られてきた権利書などの話をすると、

 けっこう興味を持って聞いてくれる方が多いです☆

 これも

 月の土地を買ったという「経験」があるからこそ、

 「ネタ」として成立しているのです。

◆講師に限らず、飲み会でも使えますし、

 ちょっとした雑談でも盛り上がるネタです。

 このようなネタをいくつもストックしていると、

 話の幅が圧倒的に広がります。

◆また、人との「共通項」探しにも有利です。

 初対面の方と素早く打ち解けるためには、

 何と言っても相手と自分の「共通項」を探すのが圧倒的に効率的です。

 例えば、

 私の場合であれば、年齢や出身や住所や仕事や家族構成などで

 共通項が見つからなかった場合は、

 「趣味ってなんですか?」

 「休みの日って何してます?」

 と聞いてしまいます。

 そこから返ってきた答えに対して、

 自分の「経験」を検索して、「共通項」を見つけます。

◆例えば、相手が

 「最近ウォーキングにこってます。」

 という返しが来れば、

 「そうなですか!

 私も以前に万歩計付けて歩いてたんですよ。

 でも、飽きちゃいましたけど(苦笑)。

 あれって何か続けるコツみないたものってあるんですか?」

 と展開していけばよいですよね。

 ・

 読書や音楽や映画などであれば、

 「最近のお薦めは何ですか?」

 「どんなのが好みですか?」

 から入っていって、自分が読んだり、聴いたり、見たりしたものを、

 引用してくれば問題ありません。

 ・

 スポーツであれば、

 テレビ中継等も多いですし、知り合いがしていたりすることもあるので、

 「共通項」としての役割はバッチリです。

 自分が見る側かやる側かでも視点を変えられますし、

 実体験の有無でも話を変えられます。

◆つまり、

 「共通項」をさがすための

 【データベースが「経験」】

 なのです。

 スポーツの部分でも触れましたが、

 この「経験」には、全て自分がやったものだけではなく、

 友人がやってることを知っていたり、

 メディアを通じて得た情報でもかまわないのです。

 見たり、聴いたり、読んだことも立派な経験です♪

◆このようにたとえ失敗であったり、

 興味がなかったことであっても、

 「ネタ」や「共通項」につながる可能性が高いので、

 全く無駄はありません。

 極端に専門的な話題にならない限りは、

 自分の「経験」を掘り出していけば、

 どこかしらで引き出しが開けられるはずですから。

 そのためにも、

 たくさんの様々な「経験」をストックしておくことが必要です☆

 「人生、何事も経験だね~。」

 という言葉は核心をついていますね。

 これが2つ目の切り口でした。

 ・

 明日は3つ目の切り口でお伝えします。

◆今日は、「人生に無駄はないことの証明」というテーマで、

 “経験は「ネタ」や「共通項」に通ずる”ことについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私が実際に試してきた英会話スクール関連の無料体験を、

 客観的に比較レポートしています(ちょっとギャグ調ですが(苦笑))。

 どんどん更新していきますので、のぞいてみてくださいね。

 【無料体験ガイド】

 ⇒ http://free.main.jp/show/ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「人生に無駄なことなんて何一つない」を証明してみる☆

◆携帯の調子が悪いです……。

 何か機嫌を損ねるようなことをやってしまったのでしょうか(汗)?

 インターネットをしていると、

 突然電源が落ちるという現象です。

 不定期に起こるので原因もつかめません。

 使用して2年が経過したので、

 そろそろ変えどきなんでしょうかねぇ☆

◆携帯を変えると言えば、

 スマートフォンのシェアがかなり拡大しつつありますね。

 携帯を電話というよりも、

 モバイル端末や暇つぶし便利器としてみれば、

 ネットが閲覧しやすく、かつ、アプリケーションも幅広く楽しめる

 スマートフォンの優位性は強いですよね。

◆ただ、

 私自身の携帯の使用状況を考えると、

 ネット検索やメールなどで、

 非常に文字を打つ機会が多いです。

 その点、スマートフォンの文字打ちは液晶で行われるため、

 文字を打った感触がありません。

 おそらく、携帯を見ずの片手打ちはできないのではないでしょうか。

 そこがいまいち「次はスマートフォンにしよう!」という心意気を

 そがれるポイントですね。

 携帯いつ変えようかなぁ……。

◆さて、昨日は「アサーティブ交渉術を身につける!」というテーマで、

 アサーティブ交渉術におけるクロージングついてお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆よく

 「人生に無駄なことなんて何一つない」

 という言葉を耳にしたことがありませんか?

 だから、

 自分が経験したことは、全て財産だという意味ですね。

 「経験に勝る財産はない」

 「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」

 なんか、それっぽい言葉ですよね(笑)。

◆ということは、

 一見すると

 ‘これはしなくてもよかったんじゃないか………’

 とか

 ‘この経験って無駄だったよなぁ………’

 と思うような経験であっても、

 そこには『無用の用』があるということです☆

 『無用の用』とは、

 「一見役に立たないと思われているものが、

 実は大きな役割を果たしている」という意味で、

 「老子」や「荘子」の書の中で記されています。

◆と、小難しい話はここまでにして、

 今回のテーマは、私なりに

 「“人生に無駄なことなんて何一つない”の証明」をしたいと考えています。

 私もまさに“人生に無駄なことなんて何一つない”と

 考えるようになった一人なので、

 いくつかの切り口で証明ができればいいですね。

◆今日は1つ目の切り口です。

 例えば、

 私は大人になった今でも“シイタケ”が苦手です。

 気力を振り絞れば食べられないこともありませんが、

 やっぱり苦手です。

 したがって、

 料理の注文等では、“シイタケ”が主役の料理等は、

 間違っても頼まないわけです。

 なぜなら、

 美味しく食べられないからです(“シイタケ”農家の方ごめんなさい)。

◆ただ、

 私がこのように苦手なものをあえて注文から外すことができるのも、

 “シイタケ”を食べた「経験」があるからです。

 幼少の頃にチャレンジしてダメで、

 学生の頃にチャレンジしてダメで、

 大人になってからチャレンジしても………やっぱりダメでした(苦笑)。

 嫌いな食べ物は克服できなければ意味がないと

 考える方もいらっしゃるかもしれませんが、

 私はそうは思いません。

 星の数ほどある食べ物の中で、

 自分の苦手なものがいくつかあるのはある意味自然なのではないでしょうか。

◆わかりやすいので食べ物の好みを例にとりましたが、

 要は何をお伝えしたかったのかと言えば、

 ・

 【経験してみないとわからないことがある】

 ・

 ということです。

 自分の性格や能力に対する適応性や、

 嗜好や興味に対する向き・不向きは、

 経験でのみ正確に判断することはできます!

 「やってみなけりゃわからない」

 というのは、まさにその通りでしょう☆

◆人と話すのが苦手だったので、事務職ばかりやっていた方が、

 実際飛び込んでみたら営業の才能があり、

 トップセールスマンになったという話を聞いたことは1回や2回ではありません。

 営業の世界が話すよりも聴く力が重要だからかもしれませんが、

 飛び込んでみなければ能力が開花することはなかったでしょう。

 ・

 文章を書くことが好きでライター一本で食べていこうと決めていた方が、

 あるセミナーにゲスト出演したところ、人前で話すことに夢中になり、

 今では講師として有名になっている方もいらっしゃいます。

◆このような例は、

 挙げれば枚挙にいとまがありません。

 つまるところ、

 自分が経験したものにのみ、初めて自分で判断できるということなので、

 経験しなければ始まらないということです。

 経験して向いていないと感じたものは、

 向いていないとわかっただけ儲けものなのです。

 なぜなら、今後そこに興味を抱いたり、

 想いを巡らせる時間が他にあてることができますからね。

 全くもって「無駄」ではありません!

 これが1つ目の切り口です。

 ・

 明日は2つ目の切り口でお伝えします♪

◆今日は、「人生に無駄はないことの証明」というテーマで、

 “経験しないとわからないことがある”ことについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私が実際に試してきた英会話スクール関連の無料体験を、

 客観的に比較レポートしています(ちょっとギャグ調ですが(苦笑))。

 どんどん更新していきますので、のぞいてみてくださいね。

 【無料体験ガイド】

 ⇒ http://free.main.jp/show/ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧