書籍・雑誌

☆悪気なくパーソナル・スペースに踏み込んじゃう(笑)☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:「ひとり会議」の教科書(山崎拓己)】

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

著者:山崎拓巳
販売元:サンクチュアリ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 〔著書の肝〕

 「ひとり会議は

 「積極的にテーマを持ち、自分に質問を投げかける」

 という場を作ることを基本とします。」

◆著書は、以前にお薦めいただいていたものであり、

 図書館で予約をしていました(だいぶ時間がかかりましたが)。

 せっかく予約までして手に入れたものなので、

 勉強の合間にサラッと読み終えました。

 内容としては、

 「インナーカンバセーション(内的会話)の体系化 +

 魔法の質問のような未来を明るくするための質問」

 で構成されている印象を受けました。

◆そこで、まずは実践してみないと話にならないなと思い、

 〔社労士試験に合格するために〕

 というテーマでひとり会議を開催してみました。

 その結果………

 一つの決断をしました。

 それは、【ブログの小休止】です。

 というのも、あまりにも試験日までに時間がなく、

 定期的な時間が確保できていないというのが最大の理由だとわかりました。

 そこで、確実に時間を確保するためということで、

 苦渋の決断をしました☆

◆期間は8月末(8月28日が本試験)までです。

 決して、ブログを辞めるわけではないので誤解なく(苦笑)。

 ただでさえ残り時間が限られているので、

 本気で取り組んでみたいのです。

 早速、「ひとり会議」の成果が出ました(笑)。

 明日が、ひとまず休止前の最後の更新とします♪

◆さて、昨日は「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 今その場を楽しむことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、子供同士が初対面でも

 すぐに仲良くなれるための4つ目の原因をお伝えします。

 ≪すぐに仲良くなれる原因・4≫

 【距離感が近い】

 ・

 子供同士が初対面で会った際に、

 思いのほか早く距離が近づくことに驚かされます。

 概ねですが、実際の距離と心の距離は比例しています。

 遊んでいる間の距離が近いと、

 心理的にも警戒心が薄れていることになります。

◆社会心理学には、

 「パーソナル・スペース」

 という用語があります。

 もちろん、子供たちがこれを意識しているわけはありません。

 ですが、

 子供ながらにも多少の心理要素は影響しているはずです。

◆パーソナル・スペースには、

 4つの距離帯が設定されています。

  1.密接距離〔0cm~45cm〕

  ⇒ 身体に容易に触れることができる距離。

  ・

  2.固体距離〔45cm~120cm〕

  ⇒ 二人が共に手を伸ばせば相手に届く距離。

  ・

  3.社会距離〔120cm~350cm〕

  ⇒ 身体に触れることはできない距離。

  ・

  4.公衆距離〔350cm~〕

  ⇒ 公式な場での対面にとられる距離。

◆通常、初対面の大人同士の間柄では、

 「社会距離」程度の距離がとられることが多いです。

 なぜなら、

 あまり親しくない相手に、パーソナル・スペースに踏み込まれると、

 人は不快感情を抱くからです。

 例えば、

 エレベーターに乗り合わせた時や電車に乗った時に、

 45cm半径に入られると、微妙に気まずいですよね(苦笑)。

 あれは、このパーソナル・スペースが影響しているのです。

◆子供は、あっという間にこの45cm以内の密接距離に踏み込みます。

 全く悪気はありません。

 一気に踏み込んでしまうので、気にしてないんでしょうね。

 なかなか大人ではできない芸当です☆

 ・

 ただ、

 この【距離感を縮める】というのは、

 打ち解けるのにすごく効果的な方法です。

 そのため、社会距離よりは固体距離、

 固体距離よりや密接距離に踏み込んでいくことを、

 仲良くなるための戦略として狙っていくのです!

◆出会った時のシチュエーションにもよりますが、

 テーブルの上で何かをとるタイミング、

 名刺交換をするタイミング、

 プレゼンで相手に質問をするタイミング、

 など、偶然や無意識を装って一瞬手や体を近づきます。

 そのように、

 実際の距離感を縮めることで、相手との心理的距離も、

 自然に近づけることが可能になるのです。

 子供ほどではありませんが(笑)、

 無邪気に相手の懐に飛び込んでしまうのも一つの手でしょうね。

 これが第4の秘訣です。

 ・

 明日は第5の秘訣をお伝えします♪

◆今日は、「時間をかけず親しくなるコツ」というテーマで、

 やや強引に距離を縮めることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第21位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆仕事のスタンスは、“スッポン”と“竜巻”☆

◆「ワンピース」の最新巻(62巻)が発売されました!

ワンピース 62巻 単品販売 ワンピース 62巻 単品販売
販売元:コミックまとめ買いネットヤフー店
コミックまとめ買いネットヤフー店で詳細を確認する

 いや~ぁ………今回のシリーズも長編になりそうな予感です。

 でも、面白い展開ですね。

 というか、最近キャラクターが多いので、

 何かとはぐれたり、全員を描かないような流れになってる気がしますけどね(笑)。

◆「ワンピース」って、話の流れの中ではやっと後半突入です。

 本当に、あと50巻くらい続くのでしょうか(汗)。

 ただ、作者の設定は思いのほか綿密に作り込まれているようで、

 初期のキャラクターがいまだに時折登場し、

 かなり重要な役割を担っていきます☆

 ということは、本当にあと50巻くらい続いちゃうかもしれないですね。

 読者側としては楽しみが続いて嬉しい限りですが☆

◆さて、昨日は「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 3つ目と4つ目の項目についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、5つ目と6つ目の項目についてですね。

 鬼十則も後半戦に入ってきたわけです。

 ワンピースと同じですね(笑)。

 5つ目と6つ目に共通するキーワードとしては、

 【仕事へのスタンス】

 だと思います。

 仕事に対する自分なりのスタンスを確立しておくことが、

 仕事へのブレを防ぐことは間違いありません。

◆その5

 【取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。】

 ・

 正直、ちょっといき過ぎな表現かなとも感じます(笑)。

 ただ、仕事に対する執着心というか、こだわりというか、

 そういった類のものがなさ過ぎるのはプロとしてどうかと思うので、

 固執一歩手前くらいがベストかなと、個人的には感じています。

◆例えば、

 プロ野球界の工藤投手は、

 自分が納得するまで現役を続けると言われているのを聞いたことがあります。

 また、プロサッカー界では、

 ご存知の通りカズ選手はいまだに現役バリバリですよね。

 おそらく、まだ彼らの目的は果たされていないのだと思います。

 だからこそ、

 現役にこだわり続けて、今もなお自分自身を鍛えているのでしょう。

◆仕事に対する取り組み方も、

 ‘執着心’や‘こだわり’がなくなったら、自分がやる意味がなくなります。

 それこそ、ロボットでも同じです。

 色々なしがらみや圧力がかかって、あきらめそうになったとしても、

 目的が完遂するまでは決して離さない姿勢。

 まるで、スッポンが一度噛みついたら離さないと言われているように。

 (実際は、水につけると離すようですが(笑))

 それくらい強い信念を持って仕事に取り組めば、

 周りや相手方にもきっと情熱は伝わります☆

◆逆に言えば、

 ‘どうでもいいや’と思ってしまう仕事であれば、

 それはきっと自分にとって難易度が低かったり、小さい仕事なのではないでしょうか。

 そのような仕事は鬼十則、その3とその4に照らしても、

 仕事の選択ミスだと気付くタイミングとなりますね。

◆その6

 【周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、

  永い間に天地のひらきができる。】

 ・

 あなたは、周囲を振り回すタイプでしょうか?

 それとも、振り回されるタイプでしょうか?

 これも極論で、あまりにも自分のやり方にこだわり過ぎるあまり、

 また、極端に偏った考えで仕事に取り組むことで、

 毎回、毎回周囲を振り回してしまうというのでは、やり過ぎです。

 ただ、

 どちらのタイプが仕事に対する軸がしっかりしているかと言えば、

 断然前者であると言わざるをえません。

◆周囲を振り回すのには理由があります。

 その理由は、

 自分の仕事へのスタンスがしっかりしているからです。

 だからこそ、そのスタンスにそぐわない方向で進んでいる場合は、

 自分のスタンスに近づくように周囲に働きかけますし、

 場合によっては、多少強引にでも意見を主張するのです。

 仮に、自分のスタンスが定まっていなかったら、

 何もこだわる部分がありませんので、周囲を振り回すことはないはずです。

◆一般的には、周囲を振り回すのはよろしくないと思われがちですが、

 経営の神様でパナソニックの創業者と言われる松下幸之助さんにしろ、

 KDDIの創業者である稲森和夫さんにしろ、

 ソニーの創業者である井深大さんや盛田昭夫さんにしろ、

 最近で言えば、ソフトバンクの創業者である孫正義さんにしろ、

 強力なリーダーシップを持ったリーダーは、

 例外なく周囲をこれでもかというくらい振り回しています。

 あたかも竜巻のように、

 周囲のものを巻き込みまくって、ひたすら直進していくのです!

 それでも、

 そのパワーと信念があったからこそ、企業が成長したことは間違いありません。

◆それが一つの仕事でも同じです。

 周囲に振り回されるよりも、振り回す側に回る。

 また、それが認められるほど、自分に実力をつける(←ココが肝!!)。

 そんなスタンス確立を目指していくべきではないでしょうか。

 ・

 明日に続けます♪

◆今日は、「電通鬼十則に学ぶ」というテーマで、

 5つ目と6つ目の項目についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第28位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆『プラチナデータ』(東野圭吾)感想&理屈だけじゃねぇ!正しいだけじゃダメ!マネジメント☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:プラチナデータ(東野圭吾)】

【送料無料】プラチナデータ 【送料無料】プラチナデータ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 ・

 〔あらすじ〕

 「日本の警察ではDNA捜査システムが導入され、

 わずかな痕跡から犯罪者が特定されるようになった。

 国民には、DNA情報の登録が促され、

 犯罪の検挙率は向上し、抑制にもつながっていった。

 しかし、データ上では見つからない

 『NOT FOUND』というケースが散見されるようになった。

 そんな時に、DNA捜査システムの開発者が………。」

◆ここ最近、

 東野圭吾さんの新作(『白銀ジャック』『カッコウの卵は誰のもの』等)を

 いくつか読んできましたが、

 この作品は久々に先の展開が読めず、面白かったですね!

 最後まで飽きることなく読むことができました。

 名作………というところまではいかないですが、

 十分に楽しめて、満足感の得られる作品だと思います。

◆おそらくですが……

 この作品は、近い将来に映像化されると思います。

 映画もしくはドラマですが、展開としてはドラマの方が良いかもしれませんね。

 映画だと詰めこみ過ぎになってしまうような感じがしますので。

 そんな予想をして、本を閉じました♪

◆さて、昨日は「人間関係マネジメント」というテーマで、

 キャラ設定を活用し、ステータスを手に入れることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆マネジメントを形成する3つの要素として、

 「道具」「機能」「機関」についてお伝えしました。

 私なりの解釈を(かなり)交えて、

 ポイントをお伝えしてきたつもりです☆

◆今日は一見すると、それを根底から覆してしまうようなことを

 書いてしまうかもしれません(苦笑)。

 でも、昨日までお伝えしてきたことと、

 今日お伝えすることは矛盾するわけではありません。

 ただ、

 昨日までお伝えした内容だけでは、

 人間関係をマネジメントしていく上で十分ではないため、

 今日の内容で補完してもらえればと考えています!

◆今日お伝えすることの主旨を簡単にお伝えすると、

 ・

 【マネジメントは、「理論」や「正しさ」だけでは成立しない】

 ・

 ということです。

 要は、教科書どおりのことだけをやっていたのでは、

 なかなか思いどおりのマネジメントを行うのは難しいということです。

 なぜか?

 それは、マネジメントには欠けてはいけない大切な要素があるからです☆

 その要素とは何だと思いますか?

 あなたがマネジメントをする立場(マネージャー的立場)にある場合、

 果たして何を重視するでしょうか?

◆マネジメントするうえで忘れてはいけない要素。

 それは

 「共鳴」

 です。

 ただ、出会いの枠を広げるだけ、

 消極的・積極的選択をするだけ、

 メールを有効に活用するだけ、

 スキルを身につけるだけ、

 ポジション取りやキャラ設定をするだけ………

 では、あくまでもマネジメントがしやすくなるだけです。

◆実際に人間関係のマネジメントをするためには、

 「共鳴」が欠かせません。

 例えば、

 自分一人のことだけを考え、

 部下の考えていることを全く把握していない上司は、

 部下のことをマネジメントできていると言えるでしょうか?

 答えは「NO」ですよね。

 マネジメントしていきたいと思うのであれば、

 自分だけのことを考えているのでは成り立ちません。

 出世第一の上司に部下がついていかないのは当然です☆

◆周りの想いを感じて、くむことができ、

 また自分から周りに想いを伝染させていくことができてこそ、

 初めてマネジメントが実現できるのです。

 人間関係の構築においても、

 人間関係を構築する相手の想いに「共鳴」してこそ、

 相手とのパイプラインができていくのではないでしょうか。

 大切なのは「共鳴」です♪

◆今日は、「人間関係マネジメント」というテーマで、

 マネジメントには「共鳴」が欠かせないことについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第17位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ポールポジションが必ずしも良いとは限らない☆

◆図書館で、東野圭吾さんの『プラチナデータ』を借りてしまいました☆

 まだ前半戦ですが、東野さんらしいストーリーになっています。

 ついつい、読み進めてしまうこの感覚。

 早めに読み切って勉強しないと、ホントにまずいです………。

 面白過ぎる東野作品が憎い(笑)♪

◆今日は、「人間関係マネジメント」というテーマで、

 スキルは組み合わせて市場価値を高めることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、人間関係マネジメントの中の「機関」の話です。

 「機関」というとすごく抽象的な表現に感じますが、

 人間で言えば、自分自身をどんな存在としてとらえるかだと思います。

 ‘自分って、こんな特徴があるから、こういう風にあった方がいいよね。’

 というくらいのイメージで十分ではないでしょうか。

 ・

 「機関」の話でお伝えする点は、主に2つです。

 1つはポジション取りの話。

 もう1つはステータスの話。

 今日は、ポジション取りの話をお伝えしていきますね!

◆ポジション取りと聞くと、

 私はついついスポーツを思い浮かべてしまいます。

 サッカーのフォーメーションやバスケットのリバウンド争い等です。

 あと、F1の“ポールポジション”という言葉もすぐに連想されます。

 “ポールポジション”とは、

 「モータースポーツにおいて、決勝レースのスタート位置の先頭」

 のことを指します。

 予選の通過タイムが一番速いドライバーがこの位置を獲得することとされており、

 モータースポーツにおいては、基本的にはこの位置がベストとされています。

◆人間関係で言えば、

 先頭に立って異業種交流会を開催したり、

 コミュニティーの中心になって人脈を開拓しまくったりしているような

 ポジションのイメージでしょうか☆

 確かに、それだけ人脈は拡大できますし、

 うまくいけば様々な縁に巡りあえる可能性を秘めています。

◆しかし、

 人間関係はモータースポーツではないので、

 必ずしもポールポジションが良いとは限らないのではないでしょうか。

 人によっては、常に先頭を走っているのは疲れてしまうので、

 自分のペースで走っている方が良いという人もいるでしょう。

 また、基本的にはレースの後方から、

 全体を見渡せるポジションにいるのが良いという方もいるはずです。

 したがって、

 ポジション取りは自分の気質や性格に合わせることが大切です♪

◆人間関マネジメントの「組織」におけるポジションタイプは、

 主に3つでしょうか。

 ・

  ◎タイプ1:能動タイプ

  ・

  ◎タイプ2:中間タイプ

  ・

  ◎タイプ3:受動タイプ

 ・

 自分はどのタイプが合っているか照らし合わせながら、

 読み進めていただければ幸いです。

◆タイプ1は、

 「イケイケガンガンタイプ」

 ですね☆

 とにかくポールポジションを獲得し、

 輪の中心になってできる限り多くの人と知り合いになるタイプです。

 このタイプのメリットは、とにかく多くの人と知り合いになれることです。

 ただ、その分負荷がかかり、面倒になってしまうこともあるかもしれません。

 バイタリティー溢れる人にとっては良いですね。

◆タイプ2は、

 「バランスタイプ」

 ですね。

 このタイプはその場や雰囲気に応じて、

 臨機応変に対応することができるタイプです。

 接する人によって役割を変えることができる器用な人向けですね。

 ただ、流されやすく、自分の核がなかなかできないというマイナスもあります。

 人脈をつないだり、つながれたり、ハブ的な存在として重宝はされますね。

◆最後のタイプ3は、

 「じっくり待ちタイプ」

 です。

 基本的に、このタイプは自分から率先して距離を縮めようとは考えていません。

 したがって、相手からのアプローチを待っているので、

 最初からある程度絞った人間関係を作ることができます。

 自分のスキルや強みに自信があるとできますね。

 人脈もつながれることがほとんどです。

 ただ、周囲から見て何も魅力を感じない場合は、

 人脈がほとんど広がらないまま時間が経過してしまうこともあるので、注意です。

◆どのタイプも一長一短があります。

 大切なことは、自分の気質や性格を見極めて、

 自分に合ったタイプをあえて選択することにあります。

 ポジション取りを間違うと、

 『労多くして、功少なし』になる可能性もあります。

 そこは、しっかり自らの適性に沿った「機能」を付加することが、

 長期的な人間関係構築につながっていくことになります☆

 ・

 明日は、引き続きステータスに突入しますね。

 合わせ技一本を狙っています♪

◆今日は、「人間関係マネジメント」というテーマで、

 自分に合ったポジション取りを行うことについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第26位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「機能」の需要と供給を知る☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:純平、考え直せ(奥田英朗)】

純平、考え直せ 純平、考え直せ
販売元:買う市ブックス
買う市ブックスで詳細を確認する

 〔あらすじ〕

 「歌舞伎町をテリトリーとする早田組でやくざの盃を交わした純平は、

 誰にも頼ったり、頼られたりすることなく生きてきた。

 そんな純平に、親分から一つの命令が言い渡された。

 それは、鉄砲玉として対立している組の若頭を殺すこと。

 しかし、ひょんなことからネット上に

 純平が人を殺そうとしていることが流れてしまい……。」

◆奥田英朗さんの作品は、

 ユーモアがある作品が多く、楽しんで読むことができていました☆

 その延長線上でこの作品を読んでみると、

 ちょっと違うかなと。

 現代で実際に起こってもおかしくないような出来事を、

 現実とは一線を画した書きぶりで描いています。

◆図書館に予約して借りたので、

 こんな時期なのに読んでしまいました。

 ふと見ると、次は『プラチナデータ』の予約が取れています……。

 また借りたら読んでしまうわなぁ(苦笑)♪

◆さて、昨日は「人間関係マネジメント」というテーマで、

 会えるのであれば、会う方が良いことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆マネジメントの3つの要素である

 「道具」「機能」「機関」についてお伝えしていますが、

 かなり「道具」で時間を使ってしまいました(反省)。

 メールについては、

 普段から感じていることが多く、

 それを言葉で落としていくと、意外と切れませんでした。

 今日からは、次の要素に入っていきます☆

◆次の要素は、「機能」です。

 組織で言えば、狭く考えれば自社の商品や強みといったものでしょうか。

 広く考えれば、

 組織が果たす役割全般のようなものも含まれるかもしれません。

 (ここら辺は、まだまだ勉強不足のため、ドラッカーを読みこみたいですね。)

 ・

 人間で言えば、

 その人の能力や提供できることにあたるのが「機能」です。

 この「機能」があるからこそ、

 人は人を求め、求められ、互いに需要と供給を満たしているのです♪

◆仮に、

 人への配慮は全くなく、仕事は真面目にしない、

 周囲へ協力することもなければ、とりたてて得意なこともない。

 頼まれごとには応えることもなく、

 口をつけば文句ばかりであることはもちろん、

 人脈もお金も地位も優しさも気遣いも向上心もない人がいたとすれば、

 その人は周囲から求められるでしょうか?

 (どんだけないんだよって話ですが、私の周りに1人だけいます(苦笑))

 おそらく、

 その人を求めることはおろか、

 必要以上に近づくことすらしないのではないでしょうか。

 ほぼ、人間関係は皆無と言っても過言ではありません。

 マネジメント云々って話以前の問題ですよね☆

◆これは、

 その人が周囲の需要に対する「機能」を全く有していないからです。

 「機能」と言っても、何か特別なことだけを指すのではありません!

 例えば、

  ◎人の話をしっかり聴くことができる

  ◎わけへだてなく、気持ちよい挨拶ができる

  ◎ワード、エクセル等の作業が得意

  ◎頼まれたことは断ることなく、期日までに確実に仕上げる

  ◎とにかく優しい

  ◎声が大きく、明るい

  ◎人が喜ぶことにお金を使える

  ◎出世していて、権力がある

  ◎マメ

  ◎幅広い人脈を持っている

 等々、人から求められるものであれば、

 それらは立派な「機能」となります。

◆ただ、

 “ブーメランを投げるのが上手い”という「機能」よりも

 “出世していて権力がある”という「機能」の方が、

 より人から求められていると思いませんか?

 (アフリカでは、逆かもしれませんが(笑))

 それは、

 「機能」にも需要と供給があるからです。

 ・

 長くなりそうなので、明日に続けます♪

◆今日は、「人間関係マネジメント」というテーマで、

 機能にも需要と供給があることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第27位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆マネジメントは、「道具」「機能」「機関」☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:交換殺人には向かない夜(東川篤哉)】

交換殺人には向かない夜 (光文社文庫) 交換殺人には向かない夜 (光文社文庫)

著者:東川 篤哉
販売元:光文社
発売日:2010/09/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 〔あらすじ〕

 「鵜飼探偵のもとを訪れた1件の浮気調査。

 また、その探偵の弟子のもとを訪れたカメラの調達依頼。

 全く別の2つの依頼が、ある交換殺人を通じて結びつく……。」

◆本屋大賞を受賞され、

 ノリノリ(であろう…)東川篤哉さんの著書です☆

 東川さんをよく読んでいる方の中では、

 けっこう面白い作品ということで通っているようです。

 が……正直、私には合わなかった感があります。

 ミステリーというよりは、ギャグ小説という印象。

 ひたすらユーモアを追求した方がよいのでは?

 とも思いましたが、ユーモアミステリーという新ジャンルの開拓という意味では、

 著者はすごくこだわっているのかもしれません。

◆決して面白くないわけではないです。

 私も著者の狙い通り、ある伏線にずっと騙されましたし(笑)。

 ただ、この著者の他の作品を読み漁りたいとは思いませんでした。

 せいぜい次は、本屋大賞をとった

 『謎解きはディナーのあとで』

 くらいかなと。

 東川篤哉さん……卒業です(笑)♪

◆さて、昨日は「人間関係マネジメント」というテーマで、

 「積極的」選択についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日までで、

 出会ってから人間関係を広げるまでの、

 受動的な場面での「消極的」選択と

 能動的な場面での「積極的」選択についてお伝えしました。

 この選択がしっかりできれば、

 自分のことを求めてくれる人との人間関係を構築しつつ、

 自分が求める人との人間関係も深めるきっかけがつかめるはずです。

◆そこで、今度はできあがってきた人間関係を、

 どのようにマネジメントしていくかというステップに入っていきます。

 ドラッカーの提唱するマネジメントの中では、

 「道具」「機能」「機関」という3つのキーワードが登場します☆

 私の人間関係マネジメントの中でも、

 この3つのキーワードを使って、お伝えしていくことにします♪

◆まず、概略的な内容となりますが、

 「道具」というのは、その名の通りツールを指します。

 何もツールを使わずに、

 人間関係をマネジメントしていくこともできないことはないのでしょうが、

 かなり高度なテクニックが必要であることに加え、

 時間対効果がよくありません。

 やはり、せっかく様々なツールが自由に使えるのですから、

 それらを駆使していくのが賢い方法と言えます。

 どんなツールを使うのが良いかは、

 個人の特性によるところもありますが、

 その選び方も含めて、お伝えできればと思います。

◆次に「機能」ですが、

 これは人間関係マネジメントにおける肝となります!

 人ととしてどのような「機能」を有していて、

 それをどのように活用していくのか。

 また、どのようにアピールしていくのかという部分が重要です☆

 ・

 自分の有する「機能」を活用することによって、

 人間関係を広くも狭くも、深くも狭くもできることは間違いありません。

 加えて、まだ有していないのであれば、

 今後どのような意図を持って、どんな「機能」を付加していけばよいのか、

 この戦略を練っておくことは、マネジメントの上で非常に意味があります。

 そんな部分をお伝えできればと思います。

◆そして「機関」ですが、

 人間関係マネジメントで言えば、

 ポジションと言い換えることができるかもしれません。

 自分が人間関係を構築していくうえで、

 どのようなポジションに立っていくのが最善なのか。

 そのポジションにいることで、

 周りにどんな影響を与えることができ、

 自分もどんなメリットを享受できるのか。

 そんな部分が核になるかと思います。

 意識的にせよ、無意識的にせよ、

 人間であれば誰でも自分のポジションを作ってるんですけどね。

 それをあえて書いてみるという試みです☆

◆このような形で明日からお伝えできればと思います。

 明日に続けます♪

◆今日は、「人間関係マネジメント」というテーマで、

 マネジメントの3要素についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第49位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「良い」出会い、「悪い」出会いなんて………言い訳☆

◆昨日は、「社労士」試験に向けて、

 独学するための参考書を買ってきました!

 参考書と言っても、過去問題集です。

 (1)労基・安衛

IDE社労士塾条文順過去問題集(1)労基・安衛(2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(1)労基・安衛(2011年度版)

販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 (2)労災・雇用

(2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(2)労災・雇用 (2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(2)労災・雇用

販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 (3)徴収・労一

(2011年度版)IDE社労士塾条文順過去問題集(3)徴収・労一 (2011年度版)IDE社労士塾条文順過去問題集(3)徴収・労一

著者:IDE社労士塾
販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 (4)健保・社一

(2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(4)健保・社一 (2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(4)健保・社一

販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 (5)国年・厚年

(2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(5)国年・厚年 (2011年度版) IDE社労士塾条文順過去問題集(5)国年・厚年

販売元:IDE社労士塾
Amazon.co.jpで詳細を確認する

◆丸の内OAZO内の丸善で5冊まとめて買ってきました。

 買ってやった気にならないように注意が必要です(笑)。

 というわけで、

 毎週の図書館通いも、ここで一旦ストップです。

 他の本を読む暇があれば、

 過去問をバシバシ解いて、体で覚えさせる必要があるので☆

 まだ、専門用語に全然慣れません………(泣)。

 このブログでの本の紹介も、ひとまず休止になりますし、

 更新の内容も簡略化する日も出てくるはずです。

 その時は、きっと勉強に集中してますので、ご了承くださいね。

◆8月の試験まで、実質あと4カ月。

 遊んでる暇はマジでなさそうです。

 やります!!

◆さて、昨日は「人間関係マネジメント」というテーマで、

 出会いの枠を広げることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、まず人間関係を構築するうえでの大前提となる

 「出会い」についての提言をさせていただきました。

 ・

 【先入観を持たずに、枠が広げられる分には広げるにこしたことはない】

 という提言でした。

 もう少しだけ、この「出会い」について補足いたします☆

◆人と出会った際に、

 その容姿、雰囲気、表情、声などから、

 どうしても先入観を抱いてしまいがちです。

 (直感からくるものなので、けっこう当たるんですけどね。)

 この先入観にあまりにも縛られ過ぎると、

 せっかくの出会いにもかかわらず、

 それ以上発展することはありません。

 つまり、

 出会っているようで、出会っていないのと同じなのです。

◆あなたにもこのような経験はないでしょうか?

 人から友達を紹介されたり、

 パーティーなどの場で知りあったり、

 仕事を通じて面識を持ったのにもかかわらず、

 ‘なんか、自分とは合わないんじゃないかなぁ……’

 と思って、出会っていないことにしたパターン。

 きっと、ありますよね(苦笑)。

 でも、それをあまりにも極端に繰り返してしまうと、

 同じような人としか出会えません。

 それは、あまりにももったいないのです。

◆最初は

 ‘合わないかも……’

 と思ってしまった人でも、意外と話してみると気が合ったってこともあります☆

 したがって、

 先入観を感じておくことは大切ですが、

 それにあまりに固執しないことです。

◆よく

 「良い」出会い、「悪い」出会いという表現がありますが、

 これは実は言い訳にしか過ぎません。

 なぜなら、

 出会いに良いも悪いもないからです。

 出会いは、出会いです。

◆おそらく、

 自分にとってメリットのある出会いが良いとされ、

 デメリットのある出会いが悪いとされるのではないでしょうか。

 でも、

 それは出会い自身には何の関係もありません。

 その後の人間関係においての付き合い方が、

 メリットやデメリットを生むわけです。

 出会った時点ではメリットもデメリットもありませんからね☆

◆したがって、

 自分が今まで行ったことのないイベントや、

 参加したことのないコミュニティーなど、

 自分の周囲にはいないタイプの方々と出会える可能性のある場所に、

 先入観を抱かずに積極的に顔を出すことで、

 新しい出会い自体を増やすことが大切です。

 出会いの枠を広げれば広げるほど、

 自分にって刺激的な出会いや、後につながる出会いも増えるのですから。

 ・

 出会いは人間関係の総枠を広げるためのツールとして、

 どんどんチャレンジしていきましょうね♪

◆今日は、「人間関係マネジメント」というテーマで、

 出会いの枠を広げることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、30代サラリーマンカテゴリー第21位奮闘中!≫

 ここからどこまで上がっていけるか!?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆人間の「燃焼系3タイプ分類」☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:無意識はいつも君に語りかける(須藤元気)】

無意識はいつも君に語りかける (マガジンハウス文庫) 無意識はいつも君に語りかける (マガジンハウス文庫)

著者:須藤 元気
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 〔著書の肝〕

 著書の肝として、ピッタリくるものがないのですが、

 逆に言うと、それらしい言葉がたくさんあります。

 なので、それらをいくつかピックアップしてみます。

 「幸福のポイントは、意識ないの会話をやめること。

 それがすべての鍵である。」

 「僕らはこの世界を眺めているにすぎない。」

 「難しいと考えた瞬間、それは本当に難しくなる。」

 「何が真実で、何が真実でないのかは、

 その人のストーリーであり、ひとつの解釈にすぎない。」

◆著者は元格闘家で、その独特のファイティングスタイルが、

 私は個人的には好きでした。

 著者が格闘技を引退し、他ジャンルのテレビで見ていたところだったのですが、

 この本を読んで執筆業を多くこなされていることを知りました。

 すごく勉強されていることはヒシヒシと感じる1冊です☆

◆ただ、けっこう抽象的な話が多いので、

 初めてこの手の本を読む方には向かないかもしれません。

 ‘何言ってんだ!?’

 で終わる可能性も大です(笑)。

 私は嫌いじゃないんですけどね。

 エッセイとか書いたら、読んでみたいと思いましたね♪

◆さて、昨日は「愚直さの見直し」というテーマで、

 「愚直」でいると自分の目標に真っ直ぐになれることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆人間のタイプの分類は、

 その切り口によっていくつも分かれてきます。

 例えば、

  ◎社交的・内向的

  ◎目標重視型・プロセス重視型

  ◎お金派・地位派・人脈派・生活派

  ◎挑戦タイプ・保守タイプ

  ◎浅く広く型・深く狭く型

 などなど、色々な切り口があります☆

◆今回はその切り口の1つとして、

 「燃焼系」

 での3タイプの分類についてお伝えしようと思います。

 比較的有名なので、

 既にご存知の方も多いかと思います。

 そこで、この3タイプの差がどこから生じるのかについて、

 私の独断と偏見による(笑)解釈も含めてお伝えしていきます。

 名付けて、

 「燃焼系3タイプ分類」

 です。

 ………そのままですね(汗)。

◆人は“燃え方”によって、3つのタイプに分類されます。

 いきなり“燃え方”と言ってもピンとこないかもしれませんが、

 何かに夢中になる・熱中する、とか

 一生懸命にがんばる・精一杯取り組む、

 というようなイメージでとらえていただければ、

 大きくズレることはないはずです。

 「あいつ、最近燃えてんなぁ。」

 みたいな使い方そのものですね。

 あなたは、どんな時に燃えるでしょうか?

◆まず、3タイプの分類から先にお伝えしてしまいます。

  ・

  1.【自燃型】

  ・

  2.【他燃型、可燃型】

  ・

  3.【不燃型】

  ・

 です。

 この文字を見ただけでも、

 だいたいの想像はつくかもしれませんね。

◆「自燃型」は、文字通り自ら燃えるものを見つけ、

 自分で勝手に取り組んでいくタイプです。

 おそらく、起業家の方々は、

 全てこの「自燃型」に分類されると思われます。

 ・

 次に「他燃型、可燃型」は、燃やせば燃えるタイプです。

 「一緒にやろう!」と誘われたり、

 「これをこうしておいてくれ。」と頼まれたりすることをきっかけに、

 燃えるタイプです。

 周りの熱い人物の影響を受けて何かを始めたりするタイプですね。

 意外と日本人には多いかもしれません。

 ・

 最後に「不燃型」です。

 これも文字通りですが、火がつきません(苦笑)。

 自分から何かを始めるということがないタイプですね。

 クールという表現が適切なのかはわかりませんが、

 全てを遠巻きに眺めて、冷めているようなイメージです。

◆さて、あなたはどのタイプでしょうか?

 どのタイプだから悪いというわけではありません。

 ただ、タイプによって、

 行動の仕方も、行動量も、行動の質も変わってくるので、

 当然そこから生み出される成果に差があるのは当然です☆

 自分がどんなタイプであるのか客観的に見て、

 どんなタイプになりたいのか、少し考えてみるのもよいかもしれません。

 タイプを変えることは、そんなに難しいことではないはずなので。

 ・

 明日に続けます♪

◆今日は、「燃焼系3タイプ分類」というテーマで、

 人間には「自燃型」・「他燃型」・「不燃型」があることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆タイム・イズ・マネー☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:あなたは絶対!守られている(浅見帆帆子)】

あなたは絶対!守られている あなたは絶対!守られている

著者:浅見 帆帆子
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 〔著書の肝〕

 「タイミングの良いラッキーなことが続いて生活が変わってくるのは、

  自分の精神レベルを上げてきたからこそ起こっていることなので、

  もちろん自分の意識のパワーですが、それだけではなくて、

  わたしたちを守ってくれている「プラスアルファの力」があるからだと思います。」

◆浅見さんの著書は、

 『あなたは絶対!運がいい』を読んだのが初めてでした。

 この本は、それに次ぐ2冊目だったようです。

 平易な語り口とそれでいて強い確信を含む独自の切り口で、

 一見するとスピリチュアルな世界を解説してくれる作品です。

 実は、私も今でこそよく使っている「シンクロニシティ」という言葉も、

 浅見さんの著書で初めて知りました。

 知っておいてすごく良かったと感じる言葉です。

◆今回の著書で語る「プラスアルファの力」というのは、

 斎藤一人さんや小林正観さんで言えば「神様」ですし、

 船井幸雄さんで言えば「宇宙」ですし、

 本田健さんで言えば「サムシング・グレート」なんだと思います。

 表現こそ違えど、成幸者は何か見えない力に後押しされていると

 感じている方が非常に多いようです。

 私たちもその見えない力を味方につけて、

 明るく、楽しい毎日を過ごしていきたいものですね♪

◆さて、昨日は「恋愛下手な女性の共通点」というテーマで、

 おごられ上手の「おごられ作法」についてお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆よくこのブログでも「時間」が大切ということは、

 何度も繰り返しお伝えしています。

 『タイム・イズ・マネー』

 とは、無駄遣いのイメージとリンクしやすく、

 わかりやすいのでお金に例えていることわざだと思いますが、

 本当に時間は無駄にしやすいものです☆

 絶えず流れていきますからね。

◆社会人の方であれば、

 最も多くの時間を費やすものが仕事でしょう。

 1日8時間仕事をすると考えても、

 平日の約3分の1は仕事に使っているということになります。

 これに残業や付き合いを考慮すれば、

 1日の半分を仕事に………なんてケースも珍しくありません。

 ・

 ただ、裏を返せば、

 仕事を短時間で切り上げることができれば、

 それだけ自分の時間は増えることになり、

 有効利用が可能ということになります。

 浮いた時間を自分が使いたいものい使えるというわけです。

 そこで、今回のテーマとしては、

 “仕事をいかに素早くこなすか”、“時間を節約するか”、

 にピンポイントで焦点を当て、お伝えしてみます!

 できるだけ汎用的に通じる形で書きたいですね♪

◆「素早く仕事をこなす3つのコツ」

 として、3つのコツをお伝えします。

 おそらく、何かの受け売りに、

 私の解釈とプラスアルファをしたものです(笑)。

 でも、ある程度広く応用がきくはずです。

◆では早速、1つ目のコツをお伝えしますね。

 1つ目のコツは、

 ・

 【細切れのタイムリミットを設けて、それを順守する】

 ・

 ことです。

 キーワードは「細切れ」と「タイムリミット」、それに「遵守」です。

◆まず、仕事に取りかかる前に、

 ‘この仕事については、これだけの時間で終わらせることができればよいな’

 という目標を決めます!

 この時点では仕事の全体像を俯瞰して見ておきます。

 この作業はけっこう多くの方がやるのですが、

 なかなかその通りに仕事を終わらすことができません。

 なぜか?

 マイルストーンがないからです!

◆マイルストーンとは、

 「仕事を進めていくうえでの、チェックポイントや節目のこと」

 を指します。

 つまり、

 仕事のゴールにたどり着くまでの途中経過が

 確認できるようにしておくことが望ましいのです。

 これが「細切れ」と「タイムリミット」です。

 具体的には、

 3日後までにプレゼンができる状態にしておくことがゴールであれば、

 2日後までに資料作成が完成していること、

 1日後までに資料作成のための材料が集められていること、

 がそのマイルストーンになります☆

◆仮にこのマイルストーンがない場合にどのようなことが起きるのか?

 途中でのチェックがありませんから、

 材料収集にこだわって時間をかけてしまったり、

 資料作成を完璧にしようと時間をかけてしまったりして、

 最初に設定した最初の目標時間をオーバーしてしまうことが多々あります。

 仮に途中でチェックできていたとすれば、

 納得がいかなくてもある程度のところで切り上げたり、

 まずは形にしてから精度を高めるようなやり方を選択したり、

 ゴールを達成するための調整が可能になるのです♪

◆そして、このマイルストーンはあくまでも途中経過であるため、

 「厳守」である必要はありません。

 あくまでも「順守」です。

 なぜなら、

 そこを「厳守」にしてしまうと、縛られ過ぎるからです。

 仕事には不測の事態も起こります。

 上司の指示が変わり、思ったように仕事を進められないこともあります。

 その中で、

 ゴールを見失わずに仕事を進めていくためには、

 ある程度のバッファ(振り幅)も必要なのです☆

 したがって、

 【細切れのタイムリミットを設けて、それを順守する】

 というのが、最初の目標をクリアーするのに、

 最も適したやり方と考えています。

 結果的に、仕事を素早くこなすことにもつながります!

 ・

 明日に続けます♪

◆今日は、「素早く仕事をこなす3つのコツ」というテーマで、

 マイルストーンを順守することについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“イライラの引き金”にストッパーを!☆

◆私は、以前から自分の“夢リスト”の中に、

 「自分で書いた本を出版する」

 というものがあります。

 自分で書いた本を世の中に出せたら、

 自信にもなるでしょうし、それで少しでも喜んでもらえる人がいれば、

 何かしら貢献につながるのではないかと考えているからです。

 現実は、お金さえ出せば自費出版という形で本は出せるのですが、

 それとはちょっとイメージが違うんですよね(苦笑)。

◆そこで、今まで自分の中で温めていた

 【漢字プラス思考】

 というテーマで、どうなりこうなり原稿を書き上げました。

 それを基に、ものは経験ということで、

 出版社の方にお話をうかがうことにしました。

 素人の書いた原稿ですからね、当然あまり期待はしていません。

◆昨日は、友人のつてをたどり、

 ある出版社の編集長から直接お話をお聞きしました。

 すごく熱心な説明をしていただき、

 いくつか条件をクリアーしていただければ、

 出版は可能というお返事は頂きました。

 ただ………素人から見ると、この条件がなかなか(笑)。

  1.3,000冊刷って、1,000冊買い取り〔定価の8掛け〕

  2.版権は出版社〔重刷以降しか印税は発生せず〕

 この条件がどんなものか正直わかりません。

 まぁ、実績のない素人ですからね。

 厳しい条件を出されて当然なのでしょう。

 1つの案としてありがたく検討させていただくことにしました。

 自己満足だけになってしまうようなら、辞めようと思います♪

◆さて、昨日は「近しい人間関係の極意」というテーマで、

 ただそこにいることを見つめ直すことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、近しい人(特に家族)との「人間関係の極意」として、

 不平・不満を極力減らす努力してみてさらに、

 爆発するきっかけとなる引き金を引かないようにするための、

 方法をお伝えしていきます。

 ダブルチェックです☆

◆家族と他人になったり、ただそこにいることを見つめ直すことで、

 家族に対しての感謝の気持ちが芽生え、

 不平・不満は減らすことができるはずです。

 ただ、そうは言っても、不平・不満がゼロにするというのは、

 すぐにできることではないかもしれません。

 人間ですから、様々な感情を全く持たないようにするというのは難しいです。

◆そこで、

 仮に多少なりとも不平・不満を抱いてしまっていたとしても、

 それを爆発させなければ、家族とのトラブルは避けることができます。

 爆発への引き金を引いてしまうことによって、

 トラブルにつながってしまうからです。

 この引き金にストッパーをかけましょう!

◆ストッパーのかけ方として、

 2つの方法を提案させていただきます。

 今日はその1つ目です。

 1つ目の方法は、

 ・

 【YouメッセージをIメッセージに変える】

 ・

 ことです。

 聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

◆家族とのトラブル(主に喧嘩でしょうか)の引き金として、

 こんなきっかけが多いのではないでしょうか。

 ・

 「あんたはいつも自分のことばかりで、家のことは何一つやってくれない!」

 「お前が好きなモノを買っちゃうから、家計が苦しいんだよ!」

 「勉強しないから、こんな点数ばかり取るんだろ!」

 「いちいち口うるさいんだよ!」

 ・

 そこまで言わなくてもわかるのにという表現で、

 相手に対してのたまっている不平・不満をぶつけてしまう……。

 売り言葉に買い言葉。

 片方が一方的に悪いというのは珍しく、

 大概はお互いに良い点、ダメな点があります。

 でも、自分のダメな点は棚に上げて、

 相手のダメな点ばかりを主張するので、トラブルが起きてしまうのです☆

◆先ほど例に挙げたきっかけとなるセリフは、

 全て「Youメッセージ」です。

 主体が相手になっているんです。

 相手がこうだから、相手が悪いから、相手がやってくれないから……

 こう言われてしまっては、相手も自分の主張がありますから、

 当然言い返してきます。

 そこでぶつかってしまうパターンが多いのです。

◆では、どうすればよいか?

 メッセージの主体を自分に変えてしまえばよいのです。

 「Iメッセージ」ですね。

 同じことを言われても、自分のダメな点を直接指摘されているわけではないので、

 相手の受けとめ方が変わります。

 例えば先ほどの例で言えば、

 ・

 「自分のことをやりたい気持ちはわかるけど、

  もう少し家のことを手伝ってくれると嬉しいな。」

 「欲しいモノを買う時は、相談してくれると助かるわ。」

 「この点数で悔しいと思うんだったら、勉強した方がよいと私は思うよ。」

 「何にでも口を挟まれると、どうしてもイライラしてしまから、やめてほしい。」

 ・

 どうでしょうか?

 仮に自分が言われた場合の印象が変わりませんか?

◆「Iメッセージ」の主体は自分ですから、

 相手としては否定することができないわけです。

 この方法で、まず第1のストッパーをかけてみましょう。

 明日は第2のストッパーを欠ける方法をお伝えします♪

◆今日は、「近しい人間関係の極意」というテーマで、

 「Youメッセージ」を「Iメッセージ」に変えることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、5年前から様々な講演会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧