育児

☆『世界のお母さん』の話☆

◆勉強の合間をぬって、

 久々に伊坂幸太郎さんの書籍を読みました。

 【今日の1冊:ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)】

ゴールデンスランバー ゴールデンスランバー

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 率直な感想としては、

 ‘それなりに面白かった’

 というところでしょうか。

 快心作という感じもなかったですし、駄作という感じは全くなかったです☆

◆伊坂さんの作品は、その世界観とキャラクターに魅かれます。

 今回も、物語の核となる出来事の背景が

 いまいち明瞭に見えなかったのですが、

 物語自体のテンポと伏線はよかったですね!

 最後はちょっとホロッとさせるシーンもあり。

 映像化すると非常に面白くなる作品かもしれません。

 規模は大きいですけどね(笑)。

 ・

 主人公を堤真一、ヒロインを松泰子、脇を阿部サダヲ、オダギリジョーなんて

 キャストでやったらいいんじゃないかなぁ。

 どうでしょう?

 完全な妄想ですけど何か(笑)。

◆面白いと評判が高い伊坂作品だけに、

 私も快心作にあたるまで読んでみようかと思っています。

 伊坂幸太郎さんの作品は、何がベストですか??

 お好きな方がいれば教えてくださいな♪

◆さて、昨日は「受け取り上手になろう!」というテーマで、

 “受け取り下手”の1つ目のデメリットは、

 セルフイメージの低下であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきますオ♪

◆今日はあらかじめお断りしておきますが、

 今回のテーマの番外編のようなものです☆

 昨日、“受け取り下手”はセルフイメージを低下させてしまうというのは、

 褒め言葉を否定した自分が最も影響をその影響を

 受けてしまうという理由からでした。

 潜在意識(ジーニーちゃん)が素直に受けとめちゃうんですよね!

 内なる会話の影響はすごいですからね。

◆今日は、そこから派生した余談話です。

 あの長者番付第1位を何度も獲得されている

 斎藤一人さんが話していたお話です。

 まぁ、パクリです(笑)。

 ただ、この話を聞いて、その後イチロー選手のエピソードを聞いて、

 褒め言葉を否定することの怖さを確信しました。

 基本的には深イイ話です☆

 語り口調は違いますので、どれくらい深イイ話になるかはわかりませんが、

 少しでも何か気付くきっかけになればいいなと思います。

 興味のある方は、斎藤一人さん関連の書籍を読みあさってくださいな♪

◆日本ではありふれた光景ですが、

 これからお伝えするやりとりはよく見かけられます。

 お互いに子供と手をつないだままの

 お母さん(AさんとBさん)同士の会話です。

 ・

 Aさん:「Bさんとこの○○君は勉強ができてうらやましいわ。

      うちの△△ちゃんなんて、遊んでばっかりだから、全然勉強できないのよ。」

 Bさん:「全然、全然。うちのも大したことないわよ。

      この前なんて、テストひどかったんだから・・・もう全然ダメ。

      Aさんとこの△△ちゃんは、習い事とかして偉いわよね。」

 Aさん:「習ってるっていっても形だけよ。

      英語だって覚えないし、水泳だって上達しないんだから。

      月謝の払い損かも。」

 Bさん:「続いてるだけうらやましいわ。

      うちの○○は、何を習わせてもホント続かないのよねぇ。」

 ・

 こんなやりとりって思い当たることはありませんか?

 昔の自分は○○君だった?

 △△ちゃんの立場だった?

 もしくは、現在進行形で親としてこんなやりとりをしちゃってる!?

 いずれにせよ、そんなに珍しいやりとりではないですよね。

◆これって昨日までにお伝えした私の失敗とよく似ていませんか?

 否定している人と対象が違うだけで、

 内容は全く一緒です。

 褒められている言葉に対しての否定しちゃってますよね。

 フレーズ毎に否定があるくらいです(笑)。

◆では、この否定をもろに影響受けてしまっているのは

 いったい誰でしょうか?

 もう勘のいい方はおわかりですよね。

 そうです、その子供たちが最も強く影響を受けているんです。

 自分が信頼している親が発している言葉です。

 そりゃ~、思っちゃいますよ。

 ‘あぁ、自分はダメなんだ’

 って・・・。

◆だから、日本の子供たちが伸び悩んでいると言われています。

 それに対して、「世界のお母さん」はどうでしょうか??

◆先ほどのお母さん同士の会話を世界に変えてみましょうか。

 ・

 Aさん:「Bさんとこの○○君は勉強ができてうらやましいわ。

      うちの△△ちゃんは、まだ遊びの方に夢中だわ。」

 Bさん:「ありがとう!

      そうね、この前のテストはひどかったけど、

      私に似ず(笑)勉強ができるのよ。

      Aさんとこの△△ちゃんは、習い事とかして偉いわよね。」

 Aさん:「ありがとう!

      おかげさまで好きっていうからやらせてるわ。

      好きこそものの上手なれっていうからね。

      これからに期待ね!」

 Bさん:「うちの○○は、決断が早いから、まだ続くものがないの。

      でも、きっとこれから興味があるものに出会えるはずだわ。」

◆何かイメージ変わりませんか?

 これが「世界のお母さん」の子育てに対する姿勢ということです。

 “長所伸展法”

 という言葉を思い出さずにはいられませんね。

 日本では、大人になるまでに、

 平均して14万回も(!?)親の否定を聞くと言われています。

 かたや、世界では子供は褒められる言葉を聞きます。

 はたして、どちらが伸びていくでしょうか?

 ちょっと考えさせられる話だとは思いませんか??

◆今日は、「受け取り上手になろう!」というテーマで、

 「世界のお母さんの話」をお伝えしました。

 それでは明日も、引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆その“一行”がリポビタン○よりも効く!☆

◆今年の目標は、

 「21年6月30日までに500人、12月31日までに1,000人の方に読者になってもらう!」

 ことです☆

 もし、このブログを読んで少しでも参考になる部分がありましたら、

 友達、知人、同僚、上司、部下、家族、恋人・・・どなたでもかまいませんので、

 あなたが共有したいと感じる方にご紹介いただけないでしょうか?

 あなたの力をお貸しください!

 ご紹介に恥じないブログにしていきますので、よろしくお願いいたします。

◆宅建の勉強に集中してしまっているので、

 なかなか他の本を読んでいませんが、

 職場の隣の先輩が1冊の本を貸してくれました。

 (その先輩も図書館からの借り物だったのですが・・)

 「これ、面白いから読んでみ!」

 って自然な流れで又貸し成立です☆

◆合間合間に読んでいるのですが、

 めちゃくちゃ面白いです!

 先輩が薦めてくるのも十分にわかります。

 【今日の1冊:俺だって子供だ!(宮藤官九郎)】

俺だって子供だ! 俺だって子供だ!

著者:宮藤 官九郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ご存知“クドカン”こと宮藤官九郎さんの育児日記なのですが、

 もう腹抱えて笑ってます。

 子育て経験者であれば間違いなく爆笑だと思うのですが、

 まだ経験していない方でも面白いと思います、マジで。

 参考になるという点で、育児書にも最適(!?)かも。

 いや~、ヒットです!

◆この作品を読んでいて思ったのですが、

 実力で売れた物書きの表現力はすさまじいということ。

 ‘よくこの表現思いつくなぁ(感嘆)。’

 と思ってしまう箇所がバンバン登場します。

 おそらく文章を書くことが本当に好きで、

 ものすごい量の文章を実際に書いてこられた成果のはずです。

 このスキルの1%でも自分に身に付けたいと本気で思いますね。

 “クドカン”・・・やるぅ♪

◆さて、昨日は「モチベーション安定化の術」というテーマで、

 良質なメディアを自分というフルイを使って取捨選択することをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆2回に渡って第1の秘訣

 【メディア活用】

 についてお伝えしました。

 今日は第2の秘訣についてお伝えします。

◆今日は結論から書きます。

 第2の秘訣は、

 【書籍活用】

 です。

 ここでいう書籍とは、

 ハードカバー、文庫本、実用書、マンガ・・・

 ジャンル・形態は全く問いません。

 いわゆる“書籍”となっていれば、どんなものでもかまいません。

 場合によっては、日記なんかもありかもしれませんね☆

◆書籍選択の基準はただ1つです。

 【恒常的に自分のモチベーションを上げられるパーツを含んでいるか】

 です。

 そして、活用方法はモチベーションが下がった時に、

 再度そのパーツを“読み直す”ことです。

 この読みなおしというのがキーポイントで、

 一読した時にはモチベーションが上がるけど、

 再度読んでみると‘ふ~ん’って思う部分は残念ながら脱落です。

 イメージとしては、

 「何回見ても泣ける映画やドラマ」

 みたいな感じです。

 ですので、意外とハードルは高いですよ☆

◆最近は活字離れが進んでいると言われていますが、

 私は「活字離れ」は自ら可能性の幅を狭めているというように見えます。

 書籍を読むメリットは挙げればキリがありません。

 (参考):「コレは習慣化してよかった! その3」

 ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-897a.html

 このモチベーション維持も読書の持つメリットの1つでしょう。

◆モチベーションを上げるパーツは、

 定型がありません。

 1単元のある程度まとまった文章であることもあれば、

 1小節という区切りかもしれません。

 また、1フレーズという1文の可能性もありますし、

 場合によっては一言であることもありえます♪

 ・

 とにかく自分のモチベーションが下がった時に、

 そのパーツを見れば

 ‘よしっ、やっぱり俺(私)は大丈夫だ!’

 と、心の中でガッツポーズができる書籍のストックが、

 あなたのモチベーション維持のサポートをしてくれることでしょう。

 リポビタン○よりも即効で高揚できます☆

◆何せ、その書籍さえ手元にあれば、

 パッと開いて1,2分読めばいいだけですからね!

 3分クッキングもビックリのお手軽さです。

 変わり身としては、サザエさんのカツオ君くらい

 サクッと気分を一新できるといいですね(笑)。

 では、明日は参考までに私のストックをご紹介できればと思います。

◆今日は、「モチベーション安定化の術」というテーマで、

 恒常的にモチベーションを維持するために書籍を活用することをお伝えしました。

 それでは明日も、引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆初めての不動産投資物件はココでした☆

◆先日、通勤で駅まで向かう途中に、

 道で止められました。

 その先には、着物を着た方と数人がちょっと張りつめた空気☆

 ‘何かの撮影かなぁ。’

 と思いながら眺めていました。

 そのシーンの撮影が終ったようだったので、

 通り過ぎようとしてパッと横を見てみると、着物を着ていた方は、

 【蒼井優】さんでした!!!

 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%BC%E4%BA%95%E5%84%AA

 ‘おぉ♪’

 さすがにこれには不意を突かれ、

 しばし足を止めてしまいました。

◆やっぱりテレビで見るよりも、

 実物の方が明らかに可愛いですね☆

 なんと言っても顔が小さい。

 いくぶん緊張した面持ちでしたが、

 めっちゃ綺麗で、艶やかでした。

 すごく魅力的な人だなぁと感じました。

 スタッフに聞くと、来週火曜日(6月24日)放送の

 『おせん』というドラマの最終回の撮影とのこと。

 ⇒ http://www.ntv.co.jp/osen/

 自宅に帰ると早速録画予約しているミーハーな私がいました(笑)。

 東京に住んでると、これからも芸能人に遭遇できるでしょうか?

◆【昨日のEURO2008結果】

 いや~、熱いっ!

 実に熱い、EURO2008☆

 クウォーターファイナルになり、さらに熱さを増してますね。

 昨日のクロアチアvsトルコの試合もかなり白熱した試合になった模様。

 両者得点が奪えないまま、延長後半が終わるかに見えた後半14分、

 クロアチアが待望の先制点を奪う。

 残りロスタイムさえしのげばクロアチアの決勝進出が決まるのだが、

 まさかの延長後半ロスタイム、トルコの奇跡の同点弾が決まる!

 トルコはグループリーグ最終戦から、神がかりな試合をしています。

 ・

 今大会初のPK戦へ突入。

 PK戦ではプレッシャーからか、クロアチアの選手が外す、外す。

 結果としてクロアチアの4人目が止められた時点で、

 クロアチア1-1(PK1-3)トルコでトルコの勝利☆

 グループA、Bともに2位で決勝トーナメントに上がったチームが、

 セミファイナルに駒を進めました。

 そしていよいよ今日は、オランダが登場。

 対するロシアもかなり不気味な存在。

 ここは今までのジンクスをくつがえして、

 あのグループCを突破したオランダに勝ち進んでもらいたいっす♪

 ・・・今日も寝られない(笑)。

◆さて、昨日は「自分の財産は自分で守る」というテーマで、

 リスクヘッジがなぜ必要なのかをお伝えしました。

 とは言っても、株や不動産は何も考えずに、

 ただやればイイというものではありません。

 最低限のリスクと基準は知ってから始めることをお勧めします。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆資本主義国家で生活する私達にとって、

 お金をはじめとする財産は生活を継続するうえで核となるものです。

 (あっ、共産主義国家でもこれは一緒か)

 自給自足で生活できるような環境が整っていない限りは、

 うまく財産と付き合っていかなければなりません。

 今持っているお金の価値が、

 今後どのように変動していくかわからない中では、

 色々な情報を取捨選択して、お金をうまく活用して、

 効果的な財産を、「自分で」形成していくしかありませんよね。

 ってことで、じゃぁ私の場合です。

◆まず、これは余談になりますが、

 私は株もリスクヘッジの1つの手段だと考えています。

 自分の性格には長期ストックの方が向いていると判断しましたので、

 今は短期の売買はほとんどしていません。

 ただ、割安だと思える銘柄をどんどん探して、

 安いと感じる時だけに仕込むようにしています。

 結果が出るのは、まだまだ先の話です。

 勉強は継続的にしていますけどね☆

◆となると、残る私のリスクヘッジ手段は不動産になります。

 不動産投資って、金額も高額ですし、

 変な物件をつかまされちゃったら嫌ですよね。

 慎重になって当然な分野だと思います。

 私もビビりながら飛び込んだ世界だったので、

 できるだけ忠実にお伝えしていきます。

 ただ、私は不動産業者のまわし者でもありませんので、

 誤解しないでくださいね(笑)。

◆私が実際に購入した物件をお伝えしまっす。

 場所は練馬駅徒歩5分です。

 練馬をあえて選んだということはなかったのですが、

 池袋まで6分ですし、西部池袋線に加え、

 都営大江戸線が開通して新宿や六本木へ1本でアクセスできる

 便利さに魅力を感じました。

 まずは、自分が便利だなと思わなければ、

 借りる人も便利だとは思わないはずですので☆

◆形状は、中古ワンルームマンション。

 広さは17㎡弱ですので、ハッキリ言って狭いです。

 ただ、自分も一人暮らしをしていた経験上、

 これくらいのスペースがあれば、

 一人で住む分には不都合はありません。

 それよりも広い家族用のマンションは、

 流動性が低いので、できるだけ避けたいと感じていました。

 築年月は平成5年末なので、今年で満15年の物件となります☆

◆物件価格は、880万円、諸経費込みで930万円でした。

 インターネットで相場価格的なものを調べてみましたが、

 条件を考えれば相応な価格だと判断しました。

 管理費9,240円、積立金4,200円。

 若干高いかなぁとは思ったのですが、19年7月に大規模修繕工事を

 実施していた直後だったので、きちんと積立をしている

 管理組合があるということで、納得しました。

 賃料は今63,000円で貸しています。

◆そして、契約前には実際に現地に行って、

 自分の目で確かめました。

 オートロックもあるし、周囲の環境も悪くない。

 花壇の整備もされているし、大通りに直接面していない等の

 条件はやはり自分で確認した方が確実ですから。

◆ってな感じで、私の最初の不動産投資物件を決めました。

 毎月の収支は、

 家賃収入 63,000円

 管理費・修繕積立金 13,440円

 管理会社への管理料 3,150円(←これがポイントなのですが、また明日)

 住宅ローン 35,000円くらい(元金が減るので、変動します)

 残りがプラス。

 固定資産税や不測の事態に使います。

 たまれば繰り上げ償還に充てることもできます。

 つまり、今のところ自分の買った不動産のローンは、

 その借主さんが支払ってくれているようなものなのです。

 そこが不動産投資のミソですかね♪

◆こうして私は不動産オーナーへの一歩を踏み出しました。

 10年間で3戸は所有したいなと考えています☆

 慎重な私が不動産選びで見るポイントは、明日お伝えしますね。

◆今日は、「自分の財産は自分で守る」をテーマに、

 私の初めての不動産投資物件をご紹介しました。

 明日は不動産選びの外せないポイントをお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)